このブログを検索

2015年2月28日

「の乱」と「の変」に続いて「の役」についても自論を展開してみます

福岡の餃子屋です(テムジンはチンギスハンの本名)

先日のエントリー、「の乱」と「の変」が意外に好評でしたので、「の役」も考察したいと思います。

「の役」の初出は文永の役、弘安の役という、日本の北九州に蒙古・高麗連合軍が押し寄せてきた大事件です。

あまりにも大事件で、外国から侵攻を受けるという経験が少なかった中世の日本人により、「役」という字が当てられたものと思われます。

その時代、はるかユーラシア大陸の中央、モンゴルのブルガン山付近で遊牧生活を営んでいたキヤト氏族の出であるテムジンは、同族の諸氏族を討って頭角を現し瞬く間に全モンゴルを征服、近隣諸国を電撃的に服属させる遠征を行い、そのことごとくを滅ぼし併呑していきます。


馬を使った神速の機動部隊を編成した



なぜこんなに破竹の勢いだったのかということですが、その理由は、千戸百戸制という軍民一体となった組織力と千戸長、百戸長といった人材登用、そして、高速の騎馬を利用し軽くて強いモンゴル弓を構えるという神器を備えたということです。

特に馬は1人の騎兵に8頭程度の馬を充てたということです。

この「神速」の中世まれに見る機動兵団が、ゆるやかな草原(ステップロード)を東西縦横無尽に遠征し、侵略し尽くし世界史上類を見ない大帝国が築かれたというわけです。

さて、大国である「金」、そして保守本流漢民族の王朝たる「宋」も滅ぼしたモンゴル帝国(西はヨーロッパまで攻め込んでいます)は、中華帝国部分を元と改め、更に侵略の手を海の先の日本まで向けてきました。

陸の尽きるところで遠征をやめておけばよかったのですが、一旦放たれた矢を戻すのは難しいというよくある失敗例でしょう。

元寇の失敗は、日本軍の奮闘というより(もちろん御恩と奉公で結ばれた鎌倉御家人の活躍は凄まじいものでしたが)、海や船というものに慣れていないモンゴル兵のアウェイ感のなせる部分が大きいのではなかったかと思うのです。

何事も、自分の得意分野で勝負するというのが大切だと思います。

元寇の戦場舞台となった北部九州草ヶ江というところ住んでおりますが、なかなかこれから生きるための得意分野が見つからない筆者からは以上です。

(平成27年2月28日 土曜日 最終更新:平成28年2月28日 日曜日)

2015年2月27日

カバンにA型ノートのような水筒を入れるという新しい発想を紹介します

www.kickstarter.com より

ペットボトルって手に持つのはいいですが、持ち運びには不便です。

筆者の背負型鞄にも、ペットボトルを差し込めるケース部分が付属していますが、お洒落じゃないのであまり使っていません。

かといってカバンの中に入れてしまうとかさばるし、小さいペットボトルだと飲んでしまったらただのプラスチックということで何となく困っていたのです。

このような潜在的ニーズに合致した新商品が出ているようです。

名づけてブック型水筒「memobottle」(メモボトル)というそうで、その名のとおり、書類と同じサイズ、すなわち例えばA4とかいった平たいサイズとした、薄くて強い透明な強化プラスチックを使った商品です。

ラインナップはA5(0.75L)、A4(1.5L)、そして海外でよく使われるレターサイズ(A4より若干短くて幅が少しだけ広い、同じく1.5L)の3種類です。

耐衝撃性強化プラスチックで衝撃、熱にも強い素材で食器洗い機や熱湯で消毒洗浄することができます。

従来のペットボトルは熱に弱いものが多く、熱湯では変形して有毒物を出す恐れもあるかもしれませんが、これは安全です。

現在も大量に生産されて廃棄される使い捨てボトルの無駄をなくすために一役買うかもしれません。

これらペットボトルを作り出して捨てるための石油及びエネルギー資源を考えれば、地球環境に与える影響は無視できないと思います。

水筒の 中ぶた忘れ カバン中 びしょぬれコーヒー じっと手を見る

愛用の鞄に先に飲ませた優しい筆者からは以上です。

(平成27年2月27日 金曜日 最終更新:平成28年2月27日 土曜日)

2015年2月26日

つまらない社内の部門間対立をなくして社外で思い切り戦いたいのです

水と油

仕事をしていて、同じ社内の部門間で対立することほど、つまらないことはありません。

会社内の部門とは、社業をうまく適切に回すために社内の者が自分たちで作った器にすぎないからです。

会社の前に部門なし、です。

とはいえ、お客に直接触れる立場の営業部門と、提供するサービスや商品を提供する製品開発部門などは、得てして意思疎通が難しい(要するに仲が悪い)ことがよくあります。

それは、その2つの部門が求めている目的は一緒でも、アプローチの方向性が違うことに根ざします。

営業部門が大切にするのはお客の要求やニーズであり、製品開発部門が大切にするのはサービス提供における技術的な解決策であることが多いです。

営業部門は生産部門や開発部門に対し、もっと顧客のニーズに沿ったものを作ってほしいと要求しますし、生産部門や開発部門は、もっとコストを削減しながら効率的に生産し、納期短縮や品質向上、適切な在庫管理とさまざまな要求の下で活動しているのです。

しかし、この2つの部門が相互に刺激浸透しあってこそ、社業の目的である顧客に満足なサービスを提供することができ、信頼を得られ、継続的な売上や収入が確保されるのです。

このように、部門利益を超えた考えを持つことのできる、例えば、技術や数字のわかる営業や、顧客感性を持った技術職が相互に求められるのです。

双方の言葉を翻訳でき、顧客に対して組織として一枚岩で当たれるような担当者がいる会社は強いです。

技術営業とかセールスエンジニアリングなどとも呼ばれますが、中身は同じことです。

もう一度繰り返して書きますが、会社で解決することについて、社内で喧嘩しても意味がないということです。

自分の会社の業務については社員である自らが決めていかなければなりません。

たとえ、他の部署やわからず屋の上司のせいであったと言いたくても、仮に本当に客観的にそうだとしても、結果は同じですから、悩むだけ時間の無駄だということです。

社内や組織の中では潤滑油を目指しております筆者からは以上です。

(平成27年2月26日 木曜日 最終更新:平成28年2月26日)

2015年2月25日

歴史の語用における「乱」と「変」の境目はどのあたりにあるのか探索

応仁の乱の舞台(京都)


歴史的出来事を表現するのに、日本史では◯◯の乱や△△の変といった言い方をします。

そして、◯◯のところには和暦の年号、△△のところにはその事件が起こった場所や地名が充てられることが多いように感じます。

となると、「の乱」のほうが地理的には広い概念であるので場所で特定することはできず、やむなく年号を使用して時間的一致表記を優先したと思われますし、「の変」は「の乱」より概ね小規模で、その事件が起こった地理的場所を特定しやすいというなのかもしれません。

以前、「の変」は成功したクーデター、「の乱」は失敗した反乱といった定義が示されたことがありましたが、そう言い切るにはあまりにも例外が多く、あまり有用な振り分けとは言えないと思います。


具体的な用法を幾つか取り上げてみます



すなわち、禁門の変(蛤御門の変)は仕掛けた長州側の完敗で失敗ですし(吉田松陰第一の弟子である久坂玄瑞以下長州の主だった志士が戦死)、古代史最大規模の内乱であった壬申の乱は、乱を起こした大海人皇子軍が天智天皇直系の大友皇子を滅ぼし、天武天皇となるという、日本史上まれに見る大規模クーデターの成功例です。

将軍家や守護の家督争いが複雑に入り組み、古今東西の実力者が幾年にもわたって京都に対峙した応仁の乱や初めての武士階級の本格自治闘争であった平将門の乱は、「乱」の正式活用がそのまま歴史用語になったものと思われます。

ほかに、「役」とか「陣」とか、近代になれば「事変」「戦争」などという新語も登場してきますが、この漢字だけで特定の意味を為すわけではなく、一連の歴史的言葉として定着してきたことに敬意を表するという結論で筆を置きたいと思います。

慶応義塾大学の慶應とは東京のどこかの場所、応仁の乱の応仁とは京都のどこかの場所だと思っておりました無学なる筆者からは以上です。

*慶應も応仁も、和暦の元号です。

(平成27年2月25日 水曜日 最終更新:平成28年2月25日)

2015年2月24日

人をダメにするソファという商品のお話をダメ筆者が謹んでいたします

人をダメにするソファ解説

文字通りおはようございます。

このモノが溢れた我が国においても、やはり人間の発想というのはすごいもので、ちょっとした閃きから発表された新製品が思わぬヒットに繋がることがあります。

本来の商品名は、体にフィットするソファ(無印良品より)というものらしいのですが、発売から人気が殺到、そのあまりの気持ちよさから、いつしか人をダメにするソファという通り名のほうが有名になったという商品です。


単なる大きなビーズクッションかと思いきや


これは、今までもあったビーズクッションを巨大化させ、かつ伸びにくい生地を側面に採用することにより、身体を預けるといい塩梅でビーズが「固定」され、なんとも言えないよい寝心地に納まるという変形自在のソファークッションです。

ビーズクッションという概念を座り込むソファの形まで巨大化させてまるごと座ったり倒れこんだりするように使うという発想が、自由に変形して座り主の好きな体型にフィットするという特長を生み出したのです。

一旦倒れこむと自重によって非常に気持ちのよい形に固定されます。

ビーズの感触が低反発まくらのように心地よく、沈み込むような感触で一気に眠くなること請け合いです。

もともとダメなので底辺力を上げたいと願う筆者からは以上です。

更新追記:最近アメリカからYogibo(ヨギボー)という名前のもっと大きくて丈夫な同様の可変型クッションが出てきました。

こちらもお試しください。

福岡の大型商業施設のキャナルシティ博多にもアンテナショップが入っています。

こちらからは以上です。

(平成27年2月24日 火曜日 最終更新:平成28年2月24日)

2015年2月23日

不老不死を願い続けた始皇帝が最後に葬られた死後の都始皇帝陵を語る

始皇帝陵

不老不死とは永久に若く壮健なまま死なないことを指し、筆者の知るかぎりでこれに歴史上一番こだわったのは中国版図全土を始めて統一した秦王朝の始皇帝だと思います。

始皇帝という名前がそもそもそれまでの君主の称号であった「王」を超えるものとして創設されたもので、神話的な三皇五帝より取ったものです。

そして、「始」は最初の、一番目のという意味で、世代が下がるごとに「二世皇帝」「三世皇帝」という称号を受けることになっていました。

結局、漢の高祖と楚の項羽によって滅ぼされたので、三世皇帝が最後になりましたが、皇帝の称号自体はその後の漢以降の王朝に受け継がれていくことになります。

さてそのように皇帝位を継がせることを着々と整備しながらも、やはり死への恐れから不老不死への欲求を抑えられなかった始皇帝は、徐福という人に蓬莱の国へ行き仙人を連れてくるように(あるいは仙薬を持ってくるように)命じたと歴史書「史記」にあります。

もちろんそんなものはありませんので、「探し出せなかった」徐福は始皇帝の怒りを恐れ、そのまま日本列島方面に亡命したということです。

実際はそれに限らず秦の迫害に耐えかねた秦を除く旧戦国六国関係の亡命者が秦の支配の及ばない朝鮮半島や日本列島に難民として流れこんだものと推定されます。

結局、無理難題を受けた部下たちは、当時珍しがられていた液体の金属、すなわち人体には毒である水銀を原料とした丸薬などをこしらえ、それを好んで飲みつづけた始皇帝はかえって死期を早めてしまったといいます。


不老不死を望んで毒を飲む


このように、全体として見てみれば非常に残念な話は歴史上よくあるものです。

過大な利益水準を部下や組織に求め続けた結果、粉飾会計に手を染めた大企業の経営者を彷彿とさせます。

数千年前の同じ地球上に生きた人間も、今の私たちも、本質的にはあまり変わっていないようです。

始皇帝のお墓、始皇帝陵の地下の墓室には、水銀を愛した始皇帝にちなみ、水銀を流し、自然界の星空や中国全土に流れる大河や海を模したとも言われています。

こうした話を書いて改めて思いますのは、生きることを怖がらないようにしたいものだということです。

ゲド戦記という映画のセリフにもありましたが、死んでもいいとか永遠に死にたくないとか、そんなのはどっちも同じだということです。

死ぬことがわかっているから、生きること、すなわち命は大切なんだということなのでしょう。

人は必ず死ぬものですから、一度しかない人生しっかり生きたいものです。

不惑といいながら頭の中はなかなか老成しない筆者からは以上です。

(平成27年2月23日 月曜日 最終更新:平成28年2月23日 火曜日)

2015年2月22日

先輩たちに受けた恩を次の世代に送っていくことで返すということです

中野正剛先生

お客様は神様ではない、と先日のエントリーに書きましたが、これは、プロは、プロとして客を選ぶ権利があるということでもあります。

それでは、なぜ選んだお客様に頭を下げるのでしょうか。

お客様はプロの提供する商品やサービスに対する「対価」として命の次に大事なお金を払うでしょう。お客様は貴方をプロとして認めているのでお金のやり取りがあるわけです。

この点、いわゆる教授やいわゆる上司はいくら社内や研究室内の立場が上であっても、それで対価を支払うという関係にはないわけです。

筆者も、おごってもらった先輩や上司はよく覚えていますが、同じようなものです。


おごる立場になって考えるべきこと


そういうわけで、自分がそのような立場になったらできるだけその恩は次の世代に送ろうと思っているわけです。

戦前戦中の福岡出身の政治家中野正剛は、自宅で学生達を起居させ、食事や学費の面倒をみていました。

それで庭の雀(すずめ)の群れを指し、

「あの雀に茶碗のごはん粒を分けてやっても自分には大した事は無い、しかし雀は腹を満たし大空に飛んでゆく。君達もここから思い切り飛びたて」

と語ったと言われています。

中野正剛は、柔道の稽古中の怪我がもとで左足を切断したという困難の持ち主であり、戦中の日本において東條英機率いる大政翼賛会に反発し、母校の早稲田大学で「天下一人を持って興る」という政治史上に残る大演説をぶち、そして東條によって逮捕捕縛、自宅監禁状態におかれた末に、割腹自決するという壮絶な人生を歩みます。

そんな中野正剛の像は、筆者の家の近くの神社の敷地内にひっそりと立っています。

さて、筆者もだいぶおごってもらってきましたので、そろそろ出世払いしなければならないです。

夜な夜な出歩いていますが、なかなか世に出ない筆者からは以上です。

(平成27年2月22日)

2015年2月21日

ICカード普及によるJR私鉄乗車に関して二つの運賃が発生したこと

Suica

花の都大東京にお住まいの皆さんには遅れたニュースになりますので、ニューとも言えませんが、筆者が東京出張して驚いたことを記しておきたいと思います。

地下鉄JR私鉄交通網が非常に発達している大都会東京におきまして、当然移動手段は「交通系ICカード」なのですが、消費税8%への増税のタイミングで、首都圏のJRと私鉄、そして地下鉄がIC乗車券の1円刻みの運賃を初めて導入したのです。

1円刻みの運賃は10円刻みに比べ、増税分をより細かく運賃に反映できるわけですが、通常の発券切符において1円単位の販売とすると、大量の一円玉を処理することが必要となり、そもそも1円玉対応していない券売機にその対応を迫るのは困難、さすればより実態を反映すべき1円刻みの運賃をIC利用者に先行して開放しようという「試み」と公式には説明されるようです。


実際にどのくらい運賃が変わるのか


例えば、現行150円の東京-上野間は、IC乗車券が154円、切符購入では160円となります。営団地下鉄の初乗り料金、こちらもICでは165円ですが、切符だと170円です。

利用者としてはあまり意識しませんが、券売機で切符を「発券」し、それを自動改札機で「処理」し「回収」するコストを考えるならば、電子マネー化による二重価格(IC運賃のほうが概ね安い)も大した混乱もなく許容されているような気がしました。

しかし、企業や公務における「旅費精算」においては、ICか切符かどちらでの利用かを明示して行わなければならず面倒になります。

何事も、よい面難しい面があるものです。

IC化は便利ですが、残高が残っているEDYカードを、誤ってそのまま捨ててしまったことのあります残念な筆者からは以上です。

(平成27年2月21日 土曜日)

2015年2月20日

準惑星に格下げになったとしてもそれでも冥王星は特別だと思いたい話

PLUTO

冥王星はプルート(Pluto)というギリシャ神話の冥界の王にちなんで名付けられた、太陽系最外縁の惑星として1930年にアメリカのトンボーによって発見されました。

古くから知られていた惑星は、地球の内部に水星、金星、そして地球の外側に火星、木星、土星でしたが、輪のある土星の外側に、天王星(ウラノス)が18世紀に、海王星(ネプチューン)が19世紀に、そして冥王星が20世紀に「発見」され、太陽系惑星9つが揃ったわけです。

すいきんちかもくどてんかいめい(水金地火木土天海冥)と理科の図鑑に載っていて、そのまま語呂合わせで覚えた人も多いと思います。


しかし準惑星に降格


しかるに、2006年、全世界の星の専門家たちが会した国際天文学連合(IAU) によって、これまで曖昧であった「惑星」という定義を定めることとなり、それまで第9惑星として君臨した冥王星は、その惑星としての地位を追われたのです。

すなわち、惑星とは、

1.太陽の周りの軌道上にあり
2.十分な質量を持ち(結果、ほぼ球形)
3.近隣の他の天体を一掃する存在感を持つ

ものであるということとされ、この定義を全て満たすのは水金地火木土天海の8惑星である、と裁定されたのです。

そして、衛星以外の上記の3つの条件のうち1.2.の2つを満たしている天体は特に、「準惑星(dwarf planet)」に分類するということになりました。

こうしてその新しいカテゴリであります「準惑星」の典型例として冥王星を区分したのです。

そうして、一人ではあまりに可哀想ということなのか、火星と木星の間に展開する小惑星群の中の最大天体ケレス、そして21世紀に入って発見されすわ第10惑星かと話題になった冥王星のさらにはるか外側を回っている天体エリス(冥王星より大きい)もこちらのグループに加えたのです。

だんご三兄弟みたいなものです。

だんご三兄弟は、更にマケマケ、ハウメアという冥王星よりちょっと外側を回っていてちょっと小さい天体の「加入」により、五人組SMAPにまで成長しました。

準惑星グループの今後のAKB的発展を祈ります。

それでも冥王星は特別だというお話でした。

ちなみに、カラオケでは「星屑のステージ」が十八番の筆者からは以上です。

(平成27年2月20日)

2015年2月19日

日本国憲法にある最も重要なポイントは第13条個人の尊厳と習った話

The Constitution of Japan 日本国憲法

いきなり固いタイトルですが、基本的人権とは人間らしく生きていくために必要な、基本的な自由や権利のことで、これは人間文明の発展とともに確立されてきた不文律です。

日本国憲法第13条にも「個人として尊重される」と記されています。

お客様は神様ではありませんのと同様、税金で食っている人には何をしてもいいというわけではありません。

われわれ国民には基本的人権というものがありまして、要するに個人の尊厳に関わることについて他者が容喙したり介入したり茶化したりすることはいけないわけです。

そこで税金で食っている人、例えば議員とか公務員とかがそれに当たるでしょうが、そういう人に対して一般市民が何をしてもいいというのは間違っているのです。


政治家の前に人間


政治家だって等しく人間ですし、公僕たる公務員だって人間です。

確かに、税金から報酬を得ているのでしょうが、その方々だって等しく税金を払っているのです。

人と人とのつながり、やりとり、コミュニケーションの基本は「信頼」にあると思います。

それは私人であろうと、公人であろうと、金持ちでも貧乏でも女であろうが男であろうが変わらない普遍の真理です。

もちろん信頼関係のある方からであれば、相当無理な注文でも、できるだけ丁寧に対応しようという気にもなりますが、いきなり初対面で不躾な質問をぶつけられたり、果ては匿名で中傷されるようなことがあれば、まともに相手をしたくなくなるのが人情というものです。

これぞ、個人の尊厳にかかわることだからです。

もし、個人の尊厳が傷つけられるようなことがあれば、そんな環境や待遇に無理してこだわることはないのです。

憲法にこう書いてあるのです。

「すべて国民は、個人として尊重される」

他者を尊重する生き方をしたいものです。

公務員の親元で育った少額納税者の筆者からは以上です。


(平成27年2月19日)

2015年2月18日

温水プールに行って泳いでみますと脂肪は軽いのか意外にも割と泳げた話

写真はイメージです

素人スポーツシリーズです。
今度は水泳です。

近くの温水市民プールに行って
きました。泳ぐのも
久しぶりです。

冬なので寒いかと思いきや、
最近の温水プールは
空調技術が発達して
いるようで、大変快適に
プールサイドに
入ることができました。

プールの水温も適度に
調整されています。
利用している人は
高齢者も多いので、
「歩行専用レーン」が
あります。

確かにプールの中を
歩くのは安全で、
膝や腰に負担もない
画期的な運動法だと
思います。

海だと波があり水深も
一定していませんから、
プールならではの
使い方だと今更ながら
感心しました。


脂肪は浮力(名言)


さてほぼ小学校以来の
水泳教室です。

背泳ぎ平泳ぎ自由形と
一通りやってみましたが、
どうも身体の脂肪分が
往時より増したようで、
かなり泳ぎが上手い
のではないかという
感じを受けました。

水泳にはある程度の
脂肪が必要なのでしょう。
もしくは肺活量の高い
人ならば息を吸い込めば
浮力になります。

筆者は肺活量も
(声がでかいせいか)
非常に高いので
この点でも有利なようです。

調子に乗ってクロールで
全力泳ぎしてみました。
短水路25メートル、
端から蹴伸びして泳いで17秒。

まあまあのタイムです。
50メートルだったら40秒ほど
でしょう。


意外に速い


水泳50メートルの
世界記録は21秒弱ですから、
倍まではかからない
スピードです。

小学校の頃の記憶ですが、
小学校6年生の夏で
市大会決勝レベルで、
確か50メートル33秒から
35秒というところでした。

筆者は45秒くらいでしたが、
メンバーが足りず50m×4
のリレーに出場し、
しかも当時の監督の
アイデアで一番遅い者を
アンカーにするという奇策で
臨みました。

そうして3位で受け取った
バトンを6位まで下げて
ゴールしたのです。

以来30年経っても
悔しいものですので、
また30年後に悔しい
思いをしないように
しっかり頑張ろうと思った
筆者からは以上です。

(平成27年2月18日)


2015年2月17日

素人がテニスについての技術進歩の余地につき自由に考察してみました

テニスコート

2015年2月の記事です。

実が昨日の投稿が777記事目だったんですね。

ということで778個目の
記事を書きますが、
いつもタイミングが遅い筆者です。

さて一部に好評な素人シリーズです。

十数年ぶりに硬式テニスをやって
みましたが、大変奥深い競技です。

しかし私がテレビで知っているのは、
松岡修造選手がウィンブルドンで
ベスト8入りしたとか、
ドイツのグラフ選手と
日本の伊達公子選手の
ウィンブルドン準決勝の熱戦とか、
そういう世代でありますが、
テニスも他のスポーツの例に
漏れず驚くほどの速さで進化が
続いています。


打ち方はいろいろあるけれども


筆者は最もプレーンな打ち方で
ある右手フォアハンドしか
まともにできませんが、
(それも下手ですが)
プロの選手は片手バックハンド
から両手フォア、両手バックに
スマッシュ、ボレー、
パッシングショットにエアケイと
実に多彩なストロークを見せて
くれます。

同じく素人解説ですが現代の
男子トップ選手である
フェデラー選手やナダル選手は、
強烈な利き手フォアで攻めますが、
ジョコビッチ選手やマレー選手は、
両手バックハンドがフォアハンド
並みに強烈で、それを武器にあの
ランキングに君臨しているといえます。

そこで更に素人考察ですが、
テニス(特に男子テニス)が
これ以上進化する余地は
どこにあるのかと考えてみました。


両手フォア打ちが最強ではないか


サッカーの神様と称されるペレ
(神様なんで選手とかつけない)は、
右足でも左足でも全く同じように
ボールを蹴り、操ったと
言われております。

いわば両足利き足、黄金の両足
だということで、これが競技の
完成形とすれば、
テニスもまた、右左双方
フォアハンド打ちというのが
最終形になるのではないかという
仮説です。

もちろん、めまぐるしくボールを
打ち合うテニスにおいて、
ラケットを左右にいちいち
持ち変えるというのは大変です。

しかし、右利きならば右手で
ラケットの付け根を持って、
そしてバックハンドの時は
左手を添えて打ったり
(両手バックハンド)、
又は右手の甲で平手打ち
するようにボールを叩き、
左手もちょうど障子を
開けるように動かして
バランスを取る
(片手バックハンド)といった
技術を磨くのも同様に
大変なわけであり、
考慮してみる価値はありそうです。

もちろん人間の利き手というものは、
利き足以上に日常生活に
根ざしていますので、
なかなか野球の打席の
スイッチヒッターのようには
いかないかもしれませんが、
自由な発想として考えてみました。

テニスに詳しい方からの
ご意見を楽しみにしております。

自由な発想ですが、
その後の筋肉痛による歩行困難に
凝り固まっております筆者からは以上です。

(平成27年2月17日)

2015年2月16日

車が右車線左車線どちら側を走るかで乗車降車の文化も違うという話

カントリー・ロード

ライドシェアサービスの
Uberを利用していると、
いつものタクシーに
乗っているような気がして
降りる時にどうしてドアが
自動で開かないのだろう
などとちょっと考えて
しまいました。

配車されたタクシーの
ドアが、自動的に
(といいますか正確には
運転席から解錠して
開くように操作する)
開くのは筆者の知る
限り日本のローカル
ルールだと思います。

少し前になりますが、
シンガポールに参りました
おり、タクシーを拾って
ドアが開くのを待っていた
筆者に運転手が向けた
怪訝な顔を思い出します。

さて、ドアを自分で開く、
という以外に日本の
タクシーを利用する
時に気をつける点が
あります。

海外からのお客さんや
同僚をタクシーに
乗っけた際、
先方が目上なので
運転席後ろの後部座席
に先に案内します。

そうして降りようと
いうところになって、
なんとそのお客さんが、
「OK!」なんて言いながら
自分の右側のドアを
開けて出ていこうと
したのです!


右から出たら轢かれる!


いきなり停車した
車の右側のドアが
開くなんて、脇をすり抜け
ようとする車にとっては
恐怖そのもので、
危うく轢かれそうに
なったということでした。

これは、世界的な
標準として、車は左側車線
ではなく右側車線を走って
いるものだということから
来ているちょっとした
認識の齟齬から起こること
です。

世界地図を眺めますと、
我が国の採用する
左側車線は大変少数派で
あることがわかります。

死にたいくらいに憧れた
わけではありませんけれども、
花の都に出て行くというのは
このように大変なものだと
思いました筆者からは以上です。

(平成27年2月16日)

2015年2月15日

プロ野球における投手から野手へのポジション転向についての考察です

指名打者 松井秀喜選手

2015年2月の記事です。

東北楽天の片山選手といえば、
2005年のドラフト1位で入団した
左投手で長く活躍しましたが、
2014年シーズンでいよいよ肘を痛め、
2015年シーズンから打者に
転向することを決断したそうです。

既に日本プロ野球は各球団が
キャンプインしていますが、
東北楽天キャンプにおいても
片岡野手として名前が記されて、
練習前の挨拶も済ませたそうです。

野球において投手は非常に
貴重なポジションです。
だいたいどの少年野球の
チームにおいても、
そのチームで最もできる・
上手い・強いと皆が認める
選手がピッチャーをやる
傾向があります。


ピッチャーは特別なポジション


ピッチャーは、野球という
スポーツにおける特別な
憧れのポジションなのです。

もちろん責任も一番重く、
そもそもピッチャーが投球動作に
入らないとゲームが始まらない
という重要な役割を担います。

四球や死球を連発すれば、
あっという間に大量点を取られる、
大変プレッシャーのかかる
ポジションでもあります。

そういうわけで、プロ野球に進む
ような才能と努力を積み重ねた
者ならば、ピッチャーも概ね
できるのですが、
それでもプロの世界で一旦
投手として「採用」されてから
野手に転向するのは
大変なものです。

イチロー選手にせよ松井選手にせよ、
昔はかの王選手についても、
高校時代まではピッチャーを
やっていましたが、
その打力と守備力のセンスを
買われて
(投手では毎試合出場がかなわない)、
打者一本でプロのキャリアを
スタートしています。

選手が鍛えられる期間は
限られており、そのあたりのコーチや
球団の「見極め」がとても大切なのです。

高校時代まで間断なく続いた鍛錬の
日々に加え、プロ入りすればもっと
過酷なトレーニングが待っているのです。

プロに入ってから数年後に投手から
打者に転向して成功した選手に
オリックスの糸井選手が上げられます。

日本ハムの大谷選手は二刀流として
ピッチャーと強打者双方を突き詰める
姿勢を続けていますが、
これは非常に稀なことです。

いわば草野球から高校野球までの
「ピッチャー四番」をプロの世界で
地で行っているわけですから、
凄いことです。

野球漫画の斜め上を行っていると
言えるでしょう。
片山選手の打者としての成功を祈ります。

いちおう俊足ではありますが弱肩
右打者の筆者からは以上です。

(平成27年2月15日)

2015年2月14日

ライドシェアサービス「Uber」の実証実験が福岡にやってきたという話

画像はイメージです

平成27年2月14日の記事です。

そういえばこの日はバレンタインデーですが、
筆者は引き続き福岡にやってきた
ライドシェア「Uber」実証実験に興奮しています。

既に、無料ゆえ一週間に5回まで、
の上限に達しようとしています。

そこで、これまでの自ら社会実験の
フィードバックとして下記まとめてみました。

運転手側からの利点として、
乗っている間やその他の場で
いろいろと聞いてきたのですが、
まず、Uberドライバーにはあくまで
任意でライドシェアをしていただいており、
運送に対する報酬は一切発生して
いないとのことです。

それとは別に、運転者に対しては、
ライドシェアの検証プログラムに
おけるデータ収集の費用を
お支払いしている、ということです。

データ収集に協力することに対し、
ドライバー側の同意があり、
そして現在オンラインで
ドライバーの登録をすることもできるようです。

要するにタクシー免許といったものが
不要で自家用車のみでできるのが
魅力だということでした。

どうしてドライバーを募集しているのを
知ったのかということでは、
いわゆるanなどの(ananじゃないですよ)
就職・バイト情報誌に普通に
掲載されていて、それに応募したところ、
説明会があってめでたくドライバー登録された、
ということです。

したがいまして、いわゆる報酬は
載せた客の水揚げ基準ではなく、
あくまでデータ収集の対価ということです。

ですのでタクシー(とは呼ばないですね)
Uberドライバー同士の客の取り合いの
ようなことは起こらず、
あくまでスムーズに、スマートに、
配車(というと紛らわしいので
ライドシェア)を要求したユーザーの
一番近くを流しているUberドライバー
から優先して配車可能か本部システム
から「聞いて」くるということらしいです。

都合が悪ければ数十秒で次の
待機ドライバーにライドシェア打診が
「展開」されていく持ち回りシステムです。

ドライバー側は、時間のあるときに
すぐにドライバーになれますし、
乗ったドライバーのうち、
何人かは「これ(Uberドライバー)
専業でやってます」という人でした。

兼業でも専業でも、街という漁場に
出れば等しくデータ収集という
名の水揚げを見込めるというわけです。


本場はもっと進んでいる


さて本家米国や東京のUberは、
課金について深夜料金を取らない、
配車される車のグレードがとても高い
(ベンツなどが来るらしい)、
といった違いがあるようですが、
福岡の街乗り(10分かそこらで
目的地に着く)には背伸びしない
普通乗用車で十分と思います。

ただ、タクシー業務ではありません
ので、例えばUberで乗っていた場合
に事故が起こった場合などは
別途考慮となりそうです。

ここはまだ詳しく聞いていませんが、
普通に友人所有・運転の車に
乗っけていってもらった時に事故
にあった、ということに準じることに
なるのかと思われます。

以上が、福岡でUberを使った感想です。
そういえば随分前になりますが、
同じ福岡で電動自転車の実証実験を
やっており、そちらでも乗り回して
もらったことを思い出しました。

題名と内容に齟齬を生じております
が、チョコレート(に限りません)の
配送については絶賛募集中の
筆者からは以上です。

(平成27年2月14日)

2015年2月13日

世界初の人工知能によって運営される「変なホテル」がオープンします




日本の長崎県佐世保市にある、
オランダをモデルにしたテーマパークの
ハウステンボスに、世界初の
ロボット従業員を配置したホテルが
2016年7月にオープンするとのことです。


ホテルの名称は 『変なホテル』
だといいます。海外では、
ロボットの従業員というのが
クローズアップされているようですが、
ビル管理業者の筆者からすれば、
ロボットというより、
宿泊者の顔認証システムを含む
最新のテクノロジーを駆使して
省人・省エネ運営をする
「スマートホテル」という
概念のほうがしっくりきます。

すなわち、接客・サービス・清掃を
全て含む機械化自動化を徹底し、
さらに太陽光発電などの
再生可能エネルギーを
導入することで、
ホテル運営で最もコストのかかる
人件費を3分の1以下、
光熱費も半分に抑えるそうなのです。

顔認証システムにより、
チェックインさえすれば、
自分の部屋まで自分だけが
安全に行けますし、
侵入者の検知も容易です。


いよいよ「火の鳥」のマザーコンピューターの登場か


しかしながら、いよいよ漫画の
世界のマザーコンピューターが
支配する領域が出現したと
思ってしまいます昭和な筆者と
してはなかなか泊まりたいとは
思えませんでした。

これでは修学旅行の
最大の楽しみである夜中の
ジャージトークも学校及び
ホテル運営側の監視のもと
できなくなりそうです。

デビュー前なので顔パスは
近所の飲み屋だけの筆者からは以上です。

(平成27年2月13日)

2015年2月12日

恐竜の王ティラノサウルスの研究の最先端をちょっと探ってみました話

昔はチラノサウルスと言いました

世の中の研究のスピードというのは
自然科学にせよ社会科学にせよ
考古学にせよ、とてつもなく早く、
義務教育時点で記憶が止まっている
中年居士の筆者としては
驚くことばかりです。

ティラノサウルスといえば、
映画のび太の恐竜(2006ではない)
で出てきた時から、最強最恐の
肉食恐竜の代表として、
小さい筆者も刷り込まれてきて
おりました。

たくさん読んだ恐竜の図鑑でも、
まず第一に緑色がかった褐色の
ウロコに覆われ、強烈な顎で
獲物を狩る、獰猛な肉食恐竜の
王者ティラノサウルスとして
描かれています。
いかにも怖そうです。

映画ジュラシック・パークは、
まさにこのイメージで作られ
全世界でヒットしました。
しかし、最新の研究の成果は、
その固まったイメージを脆くも
崩れ去ってしまいそうです。

まず、ティラノサウルスの
あの骨格では、小さい他の恐竜を
追いかけるだけの脚力を
つけるのは難しい、
要するに「走れない」かも
しれないというのです。

あの強力な後ろ足をもってしても、
ようやく歩くのが精一杯、
というのが有力な説になりつつあります。


走れない動物の顎と牙の使い道


走れない、となるとあの強烈な
顎と牙はどう使うのかと
いうことになります。
極端な説として、
文字通りハイエナ
(死体若しくは弱った個体の
専門捕食者:スカベンジャー)
であった、という説もあります。

確かに百獣の王といわれる
ライオンでも、ハイエナも真っ青な
スカベンジャーっぷりを発揮して
いることから、
最近有力になりつつありますが、
何となく弱そうなティラノサウルスは
見たくない気もします
(もっとも見れないんですが...)。

後世の人間達に、いいように
いじられる恐竜たち、
深い地底の下で化石となった彼らは
何を思っているのでしょうか。

そんな我々も、数億年後には
このブログのサーバーごと
化石として発掘されるのかもしれません。

「ゴジラ」もあの大きさでは
実際に歩くことはできないと
知ってしまった
夢のない筆者からは以上です。

(平成27年2月12日)

2015年2月11日

少し前わが街にライドシェアサービス実証実験Uberがやってきた話

Uberアプリ画面

2015年2月時点の記事です。

「みんなのUber」として、何と無料のUber利用プログラムが鎮西福岡の地にやってまいりました。

Uber(うーばあと読むらしい)はアメリカシリコンバレー発、世界数百ヶ都市で既に導入されている配車マッチングサービスですが、日本では東京に続き福岡が2都市目となるということです。

何故福岡かということですが、地方都市の中では都心の地域が明確で、かつ150万都市の割に道路網の発達が遅れており(例えば札幌仙台広島と比べれば歴然)、交通弱者のニーズが相対的に高く潜在利用ニーズがあったのかもしれません。

Uberとは、先に述べたように配車マッチングとも、相乗りシステムとも呼ばれますが一定した呼び方はまだありません。

少し長くなりますが、サービスの流れを記したほうがイメージがつくと思います。

利用者は、手持ちのスマホかタブレットで利用者登録をしておきます。

使いたい時にUberアプリを立ち上げ、地図上に走るUber車を眺めながら配車予定地にピンを止めます。

そうするとそこまで何分といった配車到着時間概算がでますので、それでOKならUber利用のキーをタップするだけです。

ほどなくして、配車されるドライバーの顔写真と評価(星5つで評価)、配車される車の車種、ナンバーまで出てきますので、あとはその車がくるのをのんびり待つだけです。

のんびりといっても、常にアプリ上の地図上に該当車がプロットされているので、こちらに向かってくるのを見るのも楽しいです。


いよいよライドシェアの運転手さんとご対面


ほどなく、ものの数分でその車はやってきます。

タクシーではなく、素人同士の乗り合わせですから、こちらも手を振って割と必死にアピールします。

そうして運転者とご対面し、自分でドアを開けて乗り込むというわけです。

運転者には利用者としての名前を伝え、そうして乗っけていってもらいたい場所を伝え、あとは楽しく車中で会話しながらちょい乗りをさせていただく、ということになります。

降りる時も、タクシーじゃないから支払いも不要、そのまま降りるだけです。

登録されたクレジットカードから利用料金として課金されるということですが、何と今福岡で展開している「みんなのUber」は現在ライドシェアの実証実験ということで、無料体験中なのです(週5回利用まで)。

交通サービスを劇的に、いや破壊的に変えているUber、顔の見える素人乗り合わせマッチングサービスという「視点」に刺激され、まだまだ自分たちの生活は変えることができるのだと改めて驚きました。

ちょい乗りも結構ですが、食べ過ぎ飲み過ぎでもっと自ら走ったほうがよい筆者からは以上です。

(平成27年2月11日 水曜日)

2015年2月10日

消費税増税の緩和措置である「生産性向上設備投資促進税制」をご紹介

設備投資を決断するチャンスです!

長たらしく読みにくい題名ですが、正式名称で「生産性向上設備投資促進税制」とありますのでご容赦下さい。

これは、平成27(2015)年4月の消費税増税の激変緩和措置の一つとして創設された減税施策で、要するに、一般の設備投資だったら10年から15年といった減価償却期間に合わせた期間償却となっている設備投資について、期間限定で「即時償却」を認めるというかなり画期的な制度です。

生産性(生産活動・販売活動・役務提供活動等)の向上につながる設備投資について、即時償却又は最大5%の税額控除が適用出来る税制措置、と説明されます。


かなり広い範囲の設備投資が優遇税制の対象になる


対象業種に制限なく、青色申告をしている法人個人が全て対象となり、一定の生産性向上が認められる設備投資で、1件あたり120万円とか機械設備ならば160万円とかいった下限額はあるものの、空調機やエレベータといった昇降機、プラントや生産設備、変圧器に発電機といったものまで、相当広い範囲でこの即時償却の優遇税制の対象になる模様です。

即時償却できるということになりますと、例えばある会社が当該優遇税制を適用した120万円の社内サーバー新設を行った場合、一気に120万円を当期の費用、損金として落とせるというわけです(その分の法人税の負担から免れることになります)。

あくまでも、該当設備を供給するメーカー及び専門家である税理士等にお問い合わせの上、ということになりますが、今後の企業戦略を考える上で十分考慮すべき事項だと思います。

なお、「生産性向上設備投資促進税制」は、平成29(2017)年3月31日までに取得等をし、かつ、事業の用に供した設備が対象となります。

節税しようにも先立つ売上が見込めない筆者からは以上です。

(平成27年2月10日 火曜日)

2015年2月9日

この一球は、絶対無二の一球なり(テニス漫画「エースをねらえ!」)




松岡修造さんの監修する暑苦しい日めくりカレンダーが人気だそうです。

筆者も、「投票日まで◯日」といった手製のカレンダーを作ったことなどがありましたが、毎日見るところに貼り付ける日めくりカレンダーは朝のモード切替に大変有用なツールのようです。

松岡修造氏は小林一三(注:歴史上の人物ですので敬称をつけません)という、阪急電鉄及び宝塚歌劇団を創設した関西の伝説的実業家を曾祖父に持つという、超エリート実業一家に生まれました。

いわばコネも金もある華麗なる一族の御曹司だったのです。

しかし、彼はテニスに目覚めます。

学校も慶應幼稚舎から進んだ慶應高校を辞め、テニスの名門という九州柳川の柳川高校に編入します。

そして、一切の実家からの援助を受けず、ひとり孤独な世界へのテニス修業の旅に出たのです。


テニスを選ぶにあたり実家の援助は一切なし


実家からはテニスのプロ転向に際し一切の金銭援助を行わないと厳しく通達されたため、とにかく金策に苦労したそうです。

ランク下位の日本人選手など、誰も見向きもしません。

とにかく貧窮に耐え、ひたすら世界中を転戦する日々です。

転戦しポイントを少しでも稼がないと、ランクも上がらずより上位の大会に出場することも叶いません。

ホテルのルームはやっとこさ探しだした安宿を、これまた転戦してきた海外選手とシェアし、ランキングが下位の松岡選手はいつも床で寝る方だったとのことです。

ホテルの朝食に出たクロワッサン、隣のテーブルの旅行客が残したものをすばやく失敬することもあったといいます。

そんな松岡選手は、富士山の写真と名作テニス漫画「エースをねらえ!」全18巻を遠征の際にいつも持ち歩き、心を奮い立たせたそうです。

そうして1995年7月、ウィンブルドンのベスト8進出をかけたゲームで、「この一球は、絶対無二の一球なり!」と叫んで勝利を決めました。

日本人選手として実に何十年ぶりかの四大大会ベスト8進出でした。

日本人選手の心を奮い立たせた名作の力に脱帽いたします。

筆者も久しぶりにテニスをしてみようとコートを予約してみました。

水郷柳川といいますが、柳川高校そばを川下りで通りぬけ、終点の御花(おはな)で鰻を食べただけという非常に薄い縁の筆者からの解説は以上です。

(平成27年2月9日 月曜日)

2015年2月8日

松井秀喜選手に学びたい義理を重んじる姿勢と努力する習慣について

松井秀喜#55

2015年2月の記事です。

プロ野球のキャンプインの季節になりました。

読売ジャイアンツ、ニューヨーク・ヤンキースなどの主軸を歴任した国民栄誉賞に輝く松井秀喜氏が、今年の横浜DeNAの沖縄キャンプに臨時コーチとして表敬訪問されることになり、現地ではちょっとした大騒ぎになっています。

横浜の監督である中畑清監督の「しつこい」要請に、最後は折れたという形ですが、来た理由を問われて、(恩返ししろよと言われた)中畑さんにはお世話になっていないが、奥さんにはお世話になったと答えていました。

少し前に亡くなられた中畑監督の仁美夫人には入団してすぐの頃、よく自宅で練習を見てもらった後に食事をご馳走になったなどの縁が当時の松井選手にはあったということらしいですが、このように、(亡くなった方については特に)義を重んじる姿勢は野球に限らず見習うべき点であると感じました。


野球人の前に人間であれ


因みに松井選手は小学校時代から怪童の名をほしいままにした野球エリートでありますが、全国的に有名になった星稜高校時代でも授業態度は大変良く、野球部以外の学校活動での欠席は原則ゼロだったそうです。

これは、練習で忙しいために授業で全てを理解し覚えようという心掛けがなせるもので、寮で生活する野球エリート高校生には至難の業だと思います。

また松井選手は読書家であることも知られています。

小学生の時に父から贈られた「努力できることが才能である」という言葉を大切にしているそうです。

才能は、義を重んじ努力を習慣として怠らない、そのような姿勢にこそ宿るのかもしれません。

松井氏と同学年ですが、どうも遅咲きのようでこれからが楽しみな筆者からは以上です。

(平成27年2月8日 日曜日)

2015年2月7日

Googleのブラウザクロームの頻繁すぎるバージョンアップについて

chrome

〜すぎる◯◯という言い方はずいぶん氾濫してきているようであまり使いたくないものではありますが、今回はGoogleが提供するインターネットブラウザの更新頻度があまりにも激しいのでそのようなタイトルをつけました。

ちなみにプラウザではなくブラウザ(browser)です。

Googleが提供しているインターネットブラウザchrome(クローム)の2014年2月現在のバージョンをご存知でしょうか。

調べてみますと「バージョン 40.0.2214.94」だそうです。

バージョン段階は4つに分かれていて、メジャーアップデートが40回、その40回目のバージョンにおいて、中くらいのアップデートを2214回、そしてその2214回目のマイナーアップデートにおいて、94回の細かいアップデートを繰り返しているということになります。

おそらく、膨大なプログラムソース履歴が管理されているのでしょう。

chromeの誕生は、正確には2008年12月12日。

実はリーマン・ショックより後なのです。

それなのに既にこれだけのアップデートがなされているという事実に驚きを隠せません。


フェイスブックも更新が非常に頻繁


同じように、Facebookが提供するフェイスブックアプリも、2週間に1回は必ずアップデートを行うという「周期」を決めて運用しています。

つまりこうした会社からすれば、プログラムやサービスは、「世に出した」瞬間古い、ということなのです。

昔は紙の地図や地図情報をハードから読み取っていたカーナビについて同じことが言われていましたが、今やあらゆるサービスの本番環境とテスト環境が渾然一体となって境目がなくなってきています。

バージョン1.0.0.0からなかなか進歩しない筆者からは以上です。

(平成27年2月7日 土曜日)

2015年2月6日

筋肉は重くそして脂肪は軽いという当たり前の事実を謹んで提示します

泳げない人たちです

ダイエット(diet)とは、そもそも食べ物という意味なのですが、いわゆる日本語で言うところは体重削減やシェイプアップという意味で使われています。

そのダイエットを行おうと、ウエイトトレーニングをやったら却って筋肉がついて、確かにスリムにはなったけれども体重自体はあまり変わらなかった、という経験を持つ方もいるかと思います。

筋肉は、脂肪に比べて密度が高く、単位あたりの比重が高いのです。

筆者も、久しぶりに近くの利用料数百円の市民プールで泳いでみたのですが、何と、昔(かなり前)にはどうも苦手だった背泳ぎが結構上手く出来たのです。

これは自分凄いのかと一瞬思ったのですが、体脂肪率がいわゆる青年時代より格段に向上している現在、泳ぎの技量はなくても単に浮きやすくなっていただけだと気づきました。

筆者も着実に成長していたわけです。


体操の一流選手は泳げない


極端な例で言いますと、一流の体操選手は限界まで体脂肪率が落ちており(男子選手の限界は一説には2%とも)、それでは文字通り泳げないということらしいです。

確かに人間の限界の動きに挑戦している人たちです。

いろいろ影響が出るのも仕方ありません。

何事もほどほどが肝心なのかもしれません。

一流体操選手の軽く10倍の体脂肪率な筆者からは以上です。

(平成27年2月6日 金曜日)

2015年2月5日

毎年恒例の2月の確定申告の季節になりましたことをお知らせ致します



確定申告の季節となりました。

念のため2015年の期限は、個人所得税等は3月16日(金)、事業者の消費税等は3月31日(火)までの申告納税が必要となっております。

個人事業主の方々にとっては風物詩のこの季節でも、いわゆるサラリーマン(給与所得者)には縁遠い制度だと思います。

日本は高度に徴税実務が行き渡っている国でありまして、一般の民間事業者において広く行われおります源泉徴収制度によって、毎月の給与から一定の概算所得税等が事業主によって引き落とされ、(知らないところで)納税がされているのです。

これは確かに便利ではありますが、手取りしか基本興味のない我々サラリーマンは、いつしか納税者としての感覚を失っているとも言えるのです。

年末調整といって、この毎月一定の源泉徴収を行いながら、年末に一定の控除がなされる手続きを事業者に行わせ、いくらかの「還付」を給与明細を受けることで、納税者としての義務は果たしたことになっていますが、ここで、敢えて面倒な「確定申告」をやってみないかという勧めです。

筆者は、税理士でもありませんし「確定申告」が必要な高額給与所得者でもないのですが、大学や政治家などに小額ながら「寄付」などをすることがあります。

加えて、年間10万円以上の「医療費」についても還付されます。

この2点は年末調整では対応してくれませんので、所得税の還付を受けようと思ったら確定申告をする必要があるのです。

やることは簡単です。


領収書を保管しておいて、まとめて計算するだけ


支払った領収書をまとめて計算して、ウェブに載っている申告書作成の段取りに沿って作業し、申告書を刷りだして捺印、領収書とまとめて所轄の税務署窓口に提出するだけです。

ただ、領収書が膨大になった場合は、それをまとめて計算していくのが少々大変なだけです。

その年の1月1日から12月31日までの領収書を保管しておくというのは結構大変です。

筆者は小さい小物引き出しを一つまるごと領収書入れにしておいて、そこに放り込んでおくようにしていますが、ファイルケースやジッパーつき事務用品袋など、各人で工夫されると良いかと思います。

消費税もあがって間接税の比率も増え、ますます納税意識が希薄になってきつつある昨今ですが、今一度考えなおすよい機会だと思って領収書貼り付けの雑用に没頭することにします。

飲み過ぎますと、お酒に入っている酒税分などどうでもよくなってしまいます納税意識の低い筆者ですが以上です。

(平成27年2月5日 木曜日)

2015年2月4日

スポーツにおける身体の柔軟性が何よりも大切だという論点を強調する




野球とかサッカーとか、筆者はよく知りませんがバスケットボールやバレーボールやカバディなどにおいても、「走る」という基本運動能力が非常に重要であることは論を待たないと思います。

そして、「走る」という運動に特化した短距離走の選手が、ウエイトトレーニングを課して筋肉を太くしていないという現実の前では、ウエイト過重の今のトレーニングに一石を投じる意味がありそうです。

筋肉隆々のボディービルダーが万能運動選手ではないことも同様です。

ウエイトトレーニングをすると、確かに筋繊維が壊れて再生することで太く強くなっていきます。

しかしながら、身体の可動域がどうしても狭くなってしまうのです。

筋肉は脂肪に比べて比重も高いため、その人間の本来の動きの妨げになるところにあっては余計なものになってしまいます。


野球のピッチャーや陸上選手に必要な筋力


高校時代や大学野球時代に躍動感あふれるピッチングフォームで素晴らしい球を投げていた投手が、プロ入り後に周りを見渡して、身体を大きくしようと筋力を増やしたことで球速が上がったケースがどれほどあるのか実際疑問です。

そして、大きくて可動域の少ない身体は故障に見舞われやすくなります。

そうして思ったようなトレーニングができなくなるという悪循環になるのです。

世界のホームラン王である王貞治選手は、野球の練習は野球で行うということで、あれだけバットは振りつづけましたがウエイトトレーニングはほとんど行わなかったと聞きます。

同じく体調を整えるために野菜はボウル一杯食べていたようですが、筋繊維を太くするプロテインなどは飲まなかったようです。

王監督(今は王会長ですが)は今の身体の大きいプロ野球選手に混じれば小さい部類に入ると思います。

しかし、王選手の打球は誰よりも伸びたのです。

野球というスポーツに沿った身体の正しい使い方を身に付けるためのトレーニングを忠実に行ってきた結果だと思っています。

柔らかく、柔軟性に富んだ身体と筋肉が大切です。

動きが限られる「固められた」太い筋肉は、実は正しい動きの阻害要因にしかならないのかもしれません。

いろいろ申し上げましたが、自身は固い身体にやわらかい決意の筆者からは以上です。

(平成27年2月4日 水曜日)

2015年2月3日

英単語力から英語力を推定するサイトが簡単に利用できる時代になった

ここからスタートです

飲み会経験値は放っておいても上がる筆者ですが、なかなか英語が上達しないのです。

自身の努力不足が第一なのですが、それに加えて、いわゆる学習というのは自分がどの位置にいるのかを出来るだけ正確に図ることができることが大切なのではないかと思っています。

英語能力でいえば、とりあえずTOEICなどのテストを受けてみればよいのですが、百何十分のテストを、会場まで出向いて行うのは結構ストレスです。

そして、筆者にも経験がありますが、出る問題や当日の(筆者側の)気分によって、スコアが百点以上のレベルで「変動」してしまうTOEICなどでは、点が良くても運がよかっただけ、悪い点でも調子が悪かっただけで済ましてしまいかねません。

いつも、試験のときには調子が悪いものです。


ネット環境で数分で英語力チェック


そんな悩みを抱えていたのですが、最近はネット環境の進歩から、わずか数分で英語能力の診断ができるツールやページやアプリが出てきています。

英語能力と一口にいっても、喋る読む聞く書くといろいろありますので、あくまで簡易的なものに過ぎませんが、ゲームと一緒ではまれば面白いということで、ここでは「知っている単語数」に特化したサイトを紹介したいと思います。

一般に、英語のネイティブスピーカーは、20,000語から30,000語を知っているそうです。

TOEICというのは、非ネイティブが問題なく英語を理解できる水準ということで、TOEIC満点を取れる実力者がその単に知っている単語をチェックするだけの診断ページ行ったところ、15,000語程度だったということです。

診断は簡単です。

http://testyourvocab.com/

のサイトから入り、知っている英単語をクリックするだけです。

あとはサイトのコンピュータが結果から推定して自分の語彙数を示してくれるというわけです。

ものの数分です。

筆者も早速やってみましたが、これで、長いながらネイティブへの領域までの道のりが明確になりました。

あとは「英語やるだけ」ですがなかなか踏み出せない筆者からは以上です。

(平成27年2月3日 火曜日)

2015年2月2日

自分のできることにできるだけ集中していくことが最も大切だという話

師も語っておられます

できることに集中することが大切です。

これは、マリーンズに移籍したイチロー選手のいつかのインタビューだったと思うのですが、例えば首位打者争いをしていて、ライバルの選手の調子が今良いのか悪いのか、そのようなことは自分ができることの範疇外なので気にしていても仕方がない、そうではなく自分ができること、つまり自分の打席に集中するようにしているということを語っております。

できないことを悔やむことなく、できることに集中する


自分のできることに集中するというのは、自分の時間や人生を大切にするということにつながります。

人事を尽くして天命を待つという東洋の言葉があるように、やるだけやれる自分のことに集中し、あとの環境や他者の動静についてはドンと構えておくという心構えのこととも言えます。

筋萎縮症性側索硬化症(ALS;amyotrophic lateral sclerosis)という難病を持つホーキング博士も、人生はできることに集中することであり、できないことを悔やむことではない、と言っております。

できるだけ、自分のコントロールできることに集中し、人生を切り拓いていきたいものです。

といいながら、出した見積りを取り上げてもらえるかどうか、気になってしようがない筆者からは以上です。

(平成27年2月2日 月曜日)

2015年2月1日

「屋根壁一体化」の太陽光発電パネルのエコ工法が出てきています

屋根一体化工法

太陽光発電パネルは屋根の上に乗せるものという既成概念を払拭し、例えば瓦が発電したり、屋根のスレートそのものが発電したり、果ては南向きの壁が発電したり、外構のブロック塀や駐車場の屋根自体が発電するといった様々な取り組みが行われています。

日本人の発想力はすごいものだと驚かされます。

これにより、電気というエネルギーの地産地消が進めば、産業用に比べてコスト高の民生住宅用の電気を産業用により「安く確実に」供給することができ、電気事業者としても助かる話です。

ただ、太陽光発電は当然昼間にしか発電しませんので、いつでも電気を使いたいならば蓄電池を家庭に備置することも検討できます。

そして、蓄電池への蓄電方法として夜間の安い電力で蓄電するという方法以外に、例えば自転車漕ぎのエクササイズで発電機を回して蓄電するといった方策も併用することができれば、爆発的に需要を生むことができるかもしれません。

まさに自家発電の新しい形です。

動力源は、太陽光と住む人それ自体というわけです。

しかし、夜中にエクササイズ、そんなことはやっぱりできませんでした。

禁断の夜中の中二病カラオケ、ビールにポテトチップスという悪魔の二重奏を奏でてしまった筆者からは以上です。

(平成27年2月1日)