このブログを検索

2015年3月31日

シンガポール建国の父リー・クアンユーが逝去さる(2015年3月)

ラッフルズ・ホテル

2015年3月時点の記事です。

シンガポールの元首相(現顧問相)で、建国の父であるリー・クアンユー氏が平成27年3月23日、シンガポール国内の病院で亡くなりました。

シンガポールはマレーシア連邦から追い出されるようにその半島の先で建国してから、リー氏の手腕によってアジアでもっとも国民一人あたりGDPが高くなった国のひとつに成長し、最近では、富裕層や研究者やバイリンガルであるグローバル人材を中心に日本から移住する人も増えています。

筆者が訪ねたことのある数少ない外国のうちの一つでもありますシンガポールですが、マレー半島の突端に位置する東京23区ほどの大きさしかない都市国家です。

もともとは英国領でしたが太平洋戦争で日本が占領しました。そして終戦後にシンガポールはマレーシアの一部として英国から独立を果たしますが、中華系とマレー系とインド系の民族対立が激しいなか、資源のないシンガポールは事実上マレーシア連邦から追放されてしまいそのまま独立国として建国に至ります。

リー氏は国家のリーダーとして、国を自立させるために徹底した近代化を進めました。外資を積極導入し、国家主導のインフラ整備を行い、教育を行い、優秀な若者を諸外国にフルブライト留学させ、戻して国家機関や国が経営権を握る重要な民間企業(テマセク(シンガポールの古い名前)グループ)などで働くよう取り計らいました。

工業化政策の次には、金融ビジネスに舵を切り、シンガポールをアジア有数の金融センターハブに成長させました。


その結果シンガポールは世界有数の高所得国に成長


実に現在、同国の1人あたりGDPは670万円と日本の1.5倍もあり(日本円が円安のせいもありますが)、国民は豊かさを享受しています。

このような、豊かで効率的な国を作り上げるにあたり、リー氏は徹底的な独裁を実施しました。

制度としては万全でも実際の運用では何も決められない民主制に背を向けて、言論を統制し、自らの一身に権力を集中させて国造りを推し進めました。

現在の首相はリー氏の長男であるリー・シェンロン氏が務めていますから、北朝鮮と同じく、事実上の世襲制となっています。

そして、個人の権利や自由も制限されています。特に、単純労働を行う移民は期間限定での受け入れとし、永住を認めない一方、外国のエリート層や資産家に対しては積極的に移住を推奨しているという差別的な政策です。

日本からも、資産家などが安い税金や安定した社会制度(シンガポール政府によって維持されている秩序)に惹かれる形で、シンガポールに移る人も多いようです。

共和制と専制、実はどちらの方式の方が人間社会秩序をより合理的効率的に運営管理できるか、これは大変難しい問題です。

書ききれませんので次回に続きますが統治機構に興味の尽きない筆者からは以上です。

(平成27年3月31日 火曜日 最終更新:平成28年3月31日 木曜日)

2015年3月30日

経済社会人必須の名著「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」

Max Waber

2015年3月時点の記事です。

Googleが選ぶ20世紀の名著100選というものがありまして、これは、学術論文や学術書の被引用数を表示することができるGoogleの仕組みを用いて、20世紀(1901年~2000年)に出版された文系の学術書の中で、どの本が多く引用されているかを100位まで調べたというものです。

2007年の調査ということで、少し時間が経っているものでありますが、Googleが公式として出しているものではないながらも、Googleの本業としての事実上の検索結果が語るものと言えます(であるからして、最近爆発的に売れているトマ・ピケティ「21世紀の資本」といった本は入っていません)。

この中は、さすが引用数上位の文献ということで、筆者のような積んどく読者の筆者もタイトルだけ知っているものが多いのですが、引用されたということは、それだけその著書の言っていることが多くの人達の賛同を得たということ、言い換えればそれまでの世界に新たな知見を与えたものと言えましょう。


プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神


このランキングにももちろん入っておりまして、筆者が個人的に20世紀最高の名著と思うのは、マックス・ウェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」です。

この本の言いたいことを筆者的に端的に申し上げると、善行を積めば救われるという古来からのカトリック的考え方はいうなればおこがましく神への冒涜であり、そもそも救われるか救われないかなどは神によって既に決まっているという予定説を生み出した新教(プロテスタント)の信者達の精神的葛藤の上に発明された、「救われるべき者ならば善行を行うはずだ」という因果逆転の発想がベースにあります(プロテスタンティズムの倫理)。

そして経済活動を行うにあたっては、最初から利潤の追求を目的としていたわけではなく、禁欲をもって天職に勤勉に励み、その「結果として」利潤を得るのであれば、その利潤というものは、安くて良質な商品やサービスを人々に提供したという「宗教的愛」の実践の結果と見做せ、すなわち神の御心に適っている証といえ、予定説における「救済」を逆に確信させるものであると解釈されることになったのです(資本主義の精神)。

このように禁欲的に信ずるところに従って経済活動を文字通り天職として行った結果、旧教国である南欧諸国より、イギリスやオランダといった新教国の方が経済活動に秀でる結果となりました。

儲けるのは悪、と考える従来型宗教的発想を逆転させた物凄い教本なのです。

儲けることは善なのです。

こうした逆転の発想により、近代資本主義の実践が爆発的に行われるようになったということです。

現在の社会で当たり前となっているようにみえる働き方も、宗教的背景が色濃く残っている極めて地理的なものであるということです。

カトリック教国に習ったか、会議中すぐにシエスタ(午睡:スペイン語)をしてしまいそうな筆者ですが以上です。

(平成27年3月30日 月曜日 平成28年3月30日 木曜日)

2015年3月29日

[頭の体操]愛→上→丘→◯に入る漢字は何ですかという簡単な問題

毎年度シリーズが変わります

2015年3月時点の記事です。

好評をいただいております頭の体操、なぞなぞコーナーです。

愛→上→丘→◯に入る漢字は何かという問題です。

この問題には、4択3択といった選択肢はありません。

大人は、愛と上と丘の漢字のへんやつくりを見ながら悩み始め、そうして筆者のように隘路にはまってしまうのですが、子供であればあるほど簡単に直感で正答を言い当てます。

菊という漢字が書けなくても、「きく」と答えるのです。


結局語学は音感です


英語や国語といった語学についても、生まれた頃からずっと耳で聞いて話して自然と覚えてきたくせに、大人になったら文章を読むばかりの語学学習になっていると我ながら反省しています。

日本の高校生の英語レベルが、文部科学省の設定した目標に遠く届かず、特にスピーキングとライティングが壊滅的であったというような記事も出ていますが、肝心の大人たちが読むだけの語学になっていることが大きな原因と言えるでしょう。

英語勉強始めてウン十年、ラジオ英会話基礎英語1に戻って、何とか話せない書けない状況から脱却したいものだと思います。

いつかバリバリ英語で本ブログも書いてみたい筆者からは以上です。

(平成27年3月29日 日曜日 最終更新:平成28年3月29日 火曜日)

2015年3月28日

そもそも「いわゆる」イスラム国についてなぜこのように呼ぶのか解説


Goddess ISIS イシス神

2015年3月時点の記事です。

英国人7人、米国人とカナダ人各1人、スーダン人2人といった多国籍にわたる、計11人の医学生グループがいわゆる「イスラム国」支配下の病院で働くためにシリアに入国したとみられ、イスラム国に洗脳されたと憤る家族や 「子どもらは洗脳された」 と信じる医学生の父母らがトルコ・シリアの国境付近に滞在し、帰国を呼びかけているといいます。

2015年になって、その名前が報道で呼ばれないことはないとまで言われて話題となっているイスラム国(IS)ですが、ISはイスラム教スンニ派過組織 Islamic State いわゆるイスラム国についてこちらがわがつけた略称です。

もともと、2014年6月以前には、ISIS(Islamic State in Iraq and Syria  「イラクとシリアのイスラム国」)と称しまた呼ばれていた集団組織が、独自に僭称したいわゆる「国家」の呼称です。

無論その国家樹立については国際的には全く承認されていませんので、自称「国家」、いわゆる「イスラム国」、というわけです。

欧米の報道機関の中には、この自称ISを認めず、引き続きISISと呼ぶところも多いです。


国家と名乗っているけれども認めたくないことを示す


これは、うっかりISと報道してしまって、その国家樹立を黙認しているように取られたくないという意思があるものと思われますが、ISISは「アイシス」あるいは 「イシス」 と発音され、偶然にも古代エジプト神と同じ名前でその界隈を連想しやすいということもあるようです。

アラブ世界についても大変迷惑な存在です。

そして日本語としては「いわゆる」イスラム国というニュアンスを行間に込めて、カッコ付きで 『イスラム国』 で統一しているようです。

さてこのような組織の浮沈を見てみますと、我が国においても、以前のあさま山荘事件や、少し前のオウム真理教事件などを彷彿とさせます。

それらの組織の過激かつ極端なカルト的教義やイデオロギーが、反体制や反権力を賛美する若者たちの心を妙な形で捉えているように思えてなりません。

わが国でも憲法改正論議が出てきておりますが、その「改正」の対象となりうるものは、単に9条に限らず、例えば第一章 天皇 や 第三章 国民の権利及び義務、第四章 国会 といった天皇制や基本的人権や国家統治機構の根本まで及ぶということを忘れないようにしたいものです。

そうであっても、近頃の若者はとは言わないようにしたい筆者からは以上です。

(平成27年3月28日 土曜日 最終更新:平成28年3月28日 月曜日)

2015年3月27日

家庭用太陽光発電を実際に屋根に設置してみてから気付いた3つのこと

学校にもソーラーパネル

今の世の中、再生エネルギーで地球温暖化を防ぐという音頭が取られております。

実際現在の再生エネルギーのメジャー選手であります太陽光発電で、一体どれくらいの電力がまかなえるか、現在の太陽光発電電力買取制度と合わせて卑近な例で検証してみたいと思います。

まず、太陽光発電システムを設置した人は、発電した電気を電力会社に売ってお金をもらうことができるのですが、現在の太陽光電力買取制度には、大きく、(ア)全量買取、(イ)余剰電力買取とがあります。

全量買取制とは、自分で消費した電力とは無関係に、太陽光発電したすべての電力を売電できるという方式です。

ただし、この全量買取制が適用されるのは、設置するソーラーパネルの総出力が10kW以上のものだけです。要するに、事業者が設置する太陽光発電所や、賃貸集合住宅の屋根、工場や学校の屋上にソーラーパネルを設置する場合などの産業用途が前提となっています。

一方、住宅での太陽光発電では、「余剰電力の買取制度」が採用されており、太陽光発電した電気から、自分の家で使った電気を引き算し、余った電気があればこれを売電できるというものです。


電気の地産地消というスタイル


電気の地産地消というわけです。

設置するソーラーパネルの出力は10kW未満ということになります。

そして現在、全量買取の期間は20年、買取単価は32円です。

余剰電力買取は期間10年、同じく買取単価は37円となっております。

例えば、標準的な住宅で4kWのソーラーパネルを屋根に設置したとします。標準的な天気で一ヶ月にこのパネルが発電する合計はだいたい400kWh程度と言われています。

そして、昼間電力の余剰分を半分とすれば、200kWhは単価37円で売電でき、残りの200kWhは自家使用して電気代がかからなかった、ということになります。

だいたいの昼間電気の単価を25円とすれば、合計して月間の電気代を12,400円削減できるという計算になります。

太陽光パネルを設置し電源工事を行う費用がいくらかかるか、によってこの投資の利回り、投資回収期間は変わってきます。

屋根が意外に発電すると考えるか、天候次第の水ものと考えるか、考え方にもよりそうです。

再生エネルギーには、太陽光の他、風力地熱水力バイオマスとそれぞれについて買取制度が整備されています。

暑い夏をエアコンなしで乗り切りたい筆者からは以上です。

(平成27年3月27日 金曜日 最終更新:平成28年3月27日 日曜日)

2015年3月26日

「女は共感」「男は解決」がコミュニケーションの目的と言われる理由

りんご狩り

現世に生きる人類である我々の「種」が約20万年前アフリカ南部で誕生(発生)したことは、 様々な証拠からほぼ確実となっています。

そして、3万年前くらいまでに、ヒト属としては現生人類であるホモ・サピエンス・サピエンスと、ヨーロッパに広く居住していたネアンデルタール人と一般に言われるホモ・ネアンデルターレンシスの2種を残すのみとなりました。

この2種が直接争ったかはどうかはまだわかっていないのですが、気候の温暖化によりホモ・サピエンス・サピエンスがアフリカ大陸を出て(出アフリカ)世界中に広がっていった一方、ネアンデルタール人は少なくなり、そして歴史から姿を消してしまいます。

そして今日、我々だけが残ったわけです。



そして人間は世界中の陸地に広まった(南極大陸を除く)


なお、ホモ・サピエンス・サピエンスは現在70億の個体数を誇り、外見などの形質も地域ごとに特化した結果、人種(コーカソイド・モンゴロイド・ネグロイド等)といわれるグループに分類されることもあります。

しかしながら全ての人種同士で完全な交配が可能ですので、全てホモ・サピエンス・サピエンスという同一種となっております。

ここは強調しておきたいところです。

さて、そんな我々人類ですが、別のカテゴリとして男と女で分類されます。

そして、20万年前から農作を始めるおよそ1万年前まで、男の方は外で狩猟、女の方は集落での子育て含む共同作業に従事していたこともほぼ確実となっています。

そうすると、男女にその行動に特化した「意識差」が生じてくるのはもっともなことであります。

すなわち、男のコミュニケーションや会話は、「目的」や「解決」に特化し、女のコミュニケーションや会話は、「共感」に特化していくことになったのです。

集落での共同作業を円滑に行うにあたり、その集団からの孤立は即ち死を意味した結果、女の会話には会話そのものの共感が最重要視され、特に「解決」する必要はなくなっていったのです。

一方、男は狩りをするにあたり、獲物を仕留めるという「目的」に沿った「解決手段」を示しあうコミュニケーションに特化します。

ですので、悩みの相談1つにおいても、男はすぐに解決法を考えようとします。

解決しなければ死に繋がる狩りの現場で鍛えられた経験脳が、現代においてもそのように仕向けるのです。

生物学的「種」として全く同じでありながらこれだけの意識差を植えつけたとは、バベルの塔の例を持ち出す間でもなく、造物主というのは面白いことをされるものだと思います。

などと書いて女子の考えを「解決」した気になってだいたい失敗している筆者からは以上です。

(平成27年3月26日 木曜日 最終更新:平成28年3月26日 土曜日)

2015年3月25日

「売り込みすぎない」という営業の極意を営業センスのない筆者が語る

こいのぼり

2015年3月の記事です。

最近、統一地方選挙が近くなって思ったことです。

選挙が近くなると各候補(予定)者がいろんなのぼりを持って街頭に立って演説したり、挨拶したりする光景が見られます。

のぼりは飲食店や小売店、そして平面駐車場などにもよく使われている定番の販促ツールですが、最近ののぼりでトレンドなのは、あまり売らんかな根性が表に出すぎたものは印象が悪いということです。

激安とか最終処分とか決算閉店セールとか値下げしましたとか、そういったインパクトが強い言葉やメッセージは、あまり実際の購買活動につながらないのではないかということです。

世の中かなり便利になってきておりまして、手に取る商品やサービスは格段に増えました。

しかし人間の時間というのは限られています。

社長さんでも僕らでも総理大臣でも、お風呂入るときゃみんな裸、の如く一日に使える時間にそんなに差はないのです。


庶民ほど自由な時間は多いのかもしれない


むしろ、筆者のような一般庶民のほうが、社長さんたちがどうしても出なければならない会合や打ち合わせや部下の管理や接待や盛り場での豪遊や海外渡航といった義務が相対的に少ない分、自由な時間は多いくらいかもしれません。

そのような大切な時間を使う購買行動については、まず自分で決定することが大事であり、あまりにこちらの事情を無視して売り込んでくる者に対しては一定の距離を置こうとするのではないのかということです。

営業の秘訣として、相手の土俵では勝負しないというものがありまして、商談はできるだけよくわかった自分の会社等で行うべきで、かかってきた電話や相手の支配下で商談を進めるのは避けたほうがよいなどと言われます。

それと同じで売り込みそのものではなく、その商品サービスそのものを自らが確認し査定するというよりも、その商品サービスに関する周囲の評判から確認するというのが最近の購買活動の主流になってきているのかもしれません。

無理に売り込もうとするのではなく、まずは顧客に対して価値ある商品サービスを開発して単に目の前に見てもらえる状態に提供することができれば、ファンである顧客層は自然に広がると言えるのです。

選挙スタイルも候補者名絶叫一辺倒から、有権者の潜在ニーズに沿って変えていかなければならないのかもしれません。

投票率の低下を嘆くだけではなく、候補者側の取り組みも待たれます。

応援は押し付けずスマートにをモットーとしております。

売上は上がらない筆者ですが以上です。

(平成27年3月25日 水曜日)

2015年3月24日

原価にかかる手間や教育とは何かを素人は知らない場合困るという話

原価などない、あるのは売価だけだ

プロとして必死に頑張って腕を磨いて
商売している方に
対する一番のやっかい者は、
安く買い叩こうとする業者や
取引先ではなくて、

「技術習得や流通過程といった
プロの仕事に当然かかるお金」

のことについての理解が全く無い
一般市民の客(もしくはその見込者)
ほうだと思います。

これは多くのプロの賛同を
得られるポイントだと思います。


実は素人が一番怖い


素人の方が怖いというものです。

大した技術を持っていない
筆者のような営業担当者であっても、

自らの持つネットワークやノウハウに
ただ乗りしようとされると非常に
困惑します。

ましてや、例えばプロの
シンガーソングライターやピアニストに、
招いた席でちょっと唄ってみてよ
などというのは、基本的に失礼な
ことであると「教育」しなければ
いけない必要性を感じます。

趣味の歌や落語の披露であれば、
原則何でもOKですが、
プロには対価がかかる、
そしてそのプロたらしめている根源が、
お金を取ることであるということです。

プロとして「売れる」ために目に
見えない原価として大切な時間や
手間を費やしている存在、

それがプロというものなのです。

歌を唄ったり、ギターで弾き語りしたり、
コラムを書いたり、企画書を書いたり、
ピアノを弾いたり、人前で講演したり、
デザインを作ったり、キャラクターに
扮して握手会に出たり、
それは原価がかからなくていい
「おいしい」商売ではないのです。

そうした感度を少しでも磨けば、
そういう人に対して「お金の話」を
せずに話を進めるような
愚をおかさなくなっていくのでは
ないかと思います。

原価10円の小麦粉でうまい
うどんを自分で作って出してみれば、
このうどんの原価は幾らなんだ
といった「余計な」話をするのが
恥ずかしくなるのではないかと
思います。

原価とは、その商品やサービスが
作られ提供されるところにかかった
すべての「課程」のことなのです。

いろいろ書きましたが、この
ブログは趣味なので問題ない
筆者からは以上です。

(平成27年3月24日 最終更新:平成28年3月24日)

2015年3月23日

蛍光灯を直管LEDに取り換えるだけでとりあえず節電になるという話

上下間違えて天井を照らしました...


普通の電球をLED型電球に取り替えて節電しようという動きはかなり進んでおります。

しかしながら、日本中に高度経済成長期から普及しきっている蛍光灯を、新しい時代に即応したLED照明に変更するというのはなかなかにコストがかかります。

LEDは照明器具の革新ですから、別段蛍光灯の形である円筒形にこだわる必要性など全く無く、LEDパネルを発光させる形としてはフラットなパネルのような形状の照明器具とするのが最も適当なのですが、実際の照明現場においては、その電源をどうやって取ってくるのかというのが最もやっかいなところになります。

そして、これまでの家屋やオフィスや商業施設やホテルにおいては、既にかなり節電を進めてきた高性能蛍光灯に対応したソケット(基盤)の形になってしまっているものですから、この形状をできるだけ活かしながら、安価にLED用の電源として「転用」する技術が進んできているところです。

お金と手間をかけられる方であれば、蛍光灯の基盤自体をLED照明にまるごと取り替えて、電源工事も電気工事士の免許を持った人にやってもらうか自分が技術者であればそのようにするのが最も合理的かつ節電効果も高まりますが、工事にかかる人件費も高騰の一途である現在、なかなか蛍光灯1本や2本でわざわざ人を呼んで工事に踏み切るのも躊躇されます。


工事不要のLED蛍光灯付け替え


そこで、工事を必要としないまま、40ワットの直線蛍光灯をそのままLEDに変更できるお手軽な直管LEDが出てきています。

これは、既存の蛍光灯基盤が原則どの点灯方式であっても(具体的にはグローランプ式、ラピッドスタート方式、インバーター方式、電子スタート方式とあるらしいですが筆者はよくわかりません)、取り替えるだけでLEDランプとしてそのまま利用できるという優れものです。

しかし、本来LEDランプには必要ない蛍光灯の安定器を使い続けることにもなりますので、その安定器が経年劣化した場合はちらついたり照度不足が生じることになります。

その場合は安定器を取り外す工事をするか、蛍光灯基盤自体を破棄してLED照明に取り替えるかの選択が迫られることになります。

これから電気代も上昇の一途だと思いますので、賢く節電して豊かな生活を送りたいものです。

こういうのはケチとは言わず節約だとお婆ちゃんに教えられた筆者からは以上です。

(平成27年3月23日 月曜日 最終更新:平成28年3月23日 水曜日)

2015年3月22日

砂漠の狐アルジェリアを率いたハリルホジッチ氏が日本代表監督に就任

2014年W杯 アルジェリア対ドイツ

2015年3月の記事です。

2014年夏のブラジルワールドカップにおいて(特に競技名を出さない場合、サッカーであることは世界中の常識といえるのでその習いに従います)、圧倒的強さで優勝したドイツに対し、実は延長戦に入るまで1点も許さなかったという国があります。

準優勝のアルゼンチンもそうでしたが、決勝トーナメント1回戦、ラウンド16でドイツに一歩も引かなかったアルジェリアです。

この国のサッカー史上、初めてグループリーグを突破した北アフリカの砂漠の狐たちは、延長戦でドイツに2点を許したその後も、諦めない渾身のプレーでロスタイムに1点を返しました。



ブラジルを準決勝で7-1で粉砕して優勝したドイツに対して一歩も引かず


サッカー玄人に限らず、これぞワールドカップの名勝負と激賞されたこの試合、よく頑張ったでは決して満足せず泣きはらしたアルジェリアの監督こそ、今回日本代表監督に就任したヴァヒド・ハリルホジッチ氏なのであります。

いよいよ、この熱い男ハリルホジッチ監督により選出されたメンバーで、国際親善試合に臨む日本代表ですが、これまでの日本代表に比べいろいろと変化に富む発表会見でした。

親善試合で31人の大量招集を行い、バックアップメンバーまで選出したこと、選外となった中心選手への謝意を含んだコメントを出したこと、そしてリストや選手紹介を作ってくれた協会スタッフへの感謝などです。

そして極めつけが、協会施設に監督が詰めて仕事をするルームを希望し、毎日出勤して映像のチェックやスタッフとのコミュニケーションを取るためミーティングに利用したいというのです。

日本人以上に日本人的で真面目で献身的で情にあつい、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の苦労人監督に、大いに期待したいと思います。

こちらからは以上です。

(平成27年3月22日 日曜日)

2015年3月21日

2015年3月時点における保護者の監督責任について述べておきます

責任とは

2015年3月の記事です。

なかなか世知辛い世の中であります。

損害の原因を作った人が制限能力者である場合、その監督義務のある保護者にその責任があるというのが民法の規定です。

無論、この監督義務を果たした場合には責任は免除されるということも同時に定められているのですが、一体どの範囲でこの監督義務を認めるのか、これが判例の積み上げによるものになっております。

これまでは、この監督責任は、法文に書いてあるとおり広範に認めていくのが判例でした。

例えば、認知症の90歳以上の男性が、誤ってJRの駅構内から転落した結果、電車のダイヤに大幅な乱れが生じたことによる損害賠償請求を、その看護介護を行っていた80歳台後半の妻に求めた事案(注)や、小学校6年生が、校庭でサッカーボールを蹴ったのが誤って路上に転々と転がり、ちょうど通りかかったバイクに乗っていた80代後半の男性が転び、その怪我が原因で数年後亡くなった損害を、ボールを蹴った男子児童の両親に求めた事案があります。


そろそろ何でも保護者の責任を問うのも酷なのでは


いずれも今までの判例では金額の多寡は別にして保護者の監督責任を広く認めてきました。

しかしながら、高齢者介護がこれだけ大変なものになっている現在、24時間片時も目を離さないのは無理だと言えますし、被害者と加害者の境目がまさに紙一重となっているように感じる現在、このような杓子定規な法律の解釈は双方にとっても裁判費用機会の損失とも言えるものになっているのかもしれません。

そういう議論の深まりにより、今後、最高裁判所の判例においても社会一般常識に沿った監督責任の範囲となっていくことが期待されますが、筆者としては、その前に個人賠償保険の加入などで自己防衛しておくことも必要かと思いましたので述べさせていただきました。

昔受けました法律の授業で、タテマエとホンネというキーワードだけは覚えている筆者からは以上です。

(注)その後の最高裁判例で、保護者に責任はないという判断が出ました。

(平成27年3月21日 土曜日 最終更新:平成28年3月21日 月曜日)

2015年3月20日

創業や企業経営には一緒に悩み進む共同経営者が必要であるということ


データセンター

2015年3月の記事です。

起業自体が成功するか失敗するか、実は誰にもわかりませんが、起業家として間違いないように振る舞うのはある程度できるというお話をします。

起業したことのない人のほうが圧倒的に多いでしょうから、この程度の話でも役に立つかもしれません。

最初の間違いは、起業の初期段階でそこそこのスキルやネットワークを持った「社員」を採用してしまうことです。

猫の手も借りたい忙しさで、ついとりあえず反応してきた人を採用するのは大きな間違いです。

その段階で見えている仕事なんて、まだまだ練られていない「作業」に過ぎず、その程度の作業に応募してくる人件費の安い人を安易に社員としてしまうと、企業文化自体に影響してしまうのです。


探すべきは協同できる共同経営者


初期段階で見つけ出すべきは、「共同経営者」のほうです。

このブログを掲載しているウェブページサーバーの会社でもあり世界で最も大量のデータを取り扱っているであろう組織でもあるGoogleという会社があります。

「ラリー ペイジとサーゲイ ブリンがGoogleを設立したのは1998年9月のことです。今では世界中に40,000人以上の社員を擁し、経営陣は業界でも有数のテクノロジー プロフェッショナルで構成されています。」

と同社の会社情報ページに記されていますし、今のCEOであるラリー・ペイジの肩書は、「CEO兼共同創設者」となっており非常なこだわりを感じさせます。

この会社が創設以来20年弱で、世界一のデータ管理会社になったスピードに習えば、起業に必要なのは作業に従事してくれる従業者ではなく、一緒に異なる頭脳で考え、お互いの弱みを補完し強みを多方面に出せる共同ファウンダーのチームを創ることなのでしょう。

もちろん、一人でやってみることでも、必要な経験や能力を見極められるようにはなりますが、これは、極論すれば一から火や電気を発明し直さなければならない愚をなぞっているとも言えるのです。

お笑いの世界での鉄板の「型」は、二人一組の漫才コンビです。

落語の高座やピン芸人、そして3人以上の芸人集団もありますが、企業経営においても二人の共同創設者、というのがもっとも座りがいいのかもしれません。

相方募集中の筆者からは以上です。

(平成27年3月20日 金曜日 最終更新:平成28年3月20日 日曜日)

2015年3月19日

トミー・ジョン手術後のリハビリ期間中に逆の手で練習する選手の意識

トミー・ジョン手術

2015年3月の記事です。

以前に日本のサッカー界も、ACミランで10番つける選手が現れるなど、ついに漫画の世界に追いついたのではないかというような話を致しましたが、野球の世界においても同じような話が出てまいりました。

二刀流に挑戦している日本の大谷選手の例もありますが、ここで取り上げたいのは「左右ピッチャー」です。日本を代表する右の本格派投手といえるダルビッシュ有選手が、残念ながら右肘の腱を痛めてしまい、側副靱帯再建術(いわゆるトミー・ジョン手術 Tommy John Surgery)に踏み切るというニュースが飛び込んできましたが、ダルビッシュ有選手は周囲の喧騒をよそに冷静に、右手にグローブをはめて守備練習に取り組んでいたのです。

右肘が1年以上使えなくなることを受け入れて、左で投げる、これは野球漫画「MAJOR」主人公茂野吾郎そのものです。


右投げ投手から左投げ投手そして右打ちバッターへ


吾郎はリトルリーグ(小学校6年)で右肩を壊してしまい、そこで左投げに転向しメジャーで活躍、その後左肩も壊した後は右投げ右打ちのバッターとして日本に戻ってきます。

まさに、打って走って守れて投げて三振の取れる野球選手を体現したもので、もともと野手としても左ピッチャーとしても図抜けて優秀かつ才能もあるダルビッシュ有選手のこと、何かやってくれそうな気がします。

ちなみに、トミー・ジョン手術は、1974年にフランク・ジョーブ博士によって考案されたもので、初めてこの手術を受けた投手の名前にちなんで呼ばれています。

その昔、日本の村田投手や桑田投手がジョーブ博士の手術を受けて復活したことを思い出します。

人間発想するところまではどこまでも行けるのではないかと思います。

打てず走れず守れず三振しますが丈夫(ジョーブ)な筆者からは以上です。

(平成27年3月19日 木曜日)

2015年3月18日

[論考]とりあえずまずは始めてみるという柔軟性が極めて大切である

本文とは関係ありません


2015年3月の記事です。

世の中高度に専門化されておりまして、一体なにが受けるかわからないようになっております。

お笑いの世界でも、ラッスンゴレライという何の意味もない呪文のようなコントが小学生高学年の間でばかうけしておりますし、ケンダマクロスという、プラスチックと鉄心入りのけん玉が小学校低学年に大人気となり、学校の「生活」昔あそび授業で鉄板の縄跳びや鉄棒に並ぶ勢いでけん玉名人が輩出されたり、世の中不思議なものです。

これを見てわかるのは、質より量が大切ではないかということです。

何が読者に受けるのかわからないと言っていた漫画の神様手塚治虫は、とにかく多作でした。

締め切り前になると、手塚先生の原稿を待ち続ける各漫画誌の編集者がイライラしながら待機するというのが風物詩だったらしいですが、手塚先生は自らの作品の半分はそうした編集者のプレッシャーのお陰であったと述べておられます。

多作にするため、自分の能力を限界まで絞りだすために、外からの連続締め切りという圧力を利用したのかもしれません。


頭の中の大作は世に出ることはない


『最後の一葉』 (The Last Leaf) 、『賢者の贈り物』(The Gift of the Magi)といった名作短編で知られるオー・ヘンリーの作品に、類まれな能力を認められ超話題となる画作の構想を発表した画家がいましたが、その作品を手掛けることをなんのかんのと理由をつけて遅らせた結果亡くなってしまい、彼の作品は、誰の目にも触れずに彼とともに埋葬されることになった、というものがあるそうです。

同じ画家でも、最後の一葉を描いた画家との違いは、まず始めたか否かということなのでしょう。そして、それは決定的な違いになるのです。

そういうことですので、そろそろ下手なブログでも始めてみようと思います筆者からは以上です。

(平成27年3月18日 水曜日 平成28年3月18日 金曜日)

2015年3月17日

感覚的に記すスポーツの歴史とあらゆる場面の話題にしやすさについて

サッカー観戦

2015年3月の記事です。

感覚的かつ極めて雑な議論なのですが、日本における野球というのは高校野球にせよプロ野球にせよ六大学野球にせよ歴史がありますので、例えば営業先で取引先の割と上位の職階にある特に男性の方々には相当程度浸透しています。

たとえ今の野球界には少し遠くなっても、昔の、例えば王貞治選手が756号ホームランを打った瞬間を繰り返し見たり、それを機にできた国民栄誉賞などをリアルな世代として記憶に持っている方々なので、話が早いです。

一口に野球といっても今のペナントに向けた各チームの仕上がり具合から、細かい戦術面から球場の広さ狭さに関すること、新監督の動向やカープ女子など、ありとあらゆる話題が長い時間軸の中に横たわっております。

話題はその都度その辺から拾ってくればいいだけです。



対してサッカーはまだ歴史の積み上げが浅い



対しまして、今や日本においてもプロメジャースポーツの双璧となっている日本のサッカー界ですが、Jリーグも20年を数え歴史が積み重なってきたとはいえ、まだまだシニア世代の記憶に刷り込まれたような記憶が積み上がるのには時間がかかります。

もちろん、日本リーグという渋い前身の時代があり、静岡県清水市のように、国技(市技?)は野球ではなくサッカーという都市も存在していましたが、少数派であったことは否めません。

ゆえに、日本の名選手といってもドーハの悲劇を経験した三浦カズが未だ現役という(これはこれで恐ろしく凄いことなのですが、対する野球界にも山本昌というこちらも50歳投手がいたりします)こと、また戦術面でも、4-3-2-1がいいとか3-4-3システムとかバイタルエリアとかいってもシニア世代にはまだまだピンと来ないように感じます。

筆者も適当に話を合わせていますが実はよくわかりません。

ある試合を観戦してみても、野球であれば、あのファールフライの処理が秀逸で試合のポイントだった、といった話題をしたり顔でできるのですが、サッカーにおいてはまだ一般大衆の観戦する側の目が肥えていないので、結果だけ、もしくは注目の選手だけを追いかけているということになりがちです。

スポーツに限らず文化が国民に根ざすというのには長い時間がかかると思いました。

サッカー素人なもんで、マラドーナとペレどっちが上手いの?などという二十世紀の世界が避けた話題(リアルな戦争になる)を平然とかましてしまう、40にしていろいろわきまえていない筆者からは以上です。

やっぱり一番はクライフなんですかね?

(平成27年3月17日 火曜日 最終更新:平成28年3月17日 木曜日)

2015年3月16日

いいあんばいの「塩梅」は最初はえんばいという調味料でしたという話

いい塩梅です

2015年3月の記事です。

いい塩梅、の本来の読みは「えんばい」で、それは塩と梅、酢を合わせた調味料のことだったそうです。

その調味料としての味がいい感じで良い物を、塩梅(えんばい)と呼ぶようになったのですが、同時に、按配という言葉がありまして、これが「あんばい」と読ませて上手いこと処置したり、ものごとを整理したりすること、という意味に使っていたところ、その2つの意味するところがなんとなく合致し、いい具合にするという意味だけが混同され抽出された結果、按配の漢字は廃れ、あんばいの読みは塩梅に乗り移り、塩梅(あんばい)と、いつしか統合合体されたということらしいのです。


そんないい塩梅な言葉の変遷



そもそもいい加減な人間が使うのが言語ですから、言語もいい加減なものなのかもしれません。

いい加減といいますと投げやりな感じも致しますが、さじ加減、というとなんだか深淵に感じるのも、人間の適当な感性の業なのかもしれません。

いい感じ、を多用します梅干し好きですが、さじ加減が必要な料理や仕事は不得手の筆者からは以上です。

(平成27年3月16日 月曜日 最終更新:平成28年3月16日 水曜日)


2015年3月15日

2015年4月は統一地方選挙の年です(直近の統一地方選挙の記事)

清き一票を

2015年3月の記事です。

2015年は統一地方選挙の年です。

統一地方選挙とは、地方公共団体(都道府県や区市町村)における選挙日程を全国的に統一して実施される日本の選挙のことです。

地方議会の議員や地方公共団体の首長(市長や町長)の任期は4年に一度であること、及び、大戦後における最初の地方選挙が1947年(昭和22年)4月に、同年5月の日本国憲法施行を前に首長議会議員選挙として実施されたことに始まるものです。

ですので、「閏年の前年の4月は統一地方選挙」と覚えておけば簡単です。

4年に一度、全国あらゆる地域で選挙をまとめて行うことにより、選挙費用の削減、選挙への関心を高めることが期待されます。



あらゆる地方で行われることから関心も高くなるはずですが



具体的には、4月の第2日曜日に都道府県知事や政令指定都市の市長、ならびにそれぞれの地方議会議員選挙が行われ(第一弾)、第4日曜日に政令指定都市以外の市町村(東京都の特別区含む)の首長及び議会議員選挙が行われる(第二弾)という慣例となっております。

それでも全国的に投票率は低下の一途です。

朝の通勤時や夕方夜の帰宅時、午後の買い物帰りで路上を辻立ち、挨拶している立候補予定者を見ることもあるかと思います。

彼らは、決して変な人たちではなく、めまぐるしく変わる政界、並びに有権者の趣向やトレンドに翻弄される不安定な立場をものともせず、今まさにその世界にわが身を投じようとする得難く有為な人材なのです。

国民の負託に応え、国民に信頼される政治家として船出できるのか、それはひとえに有権者一人ひとりの支持にかかっています。

そのような大切な一票をぜひ行使されますよう期待申し上げ、本日の記事と致します。

選挙公報車に乗ったことがあります筆者からは以上です。

(平成27年3月15日 日曜日 最終更新:平成28年3月15日)

2015年3月14日

地域活性化というならまず地元の業者を使い地元のお店で買い物しよう

中洲の劇場

2015年3月の記事です。

昨今、地域活性化とか少子高齢化対策とか叫ばれて久しいです。

これについて、まさに発注は最大の支援なり、と地元の中小企業設立経営者が言っておりましたが、確かに地域活性化と口では叫んでも、実際の仕事は手堅い在京ブランドに頼んでしまうというサラリーマン根性から抜けだせないように感じます。

毎日飲む好きなコーヒーすら、海の向こうのシアトル系コーヒーチェーンばかりで「喫茶」しては勿体無いというものです。

もちろんブランドの安心感のなせる業で、ある程度のお金を出せば一定の品質のものが確かに手に入るのですが、自分の眼と耳と舌を信じるならば、チェーン展開などしていなくても地元のおいしい喫茶店を幾つか行きつけにするくらいすぐできるはずなのです。


何でもメジャーブランド(ナショナルチェーン)ではつまらない



それを、日用品であればあるほど手っ取り早いから何でも全国規模のコンビニチェーンで買い求めてしまうから、地元や地域がそうした大手の草刈り場となり、釣果(超過)収益は他の地域での新規出店の種銭になったり、はるか遠くの「本部」のブランド維持のためのいろいろな経費に取られてしまうのです。

地元の仕事は地元に回して、地元の雇用として地元の経営者の収益にしたほうが、結局彼らは主要には地元で消費しますから域内での総リターンも大きくなります。

一儲けしてもらったら、中洲あたりで夜の経済活動も盛んにしてくれるかもしれません。

要するに金持ちのお金を回さないと経済回っていかないということですが、回転ドアのように発注者と受注者が入れ替わり立ちかわりするような、そのようなオープンでありながらもがっちり閉じた経済構造が今までの何でも世界展開グローバリズム経済を超えた先にあるような気がします。

儲けていませんが早速夜の経済活動には改めて勤しみたい筆者からは以上です。

(平成27年3月14日 土曜日 最終更新:平成28年3月14日 月曜日)

2015年3月13日

キーボードはパンタグラフからバタフライに変わって進化していくのか


バタフライ方式(Appleページより)

2015年3月の記事です。

使いやすいキーボードの話です。

米アップル社が節目で行う新商品説明会で、2015年に新しいMacBookが説明されました。

ノートパソコンの世界で、スタイリッシュで洗練されたシンプルなデザインで人気を博している同シリーズですが、今回は画面ディスプレイのクリアさなどより筆者が注目したのはキーボードの改良です。

キーボードは、これまで「パンタグラフ」と呼ばれるX型の「受け」でキーを支え、指で押し下げるとXがたわんでボタンを押してキーが打たれたことを認識するという方式が主流でした。

ここに、アップル社は改良を重ね、いわば∨の字が開く形、名づけて「バタフライ」を完成させ実機に投入したのです。


XのパンタグラフではなくVのバタフライ


これにより、押し下げるキーを大きくすることができ、打感も向上、キーボードの打鍵認識も大幅に向上した上で、キーボード全体部分の薄さを追求できたようです。

アップル社によれば、新しいバタフライメカニズムのキーボードは従来よりも4倍安定しており、40%も薄くなっているとのことです。

更に表面積は17%大きくなっていることでタイプミスも減らすことが可能になります。

確かに、X型よりも∨字のほうが、使う「厚み」を削減できそうです。

何しろちょうつがい(蝶番)になるところが底のところになるV字と真ん中にあるX字では、その発想から違います。

飽くなき技術の追求、アップル社はソフト開発も優れていますがやはりものづくりのメーカーなのだと再認識いたしました。

Macいいよねといいながら、実はMac機は持っておらず、相変わらず時代遅れとなったネットブックブームで購入したAcer製ウィンドウズパソコンでこれを書いております筆者からは以上です。

*その後新しいMacbookを購入しました。

(平成27年3月13日 金曜日 最終更新:平成28年3月13日 日曜日)

2015年3月12日

将棋のプロの対局でも「二歩」で勝負が決まってしまうことがあること

左が勝った行方八段 右が負けた橋本八段

2015年3月の記事です。

将棋のプロ棋士といえば、半年にたった2名しか誕生しない(年に2回の三段リーグを行い、原則としてそこでの上位2名が四段となりプロ棋士と呼ばれる)、究極のいわゆる「頭の良い人」たちの集団です。

日本には、現在160名ほどの将棋のプロ棋士がおります(別途囲碁のプロ棋士もいます)が、その中でも名人という棋界の頂点に君臨する棋士と、その挑戦者の座をかけて争うA級順位戦を戦う10名は、まさに宇宙人といってもよい頭脳と体力精神力を持ち合わせている、常人には理解できない思考を持っております。

はっきり言いますと変態です。


そんな人たちでも人間だからポカミスはある


さてそんなA級リーグにかつて所属していた若手有望株の橋本崇載(はしもとたかのり)八段(2015年3月現在B級1組)が、公式戦「第64回NHK杯テレビ将棋トーナメント」の準決勝で、禁じ手の「二歩」を犯して反則負けするという珍事がありました。

打った瞬間、打った方も打たれた方も、一瞬の沈黙の後頭を抱えたといいますから、よほどの衝撃だったのでしょう。

これではどちらが勝ったのか負けたのかわかりません。

「勝った」行方尚史(なめかたひさし)八段(2015年3月現在A級在籍)も、こんな手で勝つのはプライドが許さないといったところなのかもしれません。

如何に天才といえども人間のやること、この人間同士の真剣勝負は本当に面白いものです。

天才かどうかはわかりませんが、そろそろ本気出したい筆者からは以上です。

(平成27年3月12日 木曜日 最終更新:平成28年3月12日 土曜日)

2015年3月11日

トーナメントにおける裏優勝という秀逸な制度があったので紹介します


福島 白河 表郷

ワールドカップのグループリーグのように、総当り方式にしないとすべてのチームが均等に試合ができるのは難しいと思っていましたら、裏優勝トーナメントという面白いトーナメント方式がありましたので紹介したいと思います。

例として適当な8チーム制で解説します。8チームがそれぞれ1回戦を戦います。勝った4チームは準決勝に進み、負けた4チームは、裏トーナメントに回ります。

裏トーナメント準決勝を勝ち上がった2チームで「裏優勝」をかけて戦い、勝ったほうは裏優勝、負けた方は裏準優勝と呼ばれます。

この点、5位決定戦などといった野暮な呼び方をしないところがミソです。

実際、本当の実力で1番めと2番めのチームが運悪く1回戦で当たってしまい、2番めのチームが負けた場合、あといくら頑張っても5位にしかなれないと思うより、裏優勝を狙うとしたほうが少なくとも筆者のような者にはモチベーションが上がります。


もちろん表優勝を狙うチームはアドレナリンが出る



「表優勝」を狙える準決勝出場の4チームについては、通常通り、勝った者同士で決勝戦を戦い、負けたもの同士は3位決定戦を戦えばよろしいです。

ワールドカップにおいては3位決定戦の存在意義というのが話題となることはありますが、少なくとも少年サッカーや少年野球といった世界でこのような議論になることは少ないです。

3位を狙うというのは十分アドレナリンが出るものです。

さて、2連敗してしまった2チームが最後に当たるのは何と呼べばよいでしょうか。最下位決定戦と呼ぶのは適当ではない気がします。

初勝利争奪戦とでも名付ければよいかもしれません。

良いアイデアをお待ちしております。

そして3連敗してしまったチームも、次は初勝利と願えばよいわけです。

これで8チーム全てが3戦することができ、3勝が1チーム、3敗が1チーム、あとは勝ったり負けたりということになります。

応援で声が枯れております筆者からは以上です。

(平成27年3月11日 [東日本大震災の日]水曜日 750記事め 最終更新:平成28年3月11日)

2015年3月10日

メジャー帰りではない現役メジャー仕様の黒田投手を広島が獲得した話

広島東洋カープ

2015年3月の記事です。

2015年シーズンから広島球団に改めて入団した黒田投手がオープン戦で登板し、打者13人を39球で「料理」するというパーフェクトピッチングを披露しました。

簡単にツーストライクに追い込んで、得意のスプリット(落ちる球)やフロントドアといわれるツーシームのシュート球など、得意な武器を駆使して凡打もしくは三振の山を築いたわけです。

驚きなのは、そのコントロールの良さです。

実に39球のうち、ボール球は9球のみ、そしてそのボール球も非常にくさいコースに決めてきますので、見逃すことができずつい手が出てしまいます。

プロの打者相手に簡単にツーストライクまで追い込むというのは、相当のマウンド度胸と練習の積み上げによる精密な投球のなせる業です。


緻密な投球と絶妙なコントロール


ペナントが始まってどのような投球を見せてくれるか、今から楽しみです。

メジャー帰りではない、メジャー仕様「8年目」の黒田投手擁する広島球団に、今年も注目していきたいと思います。

黒田投手と同い年の筆者からは以上です。

(平成27年3月10日 火曜日 最終更新:平成28年3月10日 木曜日)

2015年3月9日

固定資産税は「年税」であることで発生するどちらが負担すべきかの議論


めんべい

固定資産税は年税といいます。

例えば、Aさんが平成25年11月に自己所有の土地及び家屋の売買契約を締結し、平成26年3月には買い主への所有権移転登記を済ませました。

平成26年の固定資産税は誰に課税されますかといいますと、満額Aさんということになります。

固定資産税とは、毎年1月1日現在、土地登記簿又は建物登記簿に所有者として登記されている人に対し、単に固定資産税を課税することとなっています。

ここで、単に、とわざわざ書きましたのは、そもそも固定資産税には、何年度分といった期間の概念はなく、言ってみれば、1月1日の瞬間に所有者であった人に満額が一気にかかるものというものなのです。

なので、翌日にはもう売りましたよ、と言っても国は許してくれません。

逆に前年12月31日まで持主であっても、当年1月2日から所有者であっても、とにかく1月1日時点で所有者でなければ固定資産税はかかりません。

国は、粛々と1月1日の所有者から固定資産税を徴収します。

ただ、それでは民間の商取引ではあんまりです。

まさにロシアンルーレットのようなものなので、本来瞬間税とも言えるこの固定資産税について、無理やり期間の概念を入れて、例えば平成27年1月1日時点に請求された固定資産税の期間を平成27年1月1日から12月31日と決めて、その期間の按分で実質的に固定資産税を分担するのが通常です。

かような経緯の帰結として、本当は当事者間でどのようにも決められるのですが、一般的に期間の始期を1/1すなわち年にするのか4/1すなわち年度にするのか議論があります。


年の初めは1月1日だから1月始期にしたほうがわかりやすい



この点、そもそも期間概念がない税金ということである以上、筆者はわかりやすく1/1始期を取るのが通常かと思います。

最近では、このような税負担をめぐるトラブルを防ぐため、誰がどのように負担するか売買等の契約書に明記するようになりました。

同じようなものに、車の車検がありますが、これは現在の所有者が一括して払うようで、中古車売買の際には、車検の残り期間の価値も含めた売買価格になっているようです。

このように、たまには細かい考察もいたしますが、出張のお土産を買い損ね、東京のお土産を東京の人に、博多のお土産を博多の人に配ることになります筆者からは以上です。

(平成27年3月9日 月曜日 最終更新:平成28年3月9日 水曜日)

2015年3月8日

ここで1問頭の体操クイズをやってみましょう(文系的な問題編です)


小学校高学年向けの頭の体操、次は漢字を使った問題です。

香川→静岡→秋田→水戸→栃木→金沢→?→(「香川」に戻る)

ときて、?に入るのは、①北海道、②宮城、③沖縄 のどれか、という問題です。

こういうのは、相手が小学校高学年ということですから、県名なのか県庁所在地の都市名なのか、といった小難しい大人の論理で解こうとすればするほど、本来の解法から離れていってしまいます。

更に、示されている県名都市名が日本列島のどの辺に「分布」しているか、などと考えだすと、まさに出題者の思う壺、迷路に入ってしまいます。


7回で繰り返すものは何か



これは、7つの言葉が周回しているもの、と気づくか、水戸と栃木に、「水」「木」という言葉があるか、そのどちらかに気づけばほぼ解けたも同然です。

この直感が大切です。

7つで繰り返す、もしくは水木と続く、ということで、一週間の曜日、日月火水木金土が順に含まれている、そして、?は土ですから、土へんがある宮城が正解ということになります。

水木なので、水木しげるかな、などと考えてしまい回答に極めて時間がかかった直観力のない筆者からは以上です。

(平成27年3月8日 日曜日 最終更新:平成28年3月8日 火曜日)

2015年3月7日

ここで1問頭の体操クイズをやってみましょう(理系的な問題編です)



最近の小学校高学年では、
授業に関連していわゆる
頭の体操クイズ的な問題も
出るようです。
教養の一環でしょうか。

家に持ち込まれた
そのような問題を、
大人気なく解いて
親の威厳を示しておきました
のでここにご報告しておきたい
と思います。

まだまだ筆者の脳も
活性化できるようです。

水が5L入る容器と
3L入る容器がある。
この2つだけを使って
4Lの水を得よ。

という問題です。


理系的に解いてください



半分傾けて1.5Lと
2.5Lを作り出して
双方足せば良いじゃないか、
と最初に言ったのですが
文系的なので
それは駄目だと
言われました。

だったら表示する容器の
形をかような円筒形にせずに
壺形のような不定形に
しておくのが出題者側の親切と
いうものでしょう。

といった前段やり取りはさておき、
威厳を示すべき親としては、
0回目として5L3L容器とも
空の状態から、1回目として
5L容器に満タン5Lの水を入れ、
2回目にその5Lの水を
3L容器に移して、
5L容器に2L、3L容器に3L
という状態にして...
と順番にしていけば、
6回目にして4Lが出現致しました。

さて親の威厳は示せましたが、
夫の威厳は地に墜ちて
おります筆者からは以上です。

(平成27年3月7日 最終更新:平成28年3月7日(月曜日))




2015年3月6日

ポール・アレン氏フィリピン沖シブヤン海にて日本の戦艦武蔵を発見ス

艦橋?(ポール・アレン氏ツイッターより)


米国マイクロソフト共同創業者の大富豪、ポール・アレン氏が、自身の潜水艇搭載の巨大ヨット「オクトパス」にて戦艦武蔵らしき船体を発見したとの報が飛び込んできました。

昭和19(1944)年10月24日、武蔵はフィリピン中央部シブヤン海で米軍機の猛攻撃を受けました。

実に魚雷20本を両舷に受け、直撃爆弾17発、至近弾20発以上にまみれても進み続けましたが、ついに夕方19時30分過ぎ、総員退艦が告げられた後沈没しました。

フィルピンのレイテ湾に向かう為ルンガ湾に集結した栗田艦隊において、武蔵の舷側はひときわぴかぴかに輝いていたと言われます。

なぜ目立つ塗装をわざわざ出撃前に施したのか、武蔵の猪口艦長が命じたものと言われますが、確かな理由はわかりません。

敵戦闘機に視認されその攻撃を一手に引受けたいという意図であれば、他艦にもそれを勧めたのと一致しませんし、防燃剤としての役割もそんなに期待されなかったと言われます。

そもそも、敵戦闘機に視認されにくいことを意図したいわゆる「航空迷彩」がほとんど意味をなさないことは、いくら甲板を黒に塗ろうが、航行中は航跡の方が目立ってしまい、どんなカモフラージュをしても役に立たないと筆者の死んだ爺さん(航空隊整備兵)も言っておりました。


沈めた国の人が探しに来た



ともかく、まさに死装束に着替えて出撃していった武蔵ですが、まさか自分を沈めた米国の人間たちが自分を探しに来るとは思わなかったでしょう。

艦と共に猪口艦長以下千人もの乗組員も眠る巨大な墓標ですから、しっかりと供養したいと思います。

よくぞ見つけてくれました。

戦後70年の節目の今年、このような発見がなされたことに感慨を覚えます。

こちらからは以上です。

(平成27年3月6日 金曜日)

2015年3月5日

アクセスの良い空港機能の充実がこれからの都市圏を強くするという話

サロンパスが目立つ市内空港です

空港が市内にあるというのは大変便利です。

筆者の知る限りでは、日本国内では福岡空港と那覇空港が、都心へのアクセスの容易さから国内屈指の便利さを誇っていると思います。

とりわけ福岡空港においては、地下鉄でわずか2駅で玄関口である博多駅に到着してしまうという、劇的近さが都市機能の魅力向上に一役買っています。

世界的にも、シンガポールのチャンギ空港、ロンドンのヒースロー空港、ニューヨークのJFK空港などに比べても、その近接性と至便性は特筆されて良いと思います。

空港が近くにあると、建物の高さが航空法により制限されますので、福岡においては都心でもビルがそんなに高くありません。

札幌や仙台に比べるとその違いがよくわかります。

騒音もあります。


それでも空港の便利さには代え難い



こうしたマイナス面もあるものの、やはり普段から空港を利用する皆さんには、近くていいねと概ね高評価です。

そんな福岡空港ですが、過密発着が常態化しておりまして、今般、1本しかない誘導路で航空機が故障してしまい、自力走行できず立ち往生してしまい、滑走路自体を一時閉鎖しなければならない事態に陥ってしまうこともあります。

年間発着数が何と年に16万回以上と、通常の運行でも遅延や待機が常態化しています。

便利な反面、運営面での脆さが露呈した形です。

航空アクセス機能は今後の都市発展と魅力向上にますます不可欠なものとなっていくでしょう。

知恵と我慢で、よりよい解に向かいたいものです。

アメリカ横断ウルトラクイズに憧れておりましたが、実はロンドンにもニューヨークにも行ったことのない筆者からは以上です。

(平成27年3月5日 木曜日 最終更新:平成28年3月5日 土曜日)

2015年3月4日

直感(第1感)を大切にするのは非常に合理的な選択であるということ

裁判所(大阪高等裁判所)

筆者は大学時代に刑事訴訟法を研究するゼミ(講座)に所属しておりました。

刑事訴訟法とは、刑法典に書いてある各種の「罪と罰」を、どのような手続きを経て「決定」し、それを「執行」するか、の一連の流れのうち、「手続き」にしつこくフォーカスしたものです。

すなわち、罪の認定は捜査機関(警察組織や検察官)が挙げてきた証拠に基づいて、検察官の起訴によって始まる刑事裁判によって、裁判官のみが行うこととされております。

有罪とか無罪とか、それを決めることができるのは日本においてはその裁判における証拠と双方の主張を吟味した裁判官のみとされているのです。

その裁判を仕切る裁判官が、「通常人なら誰でも疑いを差挟まない程度に真実らしいとの確信を得る」に至った場合、裁判上で「再現」された事象は、事実として認定されるのです。これを事実認定といいます。あったこと、もしくはなかったことになるというわけです。


逆に言えば真実らしい確信ない場合は認定されない


逆に、裁判官の心象として、疑いを差挟まない程度に信じるらしいという確信までは至らなかった場合、(犯罪)事実としては認定されません。

疑わしきは罰せず、というわけです。

この点、繰り返して申し上げますが、裁判で再現される事案は、自然科学の用いる実験に基づくものではなく、人間社会、なかんずく社会科学で用いられる歴史的証明なのです。

二つは、明確に違います。

真実そのものを目標とするにあらず、歴史的証明として真実であろうことの高度な蓋然性(人々からの信用みたいなもの)を追求するたぐいのものなのです。

したがって、通常人なら誰でも疑いを差し挟まない程度に真実らしいという確信というのは、いわば裁判官も当然具有している、一般人としての「直感」に似たものであることになるのです。

ということで、厳格な日本の裁判制度においても、直感の持つ有用性が触れられている以上、我々の生活においても、ぐちゃぐちゃと理屈をこね回す前に、もっとシンプルに、直感に従って行動したほうがうまくいくのではないかと思います。

ゼミの成績は直感に従い「可」スレスレだった筆者からは以上です。

(平成27年3月4日 水曜日 最終更新:平成28年3月4日 金曜日)

2015年3月3日

鉛筆の三菱はいわゆる重工業とか銀行とか商事とかいう三菱とは違う話

uniの鉛筆

鉛筆から飛行機にミサイルまで、何でも作っているスリーダイヤの三菱グループという言葉がありますが、これは厳密には正しくなく、ある意味正しいと言えます。

実は、小学生なら必ず毎日使っている「鉛筆」の国内最大手メーカーである三菱鉛筆は、三菱重工業や三菱商事、三菱東京UFJ銀行といったいわゆる三菱グループとは完全に独立した会社なのです。

三菱鉛筆でピンと来ない方も、uniという商標のあるエンジ色の鉛筆なら見たことがあるのではないでしょうか。

uniとは「単一、唯一」といった意味のある英語の接頭詞で、これは比類なき商品の品質を表したものということです。

企業名のみならず、スリーダイヤのマークまで同じものを利用しているので、しばしば混同されます。

実は、いわゆる大きい方の三菱グループ側からグループ入りの打診もあったらしいですが、それを丁重に断り今に至るそうです。


三菱鉛筆をわざわざ紹介する三菱グループ



そうして、断られた三菱グループのウェブサイトでは、三菱鉛筆のことをQA方式で、「いいえ、三菱鉛筆株式会社は三菱グループ企業ではありません」と明記し、わざわざ三菱鉛筆の公式サイトを紹介しています。

寄らば大樹の陰とはいいますが、独立を選択した三菱鉛筆を見習って尖って頑張りたいと思います。

などといいながら少しこすれただけですぐ丸くなってしまう弱い筆者からは以上です。

(平成27年3月3日 火曜日 最終更新:平成28年2月24日(水曜日))

2015年3月2日

今や難しい金融用語となったスワップ取引について超簡単に解説します

桂浜 坂本竜馬像

花粉舞い散る空高き青空の下、皆様いかがお過ごしでしょうか。

大変よい天気ですが、俄然飛散する花粉の仕業で鼻の下から大洪水の筆者です。

同時に受験シーズンも大詰め、全国の受験生の皆さん、是非体調万全で臨まれることを祈念致します。

さて、金融用語で金利スワップとか通貨スワップとか呼ばれるものがありまして、何だか複雑なものだと思われている人も多いと思います。

これについて、ある大学受験生が行った行動がまさにそれに当たるものだったので紹介したいと思います。

ある都市圏に在住している受験生が、域外の別の都市圏の大学を受験するために会場に向かいました。

新幹線を降り、在来線に乗ったところ、使っていたICカードがその在来線では対応しておらず、やむなく現金を使ったところ、会場までの片道分しかなかったのです。

無事試験会場にはたどり着き、午前の試験を終えたのですが、このままでは帰れません。


ここで彼はとっさの提案に出た



そこで、彼は昼食時間にあたり、同会場の隣の受験生に声をかけ、昼食の弁当や飲み物をコンビニで一緒に買い、支払いはICカードでやるので、その分の現金をもらえないかと持ちかけたのです。

無事、二人でコンビニで買い出しを済ませ、残額十分のICカードから二人分の弁当代がめでたく拠出され、彼の手元には帰りの在来線切符代が残ったというわけです。

財布に十分なお金を入れておけ、というのはともかく、ここでとった彼の行動は見事だったと思います。

まさに、これこそ、ICカードという「電子通貨」と日本円現金という「通貨」を文字通り「等価交換(スワップ)」したスワップ取引と言えるのです。

金利スワップは同様に、「等価」とみなされる変動金利と固定金利を交換するもの、通貨スワップは同じく、例えばドルと円を交換するものです。


スワップとは単に交換という意味



単に交換するだけですと、それは外国為替取引となりますので、時間的概念を取り入れ「異種通貨間での将来の金利と元本を交換する取引」と説明されます。

日本で最初のスワップ取引といえるのは、幕末の亀山社中の若き坂本龍馬が、薩摩藩名義で長州藩の軍艦や武器を購入する一方、兵糧米が不足していた薩摩藩に長州藩が米を提供することに自らが一肌脱ぐという和解案を提案し、薩長同盟につなげたこととも言われております。

現金不足のときには飲み会を開き、カードで一括払いをして、現金を集めて急場を凌ぐ、かような信用取引を行いかえって債務を増大させております筆者からは以上です。

(平成27年3月2日 月曜日 最終更新:平成28年3月2日 水曜日)

2015年3月1日

何階建ての建物までがエレベーター不要の建物といえるのか調べてみた

これはエスカレーターです


例えばマンションの501号室の人がいたとします。

このマンションの部屋にお伺いするのに、エレベーターがそもそもない、といった場合が結構あります。

つまり、地階である1階から5階まで、4階分の階段を上がっていかないといけないということになりますが、それでは、何階までのマンションならばエレベーターを設置しなくても良いのでしょうか。

この点、我が国の建築基準法には、「建築物に設ける昇降機は、安全な構造で、かつ、その昇降路の周壁及び開口部は、防火上支障がない構造でなければならない。

高さ31メートルをこえる建築物(政令で定めるものを除く。)には、非常用の昇降機を設けなければならない」と定められています。

昇降機(エレベーター)とは、まず第一に非常用として規定されているものなのです。


「何階以上」という特定はされていない



31メートルという高さ制限のみで、具体的に何階以上かは特定されていません。建物毎の階毎の天井高が違いますので、考えてみればそれも当然です。

そこで、行政指導として長寿社会対応住宅設計指針(平成7年6月23日付け建設省(現在は国土交通省)住備発第63号 住宅局長通達)という通達文書(調べました)に、6階以上の高層住宅にはエレベーターを設置するとともに、できる限り3~5階の中層住宅等にもエレベーターを設けるとあります。

また、各地方公共団体毎に、条例において5階以上を設置義務としているところもあります。

エレベーターを設置しないことによるメリットは、昇り降りで足腰が強くなるということもありますが、エレベーターの維持修繕管理費用が発生しませんので、結果マンションの共益費や管理費が安くなるということです。地階の住人と高層階の住人とで、エレベーター使用頻度を巡ってのトラブルもありません。

エレベーターのない集合住宅というものも、見直してみる良い機会かもしれません。

マンション管理士、管理業務主任者の資格は持っておりますが、そもそも足腰を鍛え直さなければならない筆者からは以上です。

(平成27年3月1日)