このブログを検索

2015年8月31日

ホームインスペクション(建物診断)というサービスが普及しつつある話




おはようございます。

2015年8月の記事です。

住宅市場の活性化のためには、公正な中古住宅市場の醸成が不可欠です。

日本においては新築主義で、住宅ローンが付される担保物件はまだまた新築のマンションや一戸建てが多いです。

中古物件になりますと、そもそも銀行などの金融機関がその中古物件にどれだけの担保価値を認めるのか、その客観的第三者的視点がそもそも存在しなかったのです。

この点、自動車やゴルフクラブの中古市場におけるものと同じような、値付けの基礎となる建物の状況診断データを積み上げるという試みが続いています。

ホームインスペクションといいまして、これは中古住宅の建物診断を行い、売り手か買い手、またはその両方に提示して、公正な売買や融資取引の参考にしてもらおうという試みです。

ホームインスペクションは、「一次診断」とも言われ、建物の外壁や基礎に不具合の兆候は見られないか、室内に雨漏りの形跡はないかなど目視で確認します。



建物についての診断報告書を作成します



こうした建物全般のコンディションを総合的に依頼者に説明する診断報告書を作成します。

また、一次診断ではわからない項目で更に調査の必要な部分には、二次診断の必要性を診断依頼者に説明し、より深度ある診断を行うことになります。例えば、配管の劣化や水漏れ箇所の特定などです。

何事も、こうした業界の基礎情報が積み上がることで、公正な市場が創出され、取引が盛んになり更に市場自体の価格決定力がついてくるのです。

写真はいろいろな種類のコーヒー豆です。

ホームインスペクターの資格を取得しましたが、なかなか自身の市場価値がつかない筆者からは以上です。

(平成27年8月31日 月曜日)

2015年8月30日

Google photoという容量無限の凄いサービスが始まったというお話




おはようございます。

2015年8月の記事です。

世の中の進歩は凄まじく、10年でひと昔という感じがします。

また一つ驚きの、グーグルフォトというサービスが始まりました。

グーグルアカウントに紐つけて、無制限に写真や動画をアップロードして一括保存できるというサービスです。

増え続ける写真や動画をどのように管理するのか、筆者も実は困っておりました。

iPhoneやiPadで撮りためた写真や、撮って貰ってCDに焼いてもらった写真データを、何ヶ月か一回にとりあえず購入した大容量ハードディスクに保存していっていたのですが、まずこのハードディスクが壊れたら元も子もなくなること、それからこのハードディスクに保存していく手間がかかることが悩みでした。

しかし、これを利用すれば、グーグルフォトのアプリを起動するだけで、原則すぐアップロードしてくれます。

また、アップロードした写真は日付順に並べ替えて表示してくれます。



とにかく写真を放り込んでおけばよくあとで検索も可能



他にも撮影位置で写真をソートする機能など、検索するための機能も盛りだくさんですので、いつしか何千枚にもなっている写真の群れの前に立ち尽くすことはなくなります。

もちろん、グーグルにはこちらからプライベート含むかなりの情報を提供することになります。

グーグルとしては、こうして集めた膨大なビッグデータを使い、また新たなビジネスモデルを組み上げようとしていることは容易に想像できます。

マーケティングのこれまでの手法を覆すグーグルの取り組みには驚かされます。

クラウドコンピューティングの先はまだまだ見えません。

ブログもグーグル製のbloggerというツールを使っておりますこちらからは以上です。

(2015年8月30日 日曜日)

2015年8月29日

ファストフードは時間貸スペースの不動産空間賃貸業であると気づいた続きの話




おはようございます。

2015年8月の記事です。

少し前に、駅前立地のファストフードは四角いスペースの場所時間貸ビジネスであるというような話を書いたと思いますが、この原則に照らすと、食べるメニューの改廃に力を注ぐのと同じくらいにその飲食環境にも気を配らないといけないということになります。

そういう方向で、最近の某最大手ファストフードは、これまで一人一人のスペースに、電源プラグを用意して、スマホいじりやパソコン電源をサポートしていたわけですが、最近の経営改革によりそのような余計なコストは削減するということで電源プラグに小さな蓋をして塞ぐといった方向になっているということを耳にしました。



全く周辺機器不要の料亭とは顧客ニーズが違う



確かに、壁掛け時計も電源も全く不要、という自信に満ちて超旨い料理を提供しているということであれば、料理に集中してもらうためにできるだけそうした無駄を排したほうがいいかもしれませんが、基本的に全世界で同一メニューを「手早く」提供しようとしているスタイルのファストフード店においては、サービスの方向性に疑問と言われても仕方がないかもしれません。

電源プラグの横に、「お使いになるのであればワンモア注文プリーズ」など書いておけば、意識あるたいていの人には「このコストを回収するには商品を注文するしかないのだな」ということくらいはわかると思いますので、かかる電源サービスを維持したいということであればそうした無理のない注文の積み増しも期待できると思います。

塞いでしまうよりよほど利用者の財布を緩める手立てのような気がします。

結局スマホの電源は切れたので本を読んだ筆者からは以上です。

(平成27年8月29日 土曜日 最終更新:平成28年8月29日 月曜日)

2015年8月28日

連接バスがいよいよ福岡にも登場しようとするらしいという記事です





おはようございます。

2015年8月の記事です。

連接バスという大規模輸送バスシステムが今注目されています。

欧北米ほか南米でも実用運行されていますが、通常のバス一つ分の後ろにもう一台のバスを幌で繋ぎ、後ろの車体を引っ張る形が主流です。

幌で繋ぎ、乗客は中を行き来できるようにしているので、混雑時にも柔軟に対応できます。



日本においては特例許可が必要



日本においては、全長12メートルを超える車体は保安基準により原則運転できないので、法律に基づく特例の許可が必要になりますが、すでに神奈川中央交通[通称かなちゅう]などでは実用化され、かなりの成果をあげているようです。

東のかなちゅうに負けじと、鎮西福岡本拠の西日本鉄道[通称にしてつ]もかなちゅう製の連接バスを試行し、当局や行政と最終的な詰めを行っているようです。

交通渋滞緩和の切り札に期待したいと思います。

そろそろ降りるバス停ですので失礼します。

バス乗り場からは以上です。

(平成27年8月27日 木曜日)

2015年8月27日

日本人の字幕文化について好きな漫画にからめて論じます

電光掲示板も字幕文化の成せる業かもしれません


おはようございます。

2015年8月の記事です。

筆者はせっかちですので、テレビ番組なども録画で見てCMや主題歌、クレジットなどを基本飛ばして観ますが、録画することでもう一ついいことがあります。

それは字幕を表示することができる番組がかなり増えてきていることです。

ちょっと聞き逃してしまうようなフレーズや言い回しも字幕を追うことですっきり理解できますし、何より洗い物をしながらや洗濯物を畳みながらであっても、とりあえず目で追っておけば字幕を頼りに番組の内容についていけるのです。

素晴らしい「ながら視聴」です。

思えば、海外の人も言っていましたが、日本人の字幕映画文化というのは世界的に珍しいものなのだそうです。

英語圏の人にとって見れば、日本で上映するには吹き替えを行わずに字幕で原文のまま流してもそれなりの集客が見込めるとのことで、これが例えば中国舞台(中国語)の映画をアメリカで上映するには最初から台詞を英語にしておくなどの吹替対応が必要だということです(レッドクリフ、という映画がありましたが、これが三国志好きならば知らないものはない「赤壁の戦い」であることを理解するのに一時の時間がかかった筆者です)。

なぜ日本にはこうした字幕文化があるのでしょうか。

思えばお江戸の寺子屋時代からの識字率の異常な高さと幼年教育の普及がベースにあって、それが昭和の漫画文化に昇華したことと関係があるような気がします。



絵と文章の融合



絵に合わせて文章を読ませ、幅のあるストーリーを紡ぎだすという手法は、手塚治虫を祖とする能や歌舞伎並みレベルの「文化創造」だと筆者は思っておりますが、これに沿って考えれば納得がいく気がします。

すなわち、絵ではなく動画になっても、台詞は字幕として残る、これが心地よいとかなりの日本人は感じるわけです。

原文が聞き取れる(英語の場合が多いでしょうが)視聴者にとってみれば、やはり原典に触れた方がちょっとした言い回しやジョークも含めて楽しめます。

英語は下手だと言われながら、その実日本人はとても勉強好きなのかもしれません。

ということで、一に国語二に国語、三四も国語で五に数学、というところが基礎勉強で、その上で英語なり中国語なりを重ねていく順番が大切なのかと思ったり致しました。

ということで、英語中国語については、「これから」勉強の筆者からは以上です。

(平成27年8月27日 木曜日 最終更新:平成28年8月27日 土曜日)

2015年8月26日

インターネットバンキングを利用できる裾野が広がってきました

通帳不要


おはようございます。

2015年8月の記事です。

筆者はその昔、シティバンク銀行と
いう洒落た外貨を扱える銀行に
口座を作ったことがありまして、
その時、いつも銀行取引を開始
した時にもらう「通帳」というものを
貰わなかったことに衝撃を
受けたことがありました。

つまり、この銀行は、
Web口座で残高や
入出金確認をしてもらい、
あくまで紙で郵送される
書類は取引の確認のための
最低限度のもので、
通帳を発行せずに、
現金の入出金は
キャッシュカードを使って
行うというスタイル
だったのです。

時代は下りまして、
20以上ありました日本の
大手銀行は大まかに
3つの巨大銀行グループに
「再編」されましたが、
こうした都市銀行
(死語でしょうか、メガバンクとは
どうしても呼びたくないのですが)
に続き、いわゆる地域金融機関
である地方銀行や第二地方銀行
や信用金庫についても、
こうした無通帳のインターネット
によるWeb口座が
浸透してきているようです。



地方銀行も通帳なし口座の時代に



筆者も遅ればせながら、
普段使いの地方銀行の
預金口座を、通帳なしの
Web口座に切り替えてみました。

結構いい使い勝手です。
通帳がないので、通帳を
紛失することもなくなりました。

キャッシュカードと
本人を確認できる
書類があれば、
インターネット上の
ログイン情報を忘れて
しまっても預金が
消えてしまうことはありません。

また、通帳を発行しない
ことは紙の削減につながり
環境にやさしいです。

また、通帳にはそれに
記帳するという膨大な
機械投資と配置費用と
運営費用が掛かっていました。

これが削減できることは
銀行側にとっても非常に
メリットであると断言できます。

webは大変すっきりしたのですが、
口座の中身は最初から
すっきりしている筆者からは以上です。




2015年8月25日

平成27年の国勢調査(5年に1度)の時期がやってきて電子調査も始まりました

国勢調査調査票(平成22年)


おはようございます。

この記事の執筆時点は2015年8月です。

5年に1度の統計の国家行事と言ってよい国勢調査が今年の9月から本格的に始まります。

日本に住む全ての人々と世帯を対象とした全数調査でありまして、10月1日現在、日本国内にふだん住んでいるすべての人を、ふだん住んでいるところで調査するというものです。

したがって、日本に住んでいる外国人も調査の対象となります。

今回は、記念すべき20回目の実施となります。

この国勢調査から得られる様々な統計は、国や地方公共団体における各種の行政施策を立案するための基礎資料として用いられ、また国民の共有財産として研究・教育活動、経済活動など幅広い分野で利用されるものとなります。

かように大切な国勢調査ですが、調査票の回収率が芳しくなく、国は今回始めてネットによる回答方式を導入して回答率を上げたいとしています。

調査員の確保も大変ですが、それよりもプライバシーの考え方の進展により、なかなか戸別訪問では求めるべき情報を得られにくくなっているのが原因として挙げられます。

オンラインを利用した調査は、日本全国5,000万世帯を超える全世帯に対して、調査員がIDとパスワードを配布し、パソコンやスマホでの回答を促すというものです。



紙による回答を取りまとめる手間が削減されます



紙による回答を集計する手間やコストも削減でき、情報の精度も維持できる手法として期待されています。

実は、5年前の前回国勢調査時に、東京都内において試験的にネット調査を導入しています。

成果は上々で、ネット回答の割合も増えつつあるそうです。今回の全数調査では、都市部以外にどれだけネット調査が浸透するか、もう一つ注目されるポイントです。

前回の国勢調査(平成22年)では、実に全国で約70万人の国勢調査員が非常勤の国家公務員として任命されました。

統計好きな筆者からは以上です。

(平成27年8月25日 最終更新:平成28年8月25日 木曜日)

2015年8月24日

インターネットでファックスの送受信が可能になったという驚きの話

昔の家庭用ファックス


おはようございます。

2015年8月の記事です。

昭和は遠くになりにけり、ですが、ファックスはいまだにシニア層には根強い支持を得ている情報通信手段です。

メールやSNS全盛の世の中といっても、やはり紙という目に残る情報を残すFAXの利点は捨てがたいというのです。

メールをPCやスマホで読めばいいではないかといっても、特に小売店などの経営者世代である60代以上になりますと、メールはとても面倒なものだと敬遠されています。つまり、店頭に立っているのでいちいちメールなどPCで見ている暇はないというのです。

そうした取引相手を持った場合、いちいち発注やら注文やらをコンビニやキンコーズに行ってファックスサービスを利用していくのは大変です。

かといって、今さら電話回線を契約し、ファックス回線を開通して紙を用意して通信するのも手間です。

そうした方々のニーズを捉え、月額いくばくかの料金で、クラウドでネットファックスができるサービスが出てきています。

ファックス番号も取得できます。

受信はとても簡単です。

相手が自分の「ファックス番号」にファックスを送った場合、自らが登録した電子メールのアドレスにPDFファイルが届くだけです。

こちらからの「ファックス送信」も、ネット専用ページにPDFファイルをアップロードするような感覚で、が手軽にできます。これで、電子メールアドレスを持っていない(見ない)相手に対して音声電話以外で情報を伝える有効な手段ができました。

従来ですと、ファックス専用の電話固定回線を新たに引いてFAX番号を取得し、電話機とファクシミリとの複合機の導入が必要でした。



PC接続は大変面倒なことでした



PCに接続するならば、さらに専用のアプリケーションのインストールや接続も必要だったのです。

しかし、こうしたデバイス関係も、ネット処理能力の向上とクラウド化により、PC画面の向こうですべて処理してくれる時代になりました。

便利な時代になりました。

レガシーな利用者も取り込んだ、大きな情報革命が静かに進行しているようです。

筆者も、かつて使っていたけれども壊れてしまったファックス電話兼用機以降、ファックスを使っていませんでしたが、これで新しく別の専用ファックス番号を取得することができました。

送る相手がいないこちらからは以上です。

(平成27年8月24日 月曜日 最終更新:平成28年8月24日 水曜日)

2015年8月23日

家電量販店に限らずリアル店舗のネットと店頭の一体化に光明はあるか

リアル店舗

おはようございます。

2015年8月の記事です。

(前回の続きです)店頭販売では大量仕入れの大幅値引きの一斉販売というのが、売上アップの王道でした。

しかし、ネットの世界では、残念ながら多品種少量注文の方が圧倒的に多いです。

少量なので、それを多数の顧客でまとめて安くボリュームディスカウントして買おうという別のネットサービスまで出てくるくらいです。

しかしながら、ネットでの販売価格は、リアルな広告や人件費や店舗の賃料といった固定費がかかっていないため、実はネットの方が品揃えも確かで、モノによっては安かったりほとんど値段も変わらないところまで来ていると思うのです。

ということを、ヨドバシカメラが気付いたのか、感覚で乗り出したのかはわかりませんが、徹底的に、ネットと店頭を一体化して顧客に訴求することにしたのです。

これにより、たとえば店頭で店員が必死に説明した炊飯器について、顧客はそこで買わずに(重いのかも)、ヨドバシのネットから注文したりします。

店員としてはめげたくなるところかもしれませんが、レジで買ったのとまったく同じと考えればよいのです。

しかも、家電やPC系のデバイスとかガジェットとかいうものは、やはり実物を触ったり見たりしてから買いたいものです。

いくらサイズや写真でネット上で見れても、色味や肌触りなどは実物を見ないとわかりません。

しかもその操作性などは余計にそうです。

このハイブリッド方式は、消費者にとって大きな価値があります。



ネットで検索しながら店員の話も聞けてしまう



ネットですぐ検索できる、店頭では実物が見れて詳しい店員(プロ)の話が聞ける。

このペアは最強です。

実物を見て、同じものの色違いがほしいと思ったとき、店頭には在庫がなくてもスマホで注文すれば同じのが手に入ります。

かさばるものでも大量に購入できます。

帰りの電車を気にせず爆買いできるのです。

今日、アマゾンの世界制覇をリアル店舗を持つものとして阻む最右翼が、実はヨドバシカメラになるのではないか、そしてそれはあらゆる有人店舗の関係者である、大型モールの関係者や量販店の人々に、生きる道を示しているのではないかとすら思えてきます。

リアルな書籍化にははるかに遠い零細ネット専業記事の筆者からは以上です。

(平成27年8月22日 日曜日 最終更新:平成28年8月23日 火曜日)

2015年8月22日

ある家電量販店における店頭とネットの融合による顧客囲い込み策について

家電


おはようございます。

2015年8月の記事です。

家電量販店大手のヨドバシカメラが、同社店舗の公式通販サイトである「ヨドバシ.com」での売り上げを順調に伸ばしているようです。

それも、店頭での売り上げとの共食い(カニバリゼーション)を最小限に抑えながら進めています。

この同社の取り組みは、店頭とネットという、相反する顧客窓口の共存、融合を示唆しているのかもしれません。

同社の成功については、要するに店頭とネットというのを特に別視せず、まったく一緒という考え方の転換にその要点がありそうです。

家電量販店業界にしろ、紙面を配布している新聞業界にせよ、百科事典業界にせよ、ものすごくリアルな冊子なり辞典などを販売するというビジネスモデルが揺らいでおり、経営環境が厳しくなっています。



家電量販店という業界の転換点がきているのかもしれない



家電量販店業界についても、業界の盟主であるヤマダ電機(こちらも同業との激烈な競争の中で今の地位に上り詰めました)ですら、一気に数十店舗の閉鎖に踏み切るなど、量販店という商売道具自体が転換点を迎えています。

量販店での商品が安いのは、ばら売りせず、大量の商品を仕入れて、大量に広告投下して一気に売り切るというやり方でした。

店頭に並べるのは、そうしたすぐ売れる旬の売れ筋商品であり、季節によって注力するものが全然違うというのが当たり前でした。

…続きが長くなりそうなので次回に譲ります。

(平成27年8月21日 土曜日 最終更新:平成28年8月22日 月曜日)

2015年8月21日

包丁やナイフをいつもシャープに切れるように手軽に研ぐ方法を紹介します

ステンレス包丁と鋼の包丁と湯呑



おはようございます。

2015年8月の記事です。

なまくらな包丁というのはいざ切ろうとするとうまく切れずにいらいらするどころか、変な力がかかったあげく思わぬ怪我をするもとにもなるので、できるだけシャープに研いでおきたいものです。

しかしながら、本格的に包丁を研ぐというのはなかなか骨が折れるものでして、たいていホームセンターやスーパーのそばでやっている「包丁研ぎます」サービスに、広告用紙に包んだ包丁を持って行って研いでもらっておりました。

また、研がなくてもよい包丁として、最近出ているセラミックスの包丁も試してみたのですが、結局鋼やステンレス製のものと違って「欠け」てしまったので、それ以上使えなくなってしまいました。



手軽に手元にあるものでとりあえず研ぐ



そこで最近たどり着いたのが、茶わんや湯呑の底で研ぐという簡易的な方法です。

なかなかうまく研げる「底」が見つからなかったのですが、先日大分県日田市に行った際に買い求めた小鹿田焼(おんたやき)の湯呑の底がいい塩梅でしたので、最近はこれで研ぐようにしています。

研ぐといっても、洗い物をするついでに、水をつけてしゃっしゃっとなでるように刃を当てるだけです。

これだけで結構切れるようになります。

頭の方はなかなか切れないなまくらな筆者からは以上です。

(平成27年8月21日 最終更新:平成28年8月21日 日曜日)

2015年8月20日

週休3日の労働環境を考察した結果導入に踏み切った小売業態の話

ファースト


おはようございます。

2015年8月の記事です。

少し前に、本稿においても触れたことのあります多様な働き方の一つの帰結として、実際の大手企業が週休3日の導入に踏み切りました。

衣料小売大手のファーストリテイリングは、2015年10月には週に4日働き3日休むという週休3日制を国内の従業員のうち1万人を対象に行うと発表しました。

週休3日といっても、1日分の給与が減ってしまってはあまり意味はないのですが、そうではなく、1週間当たりの給与は変わりません。

1日8時間の勤務時間を10時間に延ばすことにより、1週間の労働時間40時間は確保できるのです。

もちろん、法律上は変形労働時間制と言われる労働形態を採用するために就業規則や労使協定といった制度面の手当てが必要になってきますが、やればできるということです。



土日の方が大変だという特徴のある職務環境



小売業を生業としている同社としては、いわゆる土日祝日のほうが店が賑わうのに対応する店員のシフト勤務が確保しにくいといった潜在的な課題があり、逆に10時間のまとまった労働時間を確保することによる利点もあって今回の導入を決めたということなのでしょう。

また、特に介護や子育てといった働く環境の変化によるスキルアップした社員の離職を防ぎたいという雇用主側の事情もあるようです。

ファーストリテイリングのファーストは、「速い提供」を意味するFASTだそうですが、今後はより一層リフレッシュした店員さんのきびきびした対応が見られるかもしれません。

「一番小売」と思っておりました、1日10時間寝たい筆者からは以上です。

(平成27年8月20日 木曜日 最終更新:平成28年8月20日 土曜日)

2015年8月19日

共働き世代の増加により夫婦控除という制度が検討されています



おはようございます。

2015年8月の記事です。

今の日本、専業主婦世帯と共働き世帯、どちらが多いかご存知でしょうか。

1980年には、専業主婦世帯は1,100万世帯を超えており、一方共働き世帯は600万世帯強でしたが、2014年の労働政策研究・研修機構のデータによりますと、共働き世帯が1,100万世帯弱、専業主婦世帯が700万世帯強とほぼ逆転しているのです。

その専業主婦世帯の税負担を軽くしている配偶者控除ですが、その適用を受け続けるために働く時間や機会をわざわざ削るというのも変な話です。

いわゆる年収103万円の壁と言いまして、それ以上になりますと配偶者控除が受けられなくなってしまうのです。

また、多数派となった共働き世帯から見れば、税制の不公平感が拭えません。

そこで、税制の大幅な改革として今注目されているのが、「夫婦控除」と呼ばれる制度です。妻、夫に対し、それぞれの収入には関係なく一定の控除を認めるという制度です。



税制面からも同棲より結婚制度を後押しするもの



これは、税制面から結婚制度を後押しすることにもなり、夫婦の働き方とは関係なくなります。もっとも、専業主婦の場合、控除枠があったとしても、対応する収入がないわけですので、その点では不利になるかもしれませんので、経過措置等の対処が必要になるかもしれません。

配偶者控除を見直すということは、日本の総世帯数5,100万世帯のうち、実に2,000万世帯に影響を及ぼす大改革となります。

働き方への影響を衡平に最小限に整えた、政治主導の税制改革に期待したいと思います。

引退後は売れない郷土歴史作家として専業主夫を模索している筆者からは以上です。

(平成27年8月19日 最終更新 平成28年8月19日 金曜日)

2015年8月18日

リクルートが在宅勤務をデフォルトにして通勤という概念を破壊しはじめた

リクルート本社


おはようございます。

この記事の執筆時点は2015年8月ですが、日本における起業人材輩出企業の代名詞と言ってよいリクルートが、全社員に対する在宅勤務を導入するということです。

子育てや介護、自己啓発といった「理由」も必要なく、全社員に対して「解禁」し、月当たりの上限日数もないそうです。

育児や介護などを理由にして、多様な働き方を可能にするという在宅勤務を認める企業は増えてきていますが、こちらは、特段の成約理由があろうがなかろうが、自ら動いて自ら売り上げを上げてもらいたいという会社側の信念と、何より従業員に対する自信と信用の表れなのかもしれません。

ただし仕事ですから、1日1回は上司への報告を義務付けるそうです。

こうすることで、余計なアイドルタイムである労働時間の削減につながり、成果は高まるという試行実験を経ての本格導入だそうです。



在宅勤務というより場所を問わないという取り組み



さらに、毎日出勤する延べ社員数も減っていくため、本社のオフィス面積を減らすなどのリストラも検討しているとのことです。

何でもやってみるべしの大きくなってもベンチャー企業の雄、リクルートは、時代の半歩先を進み続けるのかもしれません。

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」(リクルート社訓 1968年-1989年)

在宅早朝ブロガーの筆者からは以上です。

(平成27年8月18日 火曜日 最終更新:平成28年8月18日 木曜日)

2015年8月17日

そうせい候と呼ばれた長州藩藩主の毛利敬親に学ぶここぞという時の決断

伊藤博文(前の前の千円札)


おはようございます。

2015年8月の古いお札の記事です。

幕末の長州藩主毛利敬親は、家臣の意見や上申に対して、「うん、そうせい」と返答したため、「そうせい候」という渾名もある君主です。

年下の吉田松陰に教えを受けるうち、感銘を受け自ら門下になるという人柄で、藩の人々から慕われました。

一般に名君というほど、動きは派手でもなく、また独創力を大いに発揮したというわけではありませんが、おそろしく人を見る目が確かで、寛容で、物事の方向性を理解していたようで、彼の周りには、自然と藩内の賢士が近づける雰囲気があったようです。



普段は人に任せてここぞという時に決断できる人



藩政についても、普段は家臣任せであるところ、重要段階では必ず自ら決断し、その覚悟を示したと言われます。

目立たないことが最も目立つ方法というのを地で行った、実は類まれなリーダーだったのかもしれません。

彼の家臣である高杉晋作のそのまた弟分であった伊藤利助という人が、後に初代内閣総理大臣になるなど、当時の人々は(本人も含めて)思いもよらなかったのではないでしょうか。

ちなみに飲み会では大統領と呼ばれることもあります限定インフレの筆者からは以上です。

(平成27年8月17日 月曜日 最終更新:平成28年8月17日 水曜日)


2015年8月16日

2015年夏に日本を席巻した中国人観光客による爆買いという社会現象

抹茶チョコレートなどが売れているようです


おはようございます。

商売繁盛は良いことですが、一度に爆発的に売れると困るところもあるようです。

2015年の夏、中国人や韓国人が円安の日本に買い物に来て、買い物をしまくる、いわゆる爆買いとはこのようなものかと驚くことがありました。

爆買いの海外観光客が目当てにやってくる、中国資本の免税販売大手ラオックスが2015年6月期の中間決算を発表したのですが、売上高がなんと前年の2倍以上の451億円、純利益は79倍にあたる46億円となったというのです。

物販業者で純利益が10%を超えるというのは非常に稀なことで経常利益ベースで20%程度の利益率を出さなければできる芸当ではありません。



物凄い消費の波が押し寄せてきた



円安を背景に、訪日中国人を中心にした来店客が、前年の4倍となる延べ150万人まで増えたというのですが、これからももっと伸びると同社は見ています。

中国株の急落や中国の通貨元の切り下げなど、さまざまかの国の経済の悪影響も聞こえてきますが、少なくとも足元の訪日観光客の動向に変わりはないようです。

東京秋葉原のラオックス旗艦店では、一つ1,000万円するような黄金の鉄瓶(南部鉄瓶)や高額健康食品などが飛ぶように売れているようです。

時計やバッグなどの高級品の売れ行きも好調で、しばらくは10数億人の経済覚醒が怒涛のように押し寄せてくると見られます。

爆買いを横で見ながらカレー用のスジ肉300グラムを近くの肉屋で細かく切ってもらって買って帰った筆者からは以上です。

(平成27年8月16日 日曜日 最終更新:平成28年8月16日 火曜日)

2015年8月15日

WindowsXPを懐古しながら新型のウィンドウズ10を使ってみるという話


おはようございます。

2015年8月のガジェットに関する記事です。

Windows10が結構使いやすくて驚いています。

この記事もWindows8.1から10にアップグレードしたPCで「書いて」いるのですが、非常に快適です。

懐古趣味というのでしょうか、筆者がもう20年前に触れたWindows95とか98といった衝撃を懐かしく思い出しております。

あれからXPという名機で頂点を極め、全世界の人口より多くのPCというものを世に送り出し、インテルのCPUとマイクロソフトのOSを乗っけたものがパソコンの代名詞となりました。

ウィンテル体制ということで、ハードの根元を握るインテルと、ソフトの根っこを握るウィンドウズに利益の大部分が流れるというU字型モデルという説明が流行りました。

その頃は、その体制が永遠に続くのではないかと思ったものです。



盛者必衰の理は平家の世から変わらない



しかし盛者必衰の理はどの時代にも通用するもので、モバイル・タブレット端末の台頭と、ウィンドウズ自体の仕様の迷走により、長らく混乱の時代が続いたと思います。

Meとかビスタとか、いろいろなエディションが出ては改良され、結局オールドユーザーはXPから乗り換えてくれないというジレンマです。

セキュリティ対策が喫緊の課題となり、いくらパッチファイルを当てて補強しても、もともとのソースが古すぎるXPをここまで引っ張らせてしまったのはマイクロソフトの大きな成功である半面失敗でもありました。

大きすぎる成功は、将来への足枷となる。

となれば逆に大きすぎる失敗は将来への大いなる教訓となるのではないかなどと思ったりしました。

今日は終戦記念日です。

こちらからは以上です。

(平成27年8月15日 土曜日)

2015年8月14日

投資を始めるにあたってまず考えておくべき原資産について




おはようございます。

2015年8月の記事です。

さてそろそろ投資を始めようかと考えた初心者の皆さんの中には、株式投資にしようか、FX(外国為替証拠金取引)にしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかしそもそも株式投資とFXとは何が違うのかと、今更聞けない方々のためにここで少しご説明いたします。

まず株式投資とは、株を発行している株式会社およそ数千社の中から(日本、アメリカなど)、投資する企業を決めて株を売り買いして、その売買益や配当金を狙うものです。


一方FXは、世界各国で使用されている20種類ほどの通貨を売り買いしその売買益を狙うものとなります。


FXが初心者向きだと言える点は、ネットで24時間取引が出来ること、変動が比較的緩やかで大きく損をするケースが少ないこと、それから何よりその通貨を使用している国がなくなり通貨が使われなくなったりしない限り、投資の全額を失うことはないということです。




儲けは少ないが損失も少ないと見込まれます



儲けは少ないが損失も少ないという点が、投資をする初心者向きだと言われている理由です。


具体的に考えてみますと、今日、1ドル100円だった通貨が、1年後に1ドル1000円になっていて大儲けできた、ということにはなりにくいです。


逆に1年後に1ドル10円になっていて大損したということもあまり想定できません。

株式会社の世界ならばこの位の価格変動はざらにあります。

というように、投資については何を対象にするか、その原資産を定めることがまず重要ということになります。

投資は下手な筆者からは以上です。

(2015年8月14日)

2015年8月13日

「質より量」才能ある人のすさまじい努力を定量的に見てみようという話



おはようございます。

2015年8月の記事です。

漫画の話です。

手塚治虫が書いたのが10万ページ。

石ノ森章太郎が書いたのが13万ページ。

「こち亀」160巻まででだいたい3万ページ。

ということらしいです。



すごい才能の物凄い創作量



もともとものすごい才能がある人が、これだけの「量」を叩き出すわけです。

「質」とか言ってられません。

物凄い「量」です。

才能のある人の努力は凄まじいです。

両人とも、太く短い人生だったが、後悔はないと思われます。

太く短い飲み会人生を送っております筆者ですが以上です。

(平成27年8月13日 最終更新:平成28年8月13日 土曜日)

2015年8月12日

ラップで掃除するという発見で洗面台も風呂場もやってみる




2015年8月の記事です。

サランラップで油汚れが取れる
ということを「発見」したことを
先の記事でお伝えしましたが、
さらに進んでレンジの中や
洗面台、風呂場にも突入して
みたので続きをレポート
したいと思います。

まずレンジです。
これは飛び散った食材や
脂分がくっついているの
ですが、例えば強力クレンザー
などをふりかけて洗うのは
気後れするところ、
このサランラップクレンザー
は、水しか要らないので
そのような食品が洗剤に
触れてしまうのではという
不安もなく思い切り
ごしごし洗うことができます。

みるみるうちに脂分が
サランラップに乗り移ってきます。
サランラップはくすんできて、
なんだかボロボロに
なってくるのです。

ごみ成分を取り込んで
崩れやすくなっているのでしょう。
適当なところで切り上げて
別のサランラップを用意します。
どうやら一定の不純物を
取り込むまでの洗浄能力のようです。



続いて風呂場にも行きます



続いて風呂場にも行きます。
風呂の隅の黒ずみなどが
みるみる取れます。
しかし汚れるのも早いです。

洗面台やレンジの中よりも、
体の垢がこびりついている
風呂場の汚れのほうが
ずっと厄介なのでしょう。

こちらはお風呂の洗剤を
ふりかけながら洗います。
すぐボロボロになりますが、
もともと使い捨てのラップです
から遠慮なく使います。

特に専門の清掃業界で
言われる金属部分
(蛇口やシャワーヘッドなど)も
ピカピカになりました。

結果、10分もしないうちに
床も風呂釜もきわめて
綺麗になりました。
前職ビルメンテナンス会社の
筆者からは以上です。

(平成27年8月12日 最終更新:平成28年8月12日 金曜日)

2015年8月11日

2015年からのPCのOSスタンダードになるであろうWindows10

さあ新しい世界へ


2015年の8月です。

Windows10が発表されてしばらく経ちました。

新しもの好き(安いかただであるものに限りますが)である筆者も、早速手元のWindows8.1で動いているPCを、無償アップデートしてみました。

OSのアップデートには時間がかかります。

まずプラウザからマイクロソフトのページを検索して、Windows10の特設ページを探し当て、そこからアップグレードのツールファイルをダウンロードして、いよいよ起動させます。

見事に処理が始まったようです。

しかしここから長いもので、結局一晩かかりました。

翌朝、インストールが完了し新しく生まれ変わった自分のPCを使ってみました。

第一印象としては、Windows定番のスタートボタンが復活し、まるでXPの時代に戻ったようななつかしさでした。

実は、WindowsのOSシェアは、そのシェア自体がモバイルOSの台頭と世界制覇により徐々に縮小していますが、その構成においても、二世代前のWindows7が約半数を占め、サポートを終了している数世代前のXPですら未だ2割強ののシェアを持っているといういびつな構造になっているのです。



まだまだ現実にはXPが現役だったりする世界



10以前の最新OSである8や8.1のシェアは、二つ合わせてもXPに届かないのです。

昭和のチームの実績に、平成の最新理論で鍛えたチームが勝てないのです。

この状況に危機的な衝撃を受けたマイクロソフト経営陣は、起死回生の策として、7以降のOSを10に(1年間限定ながら)無償でアップグレードできるようにすることで、一気に最新OSのシェアを回復させようとしています。

Windows10の使用感ですが、名機として名高いXPやその正当な後継としての地位を確立している7のユーザーインターフェースを踏襲し、クラシックな仕上がりとなっているようです。

全画面表示やカーソルを右下にそっと置くと突如あらわれる「チャーム」といったどちらかといえば不評だった8の機能は大幅に刷新されています。

一説には、9を出さずに10にしたわけは、8の後継ではなく、一気に10にすることで、不振が続くWindows 8/8.1からの巻き返しを図るだけでなく、Android・iOSに大きくリードを許しモバイルOS市場で出遅れたMicrosoftが起死回生の大挽回を果たす、という強い意志に表れであるということです。

さらに、9と言えばかつての名機95や98を思い浮かべてしまう人も多く、コンピュータ自体もそうした古いOSと誤認識してしまう可能性も捨てがたいということらしいです。

Windowsトップは、「seven ate nine」(9は7に食われた(8とateは同じ音))。

とも言ったらしいです。

こうした冗談が言える間はまだガッツは失われていないと思います。

Windows頑張ってほしいです。

とにかくキーボードとXP画面に慣れている昭和世代の筆者からは以上です。

(平成27年8月11日 火曜日 最終更新:平成28年8月11日 木曜日)

2015年8月10日

サランランップで台所のコンロやシンクを見違えるようにきれいにする方法

コンロがきれいに


おはようございます。

2015年8月の記事です。

料理の腕がなかなか上達しない筆者ですが、食べ終わったものの片づけはある程度できるようになってきました。

これは仕事と一緒で、稟議書を作って決裁を取って、必要な支払い事項を帳票に仕立てて経理に回す、といったサラリーマンがよく行う仕事に似ているところがあるからかもしれません。

洗って、拭いて、乾かして、食器棚に仕舞う、という分けてみればそれぞれの作業は大して難しいものではありません。

困難は分割せよ、という言葉もありまして、筆者は困ったときはこの言葉を思い出してつぶやいて立ち向かっております。

さて、余った食材を冷蔵庫にとりあえず入れておくために多用し、皿にかぶせる透明な食品包装用ラップフィルム(商品名としてはサランラップとかクレラップなど)がありますが、この意外な再利用法を知りました。



サランラップで手軽に掃除ができる



そのまま捨ててしまうのではなく、くしゃくしゃにしてちょっと水をつければ、キッチン洗浄スポンジに早変わりするのです。

今まで、シンクの中や、コンロの油汚れなどは、「激落ちくん」といった商品名で100円ショップなどで売られているメラミンスポンジや通常の台所スポンジで掃除していたのですが、このメラミンスポンジだと、ちょっと固まった油汚れの部分に当たるとスポンジが消しゴムのようにばらばらになってしまうところが難点でした。

さらに繰り返し使うとすぐに焦げ茶色または黒色になってしまい、汚れの落ちが悪くなるのも困ったところでした。

見た目も悪いです。

しかしながら、この簡易ラップフィルム再利用スポンジにおいては、スポンジが汚れることは全く気になりません。

何しろ洗ったらラップは捨てるからです。

そして、ラップは非常に引っ張りに強い構造をしており、少々こすったところでびくともしません。

それでありながら、メラミンスポンジ並みの汚れ物質の取り込み性質があるらしく、みるみる色が変色し、代わりに台所の汚れが取れていったのです。

シンクの中はもとより、コンロの周りも大変きれいになりました。

ビルメン王の面目躍如といったところです。

料理の方はさっぱりですが、ビルメンテナンスにおいて、清掃業務はその大きな部分を占める重要なお仕事であり、非常に満足でした。

こげ茶色の筆者からは以上です。

(平成27年8月10日 月曜日 最終更新:平成28年8月10日 水曜日)

2015年8月9日

ちょっと外してます@月極め駐車場の露天でやっている八百屋さん

写真はイメージです(店とは関係ありません)


おはようございます。

2015年8月9日、長崎原爆の日です。

11時02分には黙祷をお願いします。

さて、本ブログでもかつて紹介したことのあります、近くの平の月極め駐車場を数区画借り上げて生産地から直送した農産物を売っている露天野菜ショップがあります。

たまの休日に、筆者が冷蔵庫の食材をまとめて調理するためにカレーを作ることがあるのですが(カレーしか作れないとも言いますが)、スタメンメンバーである人参と玉葱が切れていたので買い足しに行った時のことです(肉は別の肉屋から仕入れ済)。

何と店に誰もいないのです。

レジのところにはお釣り用の十円玉やら百円玉やらが入ったカンカンもそのままです。

明らかに「閉めた」わけでもありません。

玉葱と人参を持ってしばし立ちすくんでしまいました。

近くに停めてある(これも同じ駐車場区画を使って)軽トラまで回って声を掛けましたが誰もいません。

店主に何事か起こったのではないかと少し心配になってきたところで、道の向こうから見知った顔のおじさんが缶ジュース片手に戻ってきました。

店主です。

軽く手を挙げて互いに挨拶します。

いい年した男同士、多くの言葉は必要ありません。

店主いわく、いやーすみません、あんまり暑いもんで、ちょっとそこのスーパーに飲物買いに行ってたんですよ、とのこと。



酷暑の屋外の店番は辛い



確かに外気温37度を記録しているらしいこの暑さにあって、いかに屋根があろうとも炎天下の中店番は辛いです。

まさに海の家より厳しい状態です。

筆者としても、ずっと店番していることを求めているわけではないので、ただ客が心配してはいけないから、「ちょっと外します」的な紙でもカウンターに置き手紙的に置いておけばよいのではないですかと提案したところ、そうですね、すぐやりますねと快諾いただきました。

これで真っ昼間の露天野菜屋店主消失事件は解決されそうです。

適度に休憩取ったほうがよいですよ、と話して無事食材を買うことができました。

偉そうに経営指導をしているようですが、自らの交通費精算すら十分にできない筆者からは以上です。

(平成27年8月9日 日曜日 最終更新:平成28年8月9日 火曜日)

2015年8月8日

スマホ端末契約の2年縛りというオプション取引について

らせん縛り


2015年8月時点の記事です。

日本スマホ界では、「2年縛り」という言葉があります。

大手3社においてスマートフォンの契約をした場合、機種代金を24か月での割賦払いにすることに合わせて、各種優遇策を2年に渡って付与し、高額な解約金を設定して実質的に顧客を囲い込もうとする行為です。

筆者のように、大きい解約金をものともせず、またなんとか割といった2年プランの残期間に適用される優遇サービスにも目もくれず、ひたすら通信費の削減を旗印に解約に打って出る猛者は少数派でありまして、たいていのユーザーは、面倒なのでということで、そのまま2年間を過ごすことが多いです。



解約月という新たな問題



しかしながら、2年を超えた時にまた問題が起こります。

解約月という存在です。

2年経過直後の1か月以内しか無料解約ができないことになっており、また契約自体も何もしなくても自動更新されることになっています。

したがって、解約月めがけて解約するようにあらかじめ予定表(グーグルカレンダーなど)に記載しておくことが必要です。

忘れると、途中解約となり1万円もの違約金が発生します。

こうした実質期間拘束契約については、ようやく見直しの機運が高まっています。

確かに開発費が膨大なスマホの開発費や通信負担を2年程度の契約期間で回収することは実際には困難だとも思うのですが、それならば期間拘束の契約プランの見栄えを殊更よく見せるようにせずに、期間非拘束型の契約や長期契約者には割引プランも適正な価格で提供するなど、いろいろやりようもあろうかと思います。

筆者のように、ひたすら通信費削減志向のユーザーに対しても、思った以上に電話をすれば、やはりそこからは料金が計上されます。

しかし、少なくともそれはフェアな消費者とサービス提供者との綱引きであり一定の納得感はあります。

何事も、要素分解して分析する手間を惜しまなければ納得感が増すものだと思います。

家事は細分化できず上達しないのでいつも怒られております。

先日もまたティッシュを入れたままズボンを洗濯してしまう大技を披露してしまいました筆者からは以上です。

(平成27年8月8日 土曜日)

2015年8月7日

携帯電話料金を削減する方法について試してみた(2015年8月時点)

楽天でんわをセット(通常の電話の右横)


おはようございます。

2015年8月の記事です。

自ら持っているスマホ(iPhone5s)の電話機能を廃止し、新たにSIMフリーのスマホ端末を購入し、MVNO(新移動体通信事業者、Mobile Virtual Network Operator)提供のSIMを差し込むことで、電話機能をそちらのスマホ端末に移行し、いわゆる2台持ちとなった筆者です。

2015年8月時点、この状態で過ごしています。

これで、キャリア提供の定額モバイルデータプランを脱し、かなりの月額スマホ料金の削減に至ったのはよいのですが、今度は逆に、新しく契約したMVNOの通話料金が意外に高いという問題に直面しました。

何しろもともとの基本料金は安いのですが、無料通話時間もなく30秒で21.6円(税込)という非常に高額な通話量ですので、ちょっと話が込み入ってしまうとすぐ月額の通話料がかなりのものになってしまうのです。

これでは、適切なコスト管理ができず通信量削減の目的がかないませんので、何か良い方法はないかと探してみました。

結果、IP電話事業を行っているフュージョンコミュニケーションをグループで保有している楽天でんわを利用してみることにしました。

これは、楽天でんわアプリをインストールしておき、そこから電話をかけると、自動的にフュージョンの回線を利用する頭の番号003768を自動的につけて電話をかけてくれるというシンプルな機能のアプリです。

ですので、楽天でんわに登録しておけば、たとえガラケーでも頭に003798をつけて相手先電話番号にかければ、30秒10.8円(税込)のフュージョンのサービスを受けることができるのです。

これは、昔の昭和の固定電話時代に流行った、ACR機能に似ています。



通話料金が一番安い電話回線を自動的に選んでくれる仕組み



ACRとは、通話料金が比較的安いところを自動的に選択して利用できる電話機能のことです。

Auto Cost Routing(自動料金回線自動選択機能)の略で、相手先の電話番号や曜日や時間帯などによって、通話料が安い電話会社を自動で選択します。これを、スマホ携帯電話においても一社だけですが実現しようとした楽天グループの観点は鋭いと言えます。

これで、格安SIMを提供し筆者の携帯番号を保有しているMVNO会社から、さらに通話のみ楽天でんわ=フュージョンに機能移管が行われ、通話料金はフュージョンから請求されるということになりました。

このように、どんどん専門性の高いところに分化し複雑になってしまうところはありますが、社会の変化を適切にとらえて快適な生活にしていきたいものです。

そもそも電話をかける相手(友達)が少ない筆者からですが以上です。

(平成27年8月7日 金曜日 最終更新:平成28年8月7日 日曜日)

2015年8月6日

(朗報)胴長短足が形質的に優位な点をたくさん挙げていきたいと思います

胴長ですが何か?

おはようございます。

2015年8月の記事です。

胴長短足の筆者より、この体型にも優位性がある場面が多いという話を致します。

陸上短距離走など、いわゆる走力競技においては、胴短長足(このような言葉があるのか少し疑問ですが)が優位です。

足のコンパスが長いほどストライドが長くなり、また長い脚をしなやかに動かし地面を蹴って進みます。

さながらカモシカのような足と形容される、あのイメージです。



水泳競技では足長は不利



しかしながら、同じような体型で例えば水泳競技をやるとなると、途端に状況は一変します。水泳競技とは水という抵抗の大きな液体の中を手や足でかいて推進力を得て進むという競技です。

ここで大切なのは、一般の漁船や艦これの潜水艦などを見てもらえればわかると思いますが、竜骨で一本通った船体や、円筒形をして長い形をした潜水艦の形状です。

こうしないと、エネルギーがまっすぐ進む推進力となって伝わらないのです。

つまり胴長であることが求められるのです。

船や潜水艦で言えばスクリューにあたる足は、それほど大きな容積的長さ的比重は占めていません。

また、高いゴールにドリブルしてボールを入れるという競技特性を持つバスケットボールについても同じようなことが言えます。

ドリブルしながら高いゴールをレイアップシュートやダンクシュートで狙うということから、足は短く相手にボールを取られないようにドリブルし、逆に背を高くするために胴と手は長くなったほうが有利です。

このように、人間も他の動植物と同様に環境の影響を多大に受ける生物であるわけですので、胴長短足はそのような環境制約におけるご先祖の生き残り戦略の賜物であるとも言えるわけです。

具体的には農耕作業に従事しやすいといったことが挙げられるかもしれません。

水泳が得意で古くからの農家を先祖に持ちます生粋の胴長短足な筆者からは以上です。

(平成27年8月6日 木曜日 最終更新:平成28年8月6日 土曜日)

2015年8月5日

「花燃ゆ」2015年大河ドラマは幕末の長州藩の群像を描くお話となります

吉田松陰神社


おはようございます。

NHK大河ドラマが好きな筆者からの2015年8月の記事です。

大河ドラマのオープニングテーマといえば、かの昔レーザー光線から浮かび上がる伊達家武将を描いた「独眼竜正宗」やその後の「武田信玄」の風林火山を模したテーマを思い浮かべる筆者ですが、現在放映されている「花燃ゆ」のテーマも大変感情のこもった素晴らしいものです。

最近は録画して後でゆっくり見ることが主流になっているようで、そうするとオープニングは飛ばしたり早送りしてしまうことも多いかもしれませんが、一度しっかりと観て聴いてもらいたい見事な作品です。



吉田松陰の言葉が挿入されています



圧巻なのは、低い男性のコーラスで挿入されている吉田松陰の言葉です。

オープニングテーマ曲でありながら、立派に歌になっています。

愚かなる 吾のことをも 友とめづ人は わがとも友と
吾れをも 友とめづ人は わがとも友と めでよ人々
吾れをも 友とめづ人は わがとも友と めでよ人々

これは、松陰遺言の書と言える留魂録の最後の言葉、
「愚かなる吾れをも友とめづ人はわがとも友とめでよ人々」
愚かな私の事を友だと思ってくれている人がいるならば、私がいなくなった後においても私の友人たちに私に向けてくださっと同じ愛情を向けて下さい。

からとったものだそうです。

満29歳で死罪となった吉田松陰、大河ドラマではすでにその後が描かれていますが、当時20歳そこらであった久坂玄瑞や高杉晋作が活躍し時代は大きく動いていきます。

「花燃ゆ」の題字についても書きたかったのですが次の機会にします。

視聴率や時代考証等で何かと話題になります大河ドラマですが、これも期待の裏返しということだと思います。

昭和末期カラーテレビ世代の筆者からは以上です。

(平成27年8月5日 水曜日 最終更新:平成28年8月5日 金曜日)

2015年8月4日

人の形をした寝袋というものをいちど試してみたいという話

ヒト型シュラフ


寝袋の記事ながらおはようございます。

2015年8月の記事です。

道具や業界の進化というのは凄いもので、様々な人がそれを利用すればするほど、むしろ玄人では思いつかないような改善点が提案され取り込まれ、業界全体が猛烈なスピードで進んでいくというのはよくある話です。

マラソンの世界において、2時間そこそこで42.195キロメートルを走りきるようになるとは前世紀の初頭には考えられないことでした。

「こういった記録がある」「こういったことが理論的に可能」ということが知られるだけで、そこまで行くための基礎開発をする機運が生まれるということです。

今、陸上の100メートル走をやる人には、9秒台が世界の男子トップアスリートの記録水準であることが常識として認知されています。

男子マラソンにおいては2時間6分台、国内ボート競技2000メートル男子エイト(M8+)では5分40秒台、といったように、記録はより多くの者がそれを目指すことにより常に刷新されていきます(最後のはマイナーかもしれませんが)。



さて寝袋(シュラフ)の話です



筆者が20数年前にやっていた山岳部(登山部)で利用している寝袋(ドイツ語読みでシュラフと呼びます)も、長足の進化を遂げていました。

久しぶりに新しいものを買ってみたのですが、ダウン生地でとても暖かく小さくまとまるのに加え、スパイラル構造という巻きつき構造を採用することで、さらに小型軽量化が図られています。

20数年前のものと並べてみますと、容量は半分以下で性能もよいというまさに別物に仕上がっております。

さらに、ヒト型シュラフというものもあります。

これですと、寝ながらちょっと立ち上がって作業もできます。

少し嵩張るのが難点かもしれませんが、寝袋はミノムシ形に限るという玄人の常識を振り切った新機軸だと思います。

と書きましたが、結局暑かったので、寝袋は使わずテントでそのまま寝た筆者からは以上です。

(平成27年8月4日 火曜日 最終更新:2016年8月4日 木曜日)

2015年8月3日

いつも小脇に現金を持っていないととんでもないことに陥るという話

大宰府インター

おはようございます。

2015年8月の失敗談のニュースです。

謹んでお話しします。

できるだけ
現金キャッシュを使わず、
電子マネーやクレジットカード、
クーポン券などを多用している
筆者ですが、
現金を持ち合わせ
なかったために
大変なことになりました。

車二台で遠出しようとした
時のことです。

自分ちの車に友人に
乗り込んでもらい、
ちょっと別方向に行くために
レンタカーを
もう一台筆者が借りました。

そうして並んで出発したすぐに、
都市高速道路のETCゾーンで
レンタカーの方がゲートに
止められてしまったのです。

自分ちの車は一瞬で消えて
行ってしまわれました。

ETCの差し忘れなのですが、
自分の車に財布を置いている
状態で、車内にはETCカード
どころか1円もございません。



レンタカーを借りただけ



免許証とクレジットカードさえ
あれば、レンタカーは
借りられるので、
すっかり他を忘れて
単身レンタカーに乗り込んで
出発してしまった
筆者の凡ミスです。

早くETCか現金渡してよ、
と訝るゲートの係員さんに
手早く事情を説明し、
後ろに連なる車5台以上を
流すため、高速道路の
路肩に人生初めて停めました。

高速出る時に払って
くれたらいいからと、
いうことで係員さんは
筆者の免許証番号をメモして
切符を切ってくれたのですが、
すみません、
車内に現金ないのです。

高速道路走れば数百円
湧いてくればいいのですが、
そのような奇跡はあまり
期待できませんので、
降りるところでも
同様の説明を覚悟しました。

そうして非常に気落ちしまして
車を走らせたところ、
降りるゲートの手前で、
自分ちの車が待って
くれているではありませんか!

とにかく千円札を渡してもらい、
無事ゲートを出ることができました。

何事も、準備と心構えが大切だ
と感じた冷や冷やの数十分でした。

以来車中では小銭を袋で
備置するようにした筆者からは以上です。

(平成27年8月3日 最終更新:平成28年8月3日 水曜日)


2015年8月2日

気圧計を設置してみると天気と気圧の関係が意外によくわかると思った話

気圧計(床置きで撮影)


2015年8月の記事です。

暑い日が続きます。

夜中でも30度を平気で超えるスーパー熱帯夜が続く猛暑の季節ですが、急な雨などに気を付けたいものです。

最近はゲリラ豪雨というものもあり、急速に発達した積乱雲が局地的に熱帯性スコールのような豪雨を降らすもので、昔の夕立ちとはくらべものにならない被害が出る可能性があります。

筆者の干していた布団も水も滴るいい布団になってしまったこともあります。

こうなるとリカバリーは大変です。



雨が降る時には気圧が下がる



急に雨が降るときには、一般的には急に気圧が下がります。

気圧とは大気による圧力ですから、高気圧であれば風が緩やかに押し出されて雲はなくなり晴れますし、低気圧になれば、風が吹き込み水蒸気が雲を作って雨を降らすのは道理であるからです。

ということで、温度計に加えて気圧計を買ってみました。

基準の気圧を気象庁のホームページから引っ張ってきます。

通常、地域別の月の平均気圧というのを使います。たとえば、この30年の平均で筆者のいる鎮西都市の8月の平均気圧は1,006.7hPa(ヘクトパスカル)と出ていましたので、この水準を分水嶺として、これより気圧が高ければ概ね晴れ、低ければ曇りや雨という傾向だということです。

空模様が晴れっぽくても、気圧が低いと天気が急変する可能性もあるということで、時々覗くにはいいものです。

気象予報士ではありませんが、昔高校時代山岳部で天気図を書いていましたが筆者からは以上です。

(平成27年8月2日 日曜日)

2015年8月1日

UI(ユーザーインターフェース)を巡るIT世界大手同士の熾烈な争いについて

うまそうなユーザーインタフェースです

おはようございます。

2015年8月の記事です。

UIとはUser Interfaceの略で、機械工学分野やコンピュータ分野において、機械を扱う利用者/命令者と機械が情報を伝達しあう手段や機構そのもののことを指します。

といっても普通の人には全く分からないので、具体的に言いますと一昔前はキーボード、ちょっと昔はマウス、そして今はタブレットやスマホに直接指でタップすること、これがUIの具体例です。

そのほか、声や視線で反応したりするのも立派なユーザーインターフェースです。

さて現在の主流UIは、人間の指でしょう。

スマホやタブレットとかいうかまぼこ板かまな板の表面を、指でなぞって書いたり読んだりするようになるとは少し前の人が見ればたいへん驚くのではないでしょうか。

この指UI方式で世界を制覇したアップルコンピュータという会社がありますが、なめらかでストレスのないUIを実現するために、ハード面ソフト面において想像を絶する検討と試行錯誤を繰り返していると思われます。



UIはほんの一瞬の反応速度の差が成否を決める



同じく量産型OS「アンドロイド」を提供する検索市場最大手のグーグルをもってしても、なんとなく同社のスマホは動きが遅い感じがする一方、アップルのそれは体の器官の延長のようにさくさく動くその感覚が強いような気がします。

もちろん、世界中の開発競争の中、こうした差はいつ縮まるか、あるいは逆転するかわかりませんが、UIが機械プログラム(ソフト)やハードの性能と同様に重要であることを示す大きな事例だと思います。

ブログもこのようなかまぼこ板にポテトチップスなんかつまんでしまったちょっぴりオイリーな親指で書くことが多くなっている筆者からは以上です。

(平成27年8月1日 土曜日 最終更新:平成28年8月1日 月曜日)