このブログを検索

2015年11月2日

インフルエンザ特効薬が開発された模様

冬を迎えるこの季節の風物詩であるインフルエンザ予防接種の風景を一変させかねないニュースが飛び込んできました。

日本の塩野義製薬がインフルエンザをたった1日で根治できるという新薬を開発したというのです。

現在、厚生労働省において新薬の認可作業が進んでおりますが、当局側も、画期的な新薬として早期実用化を目指した「先駆け審査指定制度」を適用し、早ければ2018年にも販売に漕ぎ着けたいとしているそうです。

画期的な点を端的に述べますと、従来の治療薬である「タミフル(スイス大手製薬ロシュ)」「リレンザ(英国大手製薬グラクソ・スミスクライン)」といった薬は細胞の中に侵入したインフルエンザウイルスを外に出さなくなるようにしていわば細胞自体の中に閉じ込めるだけの機能でしたが、今回の新薬は、ウイルスが増殖する酵素の働きを無効化し、ウイルス増殖そのものを防ぎ死滅させるというものです。

現在、塩野義製薬は人体に投与しても安全であることを確認する臨床試験(治験)を実施しているとのことです。

国内における膨大な予防ワクチン接種の手間と、確率は低いながら予防接種禍に苦しむリスクを考えれば、まさに、ペニシリン開発以来の「ブラック・スワン」的事象の転換になるかもしれません。

インフルエンザは嫌ですが、とにかく注射はもっと嫌いな筆者からは以上です。

(平成27年11月2日 月曜日)

とにかく注射は怖いです