このブログを検索

2015年11月18日

GDP四半期2期連続マイナス@2015年11月

これだけ大規模な金融緩和と財政出動をやってもなおGDPは2四半期連続でマイナスになってしまうというのが、今の日本の実力ということなのでしょう。

内閣府が2015年11月16日に発表した7-9月四半期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比▲0.2%、年率換算すると▲0.8%という状況でした。

実は4-6月四半期も、前期比▲0.2%、年率▲0.7%という状況でしたので、これで、2015年度の内閣府予想年率GDP成長率1.5%を達成するには10-12月四半期、2016年1-3月四半期でそれぞれ前期比年率4.7%程度の伸びが必要になります。

実際、達成は無理となったと言わざるを得ないでしょう。

そもそも日本国の人口が減り、少子化により生産人口の減り方は更に激しいという逆人口ピラミッド構造にある日本において、安定した成長を続けてGDP600兆円に達するという目標に少々無理があるような気がします。

要素分析についていろいろと言われておりまして、確かに中国などの新興国経済の減速の影響で企業部門の慎重姿勢が強まっただの、増税による家計の逼迫が予想以上であっただのいろいろ個別にはあると思うのですが、大きなトレンドとして毎年1歳弱年を取るという日本の状況にあって、昨年対比でプラス消費を続けよというのも難しい話です。

逆向きのベルトコンベアに向かって走るような、逆ボーナス経済状況にあるということなのです。

無理な目標によって国力が落ちては本末転倒です。

通貨安を背景に輸出大企業が儲けて内需が崩れ国民が疲弊します。

通貨安により、日本の米ドルベースのGDPはますます低下の一途を辿っていることからも、行き過ぎた金融緩和については是正する必要も出てくるのではないかと思います。

途上国の発展に伴い資源の希少化は更に進みます。

この中で実質円安誘導による工業製品の輸出による立国経済に活路を見出すのは、結局人件費の高騰を招き、途上国との競争で限界を迎えるのではないかと考えます。

逆に円高に振り、資源や原料の輸入コストを低く抑えつつ、その上で高い円による投資を呼び込み、日本からは強い円による資源開発投資を推し進める経済立国にシフトすべきであるのかもしれません。

国家百年の計は難しいものです。

こちら薄口経済評論家の筆者からは以上です。

(平成27年11月18日 水曜日)

世界のGDP