このブログを検索

2015年12月1日

水木しげる先生が見事に旅立たれ本物の妖怪になられましたという話です


ゲゲゲの鬼太郎

おはようございます。

2015年12月の記事です。

ゲゲゲの鬼太郎で最も知られた、水木しげる先生がついに人間をご卒業され、辞められて妖怪入りされたとの報が日本中を巡りました。

水木しげる先生は山陰鳥取に生まれ、先の太平洋戦争でラバウルに出征され左腕を失う重傷を負われて復員されますが、生涯明るさを失わず、利き腕の右が残ってよかった、絵を描き続けることができるとおっしゃいました。

そうして生きながら妖怪たちの生みの親になられたわけです。

自身が左腕を失ったことのオマージュなのでしょうか、ゲゲゲの鬼太郎の親父、目玉おやじはそもそも鬼太郎の左目に関係あるらしいです(諸説ありますので断定はできません念のため)。

髪で隠しているその下がどうなっているのか、実は作者にもよくわからないと言われます。

この点、オバケのQ太郎のシーツをめくってみたその下(幽霊?オバケ?)に似たものがあるような気がします。

妖怪とは、人間が意識しているけれども実際には見ることのできない想像上の物の怪(もののけ)です。

人間の想像力に限界はなく、生きていくことはつらく悲しく、それでも楽しいものであるからこそ、水木先生は長生きの秘訣として睡眠を挙げ、楽しく物哀しく創作に励まれ、そして93年の人間を全う致しました。

水木先生は、かのギネスブックにも載っている「萬画家」石ノ森章太郎、そして「漫画の神様」手塚治虫よりもはるかに先輩に当たります。

漫画なる世界文化を築いた昭和の先人たち、今度は天上でどのような作品をもって腕を競うのでしょうか。

漫画をこよなく愛する一読者からの筆者からは以上であります。

合掌。

(平成27年12月1日 火曜日)