このブログを検索

2015年12月4日

歌手の森進一さんが2015年12月をもって紅白歌合戦を卒業するということです

第65回紅白歌合戦(2014年12月31日)



おはようございます。

2015年12月の記事です。

年末大晦日の恒例の紅白歌合戦が、高齢の紅白歌合戦になってしまわないように、事実上の卒業、代表引退の制度ができつつあるようです。

演歌界の大御所北島三郎さんが、2013年で歴代最多の通算50回の出場を果たして紅白を引退されたのを機に、2015年も、昭和の大スター、紅白連続48回出場となる歌手森進一さんも今回限りで紅白を引退するとのことです。

歌手デビューより50周年ということで、紅白出場に区切りをつけるわけですが、このように、選ばれる実力はあってもモチベーションや後進に道を譲りたい、もしくは体力面から代表選出を「卒業」するということは前向きに捉えたいところだと思います。

サッカーの日本代表と同じようなものでしょう。

所属球団と代表という二足のわらじを履くことの負担を軽減するためサッカーや野球といったスポーツの世界に起こっていたことがこうした芸能の世界にも広がってきたのだも思います。

視聴者も高齢化しておりますので、今のアイドルは福山雅治さんを引き合いに出すまでもなく、アラウンド50歳でも全く現役で通用する世の中になっておりますが、やはり人生のステージにおける節目をつけることは、観る側見られる側双方にとってとても良い制度だと思いました。

紅白は小学校の運動会リレー以来なく、今だデビュー前の新人でありますのでモチベーションは十分な筆者からは以上です。

(平成27年12月4日 金曜日)