このブログを検索

2015年12月5日

2015年12月のJ1昇格プレーオフ決勝を控え最後の椅子はどちらに




おはようございます。

2015年12月の記事です。

いよいよ日本プロサッカーJ2リーグの最終盤、J1昇格プレーオフ決勝が明日に迫りました。

本日行われるJ1チャンピオンシップはもちろん国内プロサッカーの最高峰を決める大会であり、大注目に値しますが、昇格プレーオフというのは、この試合を制したものは来季開幕をJ1で迎えることになり、落としたチームはJ2スタートという、天と地ほどの結果の違いがある残酷な一戦となります。

J1チャンピオンシップは平等を期しより興業を盛り上げるため、ホームアンドアウェー方式で行われますが、J1昇格プレーオフは、原則中立地としてあらかじめ選定したスタジアムで行うこととなっております。

そして、2015年シーズンは予め(たまたまセレッソ大阪のホームでもある)長居スタジアムで行うこととなりまして、そうしてJ2の熾烈なシーズンが行われプレーオフの準決勝も終了した時点で、なんとセレッソ大阪とアビスパ福岡という2チームが残ったわけです。

年間勝ち点で上回るアビスパ福岡は、同点で90分終了すれば昇格が決まります。

逆に1点でも下回り負けますとセレッソ大阪の昇格です。

アディッショナルタイム(昔はロスタイムといいましたが)含む90分が終了した瞬間、延長戦もなく間違いなくその決定がなされるので、長居スタジアムはもちろん、映像を通じて観る全国のファンの明暗も一瞬にして分かれることとなります。

筆者も福岡某所で運営する商業施設で公開観戦(パブリックビューイング)の設営支援を致しますが、おそらく千人近い人たちの来場があるものと見込まれています。

お願いですが、残酷な結果になっても歓喜の瞬間になっても、節度をもって楽しく観戦できればと思っています。

スタジアムは事実上のアウェー状態で臨むアビスパ福岡ですが、率いる井原監督は普通J1にいるはずのセレッソ大阪の本拠地で、多くの相手サポーターに囲まれてできる試合、むしろこれだけ選手と自らを成長させられる舞台はないと張り切って大いに爪を研いでいるようです。

キックオフは2015年12月6日(日)15:35です。双方、球史に残るフェアプレーを期待しましょう。

キャナルシティ博多B1Fサンプラザステージ前で客列整備予定の筆者からは以上です。

(平成27年12月5日 土曜日)