このブログを検索

2016年1月31日

家庭用電力の小売自由化が2016年4月から実施されることの影響

高圧線
2016年1月末の記事です。

家庭用電力の小売自由化が2016年4月となりました。

実はこれだけのエネルギー政策の変更ながら、筆者含め消費者に十分このことが周知されているとは言い難い状況です。

なぜなのか少し自分でも考えてみましたが、iPadやiPhoneに代表されるモバイル通信網というのは、電話に代わる新しいサービスイノベーションであり、アーリーアダプターと呼ばれるそういった新商品にすぐ飛びつく消費者層がいろいろと自身でこういった状況について「発信」していたので、あまりそういった業界に詳しくない人たちも伝わっていったと思われるのです。

しかしながら、一方電力については既に電力会社との月極契約をほとんどの家庭が結んでおり、その支払いについても特に違和感を感じていないほとんどの小売顧客層にとってみれば、何もしなくても大して変わらないということからなかなか情報が浸透しないのだと思います。



実際に乗り換えた場合の経済的メリットも少ない


そもそも、新しい電力小売り会社に既存の電力会社から乗り換えた場合、どれだけのメリット(価格下落)がもたさられるのか、筆者も各種シミュレーションでやってみましたが、実際あまり変わらないという結果に終わりました。

簡単化した例で言いますと、一般家庭で月額10,000円程度の平均電気代がかかっている場合、現状ではどうやっても月額500円以下のコスト削減効果しかなさそうなのです。

500円のために、契約変更して支払先を変更するという手間を考えると気乗りしませんし、そもそも既存電力会社がそのあとプランを変更して今後の値下げを仕掛けてきた場合、逆にそのメリットを享受することもできないという逆の不安もあるくらいなのです。

また、離島の多い筆者の住まう九州島では、さらにそのメリットは薄そうです。

もう一つ視点を変えますと、電気の生産様式に一家言ある消費者の方々については電気料金が高くなっても再生可能エネルギーで発電した電気を購入できるという途が開かれたわけです。

つまり原発や火力発電といった地球環境に影響の大きい発電方法を「高い電気を買ってでも」見直したいという消費者層がどのくらいいるのか、その一端が実際の家庭用電力の小売り自由化がなされる4月以降に明らかになるものと期待できるという見方もできるのです。

実際の動向から消費者の性向がわかるまたとない機会だと思います。

安物買いの銭失いの筆者からは以上です。

(平成28年1月31日 日曜日)

2016年1月30日

2016年1月の日銀マイナス金利導入による財政リスク増大について

マイナス金利
2016年1月、ついに日本銀行が日銀当座預金の預金金利をマイナス0.1%とすると発表しました。

質量とも異次元の金融緩和を進めてきた日銀ですが、ここにきてマイナス金利という禁じ手をも繰り出し、金利面という3つ目の武器で何としても人為的インフレを起こさんとする決意です。

もはや出し尽くしたところにこの衝撃です。

お金を預けると手数料がかかるという策が、市場関係者の心理面に与える影響は大きく、たとえ0.1%であっても手数料を取られている場合ではないという負担感は相当に大きいと思われます。

何しろ預金金利が極限まで小さくなっており、もはや現金や預金は、事業資産でいうところの「在庫」という金食い虫であると日銀が認定したに等しいわけですので。

そんな日本国の金融財政ですが、財政面でも待ったなしで、軽減税率などと言っている場合ではないのです。

最近内閣府が発表した「中長期の経済財政に関する試算」では、政府が目指す2020年の基礎的財政収支(プライマリーバランスといい、要するに借金の元利払い分を除いた財政収支)は、軽減税率の導入によって当初予定を大幅に上回り、6.5兆円の赤字となるというのです。

国家財政は火の車


増税しておきながら、赤字幅が縮小する。しかも、これは安倍政権が目指す実質2%以上の経済成長(日銀も先の策を繰り出して実現に必死)が続き、税収が大幅に増えることを前提とした試算なのです。

今まで積み上げた借金1,000兆円、ここまで異常な財政状態にありながら、今までは1600兆円とも言われる個人金融資産を持つ日本人が国債を買い支えてきたために、まだ日本は危機的な状況には陥っていません。

ただ国債の格付けはじりじり下がり、単純計算であと数年で政府の借金が日本人の金融資産を上回ってしまうのです。

実は、過去の積み上げを食いつぶしているだけで、単年度では国家財政は火の車なのであります。

そうすれば日本国債の買い手はつきません。

大きな経済成長を期待し、税率を下げる、もしくは増税をしないというのは赤字幅を更に広げ壊滅的な打撃となります。そんなギャンブルに国を賭けるわけにはいかないのですが、なかなか選挙も近くなりそのようなことは言いにくいというところなのです。

住宅ローンの負担が重いおこずかい制の筆者からは以上です。

(平成28年1月30日 土曜日)

2016年1月29日

深遠なる摩訶不思議な数である「素数」を語ってみる(数学のお話)

マイナンバー

世界中のみなさんに朗報です。

2015年1月現在で、新たな最大の素数が発見されたそうです。

素数とは、1とその数以外のどの数字でも割り切れない数字のことです。

小さなものから挙げると2、3、5、7、11、13といったところになります(あまり挙げると間違えそうなのでこの辺で)。

この素数が無限にあるらしいということはいろいろな方法で証明されているそうですが、どのようなパターンで出現するかといったことは皆目わからないということで、コンピューターを駆使した原始的な方法で、新しい素数を発見するプロジェクトが世界中で進んでいます。

今回、過去最大として割り切れない数字、素数と認定されたのは、実に2,233万桁に及ぶ「数」です。

これまでの最大であった素数より500万桁くらい大きいということですが、あまりに大きすぎてよくわかりません。

すでに無量大数という数の桁の呼び方をはるかに超えた領域にいるのでどのように読んでよいかもわからないです。


素数の探し方(メルセンヌ数と密接に関係)


ちなみに素数の探し方は、2のn乗から1を引いた数である「メルセンヌ数」からコンピューターで手当たり次第に素数かどうかを判定するというのが一般的です。

今回は、2の74207281乗から1を引いた数が素数であることを確かめました。

おめでとうございます。

そんな世紀の大発見を胸に、きょうは割り切れない気持ちで過ごしたいと思います。

数字には強くなく、いつも売り上げ数字の表記が千円単位か百万円単位かで悩む筆者からは以上です。

(平成28年1月29日 金曜日)

2016年1月28日

ここで1問だけ知能テストをやってみましょう(頭の体操コラムです)

問題

脳も活性化する頭の体操です。

下の写真をご覧ください。

マッチ棒で書いた数式の中の一本の棒を動かして正しい数式にしてくださいという(いつもの)問題です。

右側の等号(=)を不等号(≠)にするように棒を重ねればいいのではないかというのももちろん一つの答え方ではあるのですが、正しい数式と要求されている以上、やはり計算式としてイコールにしたいものです。

しばらく考えてみてください


解法です(ネタバレ注意)


さて、マッチ棒で数字を記録するときに、数字の8を二つの正方形を縦に繋げたような、または漢字の日曜日の「日」のように記載するというのはマラソンや陸上競技の電光掲示板やスコアボードを見ればわかると思います。

すなわち、「日」は7本の棒でできていると考えるのです。

そうして、零から九までの数字が、一体何本の棒でできるのか展開していきます。

すなわち、零は6本、一は2本、二は5本、三も5本、四は4本、五は5本、六は6本、七は4本、八は7本、九も6本となります。

棒が何本かでまとめますと、2本:一、4本:四七、5本:二三五、6本:六九、7本:八、となります。

ここまで来まして下の図をよく見ますと、できている数字は五(5)と八(8)です。

一本動かせば、引き算で3が作れる九(9)と六(6)ができるのではないかと直感が働くのではないでしょうか。

ここまでを頭の中で数秒で閃けば、あなたは天才かもしれません。

子供に教えてもらうまで一時間以上は優にかかった筆者からは以上です。

(平成28年1月28日 木曜日 最終更新:平成28年2月25日(木曜日))

2016年1月27日

最近のポケットWIFIの性能と使い勝手が凄い(使ってみて納得)

ポケットWifi

実際使ってみてわかったのですが、2016年初の最近のポケットWIFIは凄く進化しています。

実はいままで無理やりスマホのテザリング機能を使って通信回線を解約したスマホ端末をインターネットにつなげていたのですが、自動ロック状態から回復させたところでいちいち「設定」をタップしてテザリングをしてからでないと使えなかったので非常に煩雑だったのです。

新しいモバイル通信専用WIFI端末は、月額データ7Gという制限があり、これを超えると月末まで128kbpsという非常に少ない通信量に制限されてしまいます。

無制限に通信回路を開放すると、一部の大量使用ユーザーにより他の多くの利用者が迷惑をこうむるということで仕方のないところですが、できるだけ通信回線を節約して使うために、このポケットWIFI端末は、近くの固定WIFI回線から電波を「又借り」するという機能も有しているのです。


都合よく乗り換えながら高速通信を実現


すなわち、接続しているユーザーの手元のスマホやタブレットは、ずっとこのポケットWIFIに接続しておきながら、このポケットWIFIは自前での通信回線を「消費」しながら通信することもできれば、どこかのコバンザメ的に固定WIFIからの回線に乗り換えて、自身のモバイル回線トラフィック量をセーブすることもできるという優れものなのです。

こうすると、いちいちモバイルWIFIと固定WIFIを手元の端末で選択する必要もなくなり、ユーザビリティは非常に向上します。便利なものです。

データ中継機能一つとっても、ユーザーの考え一つでいろいろな使い方ができるものだと感心しました。

つい又聞きで報告してしまい、よく現場に当たれと怒られていた筆者からは以上です。

(平成28年1月27日 水曜日)

2016年1月26日

番組はオンデマンドで好きな時間にタブレットやPCで観る時代に

NHK?

チャンネルを合わせてテレビを見るというのがついぞなくなってきたと思う今日この頃です。

確かにずいぶん前から観たい番組は予約録画をかけたりDVDが出るまで待って、CMは飛ばして観るということをしている方は多いと思うのですが、それよりさらに進んだオンデマンド視聴の話です。

オンデマンド視聴になりますと、観る躯体はテレビからPCスマホタブレットに変わります。

回線もテレビ回線ではなくインターネット回線です。

見たい番組が整理されたライブラリになっており、観放題プラン(呼び名はいろいろあり)に繋げば主だった番組はいつでもどこでも見ることができます。


筆者が契約しているNHKオンデマンド


筆者はNHKオンデマンドというのを契約しております。こうすると、昔DVDデッキに撮りためた「映像の世紀(1995年)」などの名作も、ここからライブラリで観ることができるので重宝します。

DVDデッキのHDD(ハードディスク)には直近の大河ドラマ(今なら真田丸)などを録画し、名作はライブラリで観るというのがスタイルとなります。

容量の多い、こうした画像動画データを、自らの所有する記憶媒体に保管するのでは、容量がいっぱいになってしまう不安とのいたちごっこです。

動画にしろ写真にしろ、所有からクラウドというストレージ(容量)サービスの「利用」という観点に考え方を変えないと、部屋や倉庫が有限なのと一緒でいつしかその保管容量に埋もれてしまうような気がしています。

したがって、こうした他の保管庫を適宜利用できるこうしたオンデマンドの形は、これからの生活を豊かにかつすっきりさせてくれる強力な味方なのだと思います。

NHKスペシャルではなく、実は昔のアニメばかり見ているとは書けなかった筆者からは以上です。

(平成28年1月26日 火曜日)

2016年1月25日

消費税の軽減税率という政策手段は是か非か@2016年1月時点

たばこ税も上がりそうです

日本の財政再建は待ったなしの状況であり、はっきり言いますと軽減税率などやっている場合ではないと思っています。

現状を整理しますと、年始からの国会に膨大な審議時間が取られて軽減税率が議論され、さらに安倍首相は2016年1月22日の施政方針演説において、2017年4月の消費税率の10%への明確な引き上げと、その際に酒類と外食を除く食品については増税の対象とはしない(軽減税率)意向を明言したという状況です。

さて、そもそも消費税の増税に際し「一部の商品に税率の据え置きを認める」軽減税率が導入される理由は何かといいますと、すべての消費財に均等率に課税される消費税は、低所得層の負担が相対的に大きくなるという逆進性を持つため、そこに何らかの政策的手当てが必要ということでした。


すべての食料品に軽減税率適用というのは広すぎるのでは


したがって、軽減税率対象品目は逆進性の緩和に資する品目につき認められるべきなのですが、外食酒類を除く食品一般とはあまりに広すぎ、北京ダックやキャビアや松坂牛といった高級食材まで8%に据え置くことは、むしろ低所得者より高所得者を利することになり逆行するのではと言われているのです。

これに伴い、もくろんでいた2%の増税分での税収増加5兆円のうち、1兆円を軽減税率で減らすことになります。

さらに二種類の税率の並立は、さまざまな社会的事務コストの増大につながります。

低所得対策であれば、単に所得別に税額控除等の措置をすれば済む話なのです。

計算が不得意な筆者からは以上です。

(平成28年1月25日 月曜日)

2016年1月24日

(世界経済の動向とわが国)原油資源価格下落は日本経済にとって福音

油槽タンク

原油価格が下落しています。

1バレルという単位がそもそもどれくらいなのかよく知らなかった筆者の復習として書きますが、1バレルの「樽」の単位は160リットル弱、正確には、158.987294928リットルとのことです。

さて、現在この1バレルの原油の価格が、2016年1月に30米ドルを割ったということで大騒ぎになっております。

2008年には同じこの原油価格が100ドル近辺に参りまして、すわ100ドル超えかと話題になっておりました。万物と景気は流転するといいますが、今度は下落基調が止まらないということで30ドルを一時割れたとニュースになっております。

ものの価格は需要と供給によって決まりますので、2008年からは金融商品より実体の商品の方に投資家の資産志向がシフトした結果(資金逃避ともいう)、商品先物含めさまざまな商品価格が上昇しました。

金、プラチナ、そして原油といった必ず需要がある商品は資金逃避先として選好されたわけです。

ここには中国経済を始め、新興大国経済の成長にこうした商品原料は絶対必要となるという読みもあったと思います。

しかし読みに反し中国経済を中心とした新興国経済の状況はあまり芳しくありませんでした。

現在は利上げを復活した米国経済のみが一人世界経済を引っ張っているような状況です。

そして産油国の足並みもそろっておらず原油は市場にだぶつき気味になっている(と投資家は評価している)というところなのでしょう。


原料輸入大国の日本にとっては優位な状況


これは日本経済にとっては非常に優位です。

原油が安いということは、日本が輸入するそのほとんどの物品や原料がそのまま安くなるということです。

今まで、アラブを主体とした産油国に対して、物凄く高い原油を買わされていた日本経済ですが、逆に今はかつてなかったほどの大きな利得として返ってきているということなのです。

これまで資源国に移転されていた富が、日本に戻ってきているのです。

一説には、この原料輸入効果は数兆円にも上り、消費税増税分の税収額を軽く凌駕するとも言われております。

消費税の増税が日本経済に深刻なマイナスの影響を及ぼすと言うのであれば、この輸入原料価格の下落も同様に重視すべきなのです。

もちろん、これが企業の内部留保に留まるのか、あるいは国民の消費生活にまで反映させることができるか、非常に重要な経済財政戦略となります。

適当アナリストの筆者からは以上です。

(平成28年1月24日 日曜日)

2016年1月23日

両投げ両打ち投手はリアルなプロ野球の世界で本当に育成できるか

日本刀

昔の少年野球漫画の名作「山下たろー」(正式には県立海空高校野球部員山下たろーくん)の主人公山下たろーは、投手としての右腕を酷使しすぎて左投げに転じましたが、さらにその左腕も痛めてしまったということで大人になって別の人生を歩むことになります。

また同様の少年野球漫画の名作「MAJOR」主人公・茂野吾郎も、右投げ投手でしたが右腕を痛め、左腕投手としてメジャーにわたり、さらに左腕をも痛めたので日本に戻り打者として復活をかけるという半生を送ります。

つまり、幼稚園から小学生では右投右打、中学生からメジャーまでは左投右打、そして日本プロ野球時代以降は右投右打に戻るわけです。

そうすると、あらかじめ幼少期において右腕でも左腕でも投げられ、打てるようにしておくのが野球を長く楽しむためには必要になってきます。

最近、東京六大学でいよいよそのような本格派の両投げの投手が登場することになったようで注目されています。

確かに、投げる動作は左右対称ですから、バランスを取るため両投げを取り入れるのが故障防止上も良いと思われます。


サッカーの世界には完璧な両足使いがいる


かつてサッカー界の神と呼ばれたペレは、完全な両足利きで、どちらの足でも最高度のボールタッチを行ったらしいですが、野球の世界でも完全に統一した両腕投手が登場すれば、相手の打席や得意コースによって投げる手を変えるということも可能となり、物凄いイノベーションにもなると思います。

右の4番強打者に対し、一球目は左の内角へのカーブ、二球目は右の外へのストレート、三球目は左のクロスファイヤーで内角に決めて三球三振といった芸当になるわけです。

育成方法の進化から、こうした投打ではなく投投二刀流が出てくるのは楽しいものです。

ちなみにものは試しと左で素振りをしてみましたが10回で手首を痛めてしまいました筆者からは以上です。

(平成28年1月23日 土曜日)

2016年1月22日

コンビニ市場は10兆円を超えた(百貨店市場は6兆円台)

セブン&アイ・ホールディングス本社

日本での生活に欠かせなくなったコンビニエンスストア、日々その商品サービスは進化を続け、現在では書籍の取り置きや宅配便サービス、郵便ポストに切手印紙販売にATM機能や各種チケット販売、コピーにファックスなどなど、その狭い店舗はさしずめ生活便利機能の集約形と言えます。

コンビニは、それまでのスーパー業態に対抗して生まれ、そうして駅前都心郊外あらゆる場所に立地し、フランチャイズ展開を行い日本の津々浦々まで浸透しました。

同時に寡占化も進み、コンビニ大手で構成する日本フランチャイズチェーン協会という協会がありますが、この協会で発表するコンビニ売上高対象の会社は現在9社です。

その9社の売上高として協会が2016年1月20日に発表した2015年のコンビニエンスストアの全店売上高(速報値)は前年比4.7%増となる10兆1927億円となりました。


百貨店業界は6兆円台


この統計は、1999年に始まっていますが、16年で10兆円を超えたことになります。近い業態のスーパーの年商は13兆円、一方百貨店は同6兆円といいますから、コンビニの存在感がどれだけ大きいかわかると思います。

明らかに、国民の生活スタイルにコンビニが浸透したことの証左でしょう。

もはや、コーヒーからドーナツ、ケーキに惣菜、弁当までコンビニ新商品の攻勢です。独自ブランドのお菓子やビール、酒類まで販売する勢いです。

セブンイレブンは朝7時から夜11時まで開けたのが斬新で店名にしたとか、開いてますあなたのローソン(24時間営業)という宣伝が流行ったなどと周りに説明するのがだんだん辛くなってきた昭和世代の筆者からは以上です。

(平成28年1月22日 金曜日)

2016年1月21日

ツイッターでした意図せぬつぶやきが販促となり大成功したという話

ふりかけ

捨てる神あれば拾う神ありといいます。

たとえば、在庫の山となっていた特殊な、おじいちゃんの作る「平たく開く格子目のノート」は売れないかなと孫娘がツイートしたら、これこそ待っていた商品だと注文が殺到して生産を続けられるようになった話がありました。

また北の北海道では、家族経営で続ける納豆工場の稼働状況、売れ行きが芳しくないところから銀行に融資を断られたといった告白をツイートしたところ、地元のスーパーや地元消費者のみならず、納豆については一家言持つ茨城の人たちからも熱い応援が寄せられ、無事販売は軌道に乗り持ち直したといった話がネットの世界では日々出てきています。

こうした呟きは、売り上げを意図して行われたものではなく、状況を紹介し報告しただけのものにすぎませんが、これがきっかけとなってそうした商品やサービスの存在が多くの人に広まり結果として大きな受注として獲得されるといった例は、今後ますます増えてくるものと思われます。


筆者の第一の好物はふりかけ


筆者も、某近郊県の郊外リゾート施設に行きましたが、そこでお土産で買ったふりかけを大層気に入りました。

実は幼稚園の卒業文集で好きなものの第一に挙げたくらいのふりかけ好きで、丸美屋ののりたま業務用を買い求めておりますが、この地域限定ふりかけの魚ベースのコシの強さと素朴な風味は大変気に入りました。

ネット時代となり、どんな情報でも手に入りやすくなりましたが、上の2つのノートや納豆の例を見るに、皆ストーリー性を求めて購買行動に出ているような気もします。

せっかく自分が買うのであれば、何かそれによって誰かの役に立ちたい、いい商品だから絶やさないで欲しいという小さな応援の気持ちがやがて大きなムーブメントになることもあるのです。

もちろん、提供できる商品やサービスが優れたものでなければなりません。

出るところに出れば必ず支持される、そんな面白いものに出会いたいと、日々みなさんネットの世界のパトロールに余念がないのかもしれません。

こうして買い求めたふりかけに、ご飯をかけて食べたいくらいのふりかけ好きの筆者からは以上です。

(平成28年1月21日 木曜日)

2016年1月20日

2016年訪日観光客は2,000万人規模へ拡大するという予想

アメ横

2015年の訪日外国人数の推計国土交通省より出まして、前年比47%増の1973万7400人となったそうです。

これは、3年連続で過去最多を更新した勢いです。

日本政府の観光局のまとめた数字ですが、円安傾向で推移したこと、また訪日に必要なビザ(査証)の発給要件を緩和し日本と世界をつなぐ国際航空路線の拡充も進み、格安航空会社と関空といった日本国内空港のタイアップやクルーズ船来航の恩恵もあり、訪日外国人は、1000万人を突破した2013年からわずか2年でほぼ倍増した計算です。

出入国審査は全量行っていますから、人数については非常に正確です。

アンケートといった「感覚」ではない統計値の強いところです。

ゆくゆくは、年間訪日観光客は3000万人を超えることが期待されます。

そして、訪日客が日本国内に滞在する中で買い物、飲食、宿泊などに要した消費額の年間合計も消費額も3兆4771億円と、こちらも2014年実績である2兆278億円から大幅増加し、過去最高となりました。

その中で、中国訪日客が占める消費が4割だったとのことです。

3兆5千億円の売り上げと言いますと、物凄い水準です。


訪日客はやはりアジア各国からが多い


そして訪日客数を国・地域別に分けてみてみますと、首位の中国が前年比2.1倍の499万3800人。以下、韓国が45.3%増の400万2100人、台湾が29.9%増の367万7100人、香港が64.6%増の152万4300人、米国が15.9%増の103万3200人と続いたそうです。

後はタイ、マレーシア、シンガポールなども目立つようです。

もちろん急激な訪日観光客の増加は、都心中心部における彼らの移動手段である大型バスの渋滞など様々な課題も突きつけています。

さらに東京大阪京都などの世界的に有名な観光地でもある大都市では宿泊施設が慢性的に不足する事態となっています。

民泊の認可含め、様々な対処案が検討されていますが、世界経済が順調なうちに(もうリセッションに入っているのかもしれませんが)できるだけ日本の美しさをアピールしておいたほうが良いと思います。

つつましく自宅をホテル気分で、風呂をバスクリンにして温泉気分で日々味わう筆者からは以上です。

(平成28年1月20日 水曜日)

2016年1月19日

SMAPの解散観測報道で大規模サーバーダウン(2016年1月)



サーバーダウンとは、大容量大処理を目的とした巨大なデータ格納庫を用意しているプロバイダーに対し、想定をはるかに超える処理がユーザーから要求されたときに、処理が完了できずにオーバーフロー(あふれ出し)してその機能が停止もしくは物凄く反応が遅くなってしまうことを言います。

遅いといっても、例えば数秒後に反応してくれるのであれば大した問題はありませんが、数時間かかるとなると、立派な障害といってよいと思います。

先日お知らせしたアニメ「天空の城ラピュタ」の滅びの呪文「バルス」ストリームによっても何ら問題なくダウンしなかったツイッターのサーバーですが、なんと日本の国民的アイドルSMAPの解散報道を打ち消す本人たちの生放送番組の放映から、つぶやく人たちの投稿が極度に集中し、一時システムが使えなくなる事象、すなわちサーバーダウンが起こった模様です。

もともと、先のバルス祭りについては、前々回の民放放映時に、バルスつぶやきによってツイッターのサーバーをダウンする事態となったツイッター側が、「一度にサーバー負荷のかかるバルス一斉投稿はご遠慮ください」という一般的合理的なお願いをするのではなく、逆に「サーバー増強しました(来るなら来い)」という斜め上からの対応をされたことに触発されたネット民により、一世一代の大勝負として2013年8月放映時に戦われたものです。

一秒間のツイート数はぶっちぎりの14万3199ツイートと公式にも認定されています。この勝負、なんとぎりぎりでツイッター側が生き残りました。

今回の17回目の同作品民放放映においては、これほどの拡散は起こらなかった模様ですが、それでも瞬間5万ツイートを超える衝撃がサーバーを襲ったのです。

ちなみに、史上1秒間の「ツイート数最高記録」の上位は日本が独占しています。日本人のツイッター好きは世界に知られた事実ですが、これは140文字という制限の中、漢字かな交じりの文での表現領域が大変広いことにも関係しているのではないかと思います。

さて同年代のSMAPはこのまま当面活動を続けるとのことですので、アイドルデビューは来世(もしあれば)に取っておきたいと思います筆者からは以上です。

(平成28年1月19日 火曜日)

2016年1月18日

消費税は付加価値税とも言って租税負担がより公平な間接税です

外食か食品か、それが問題です

消費税といえば、その近代制度の生みの親はフランスと言われています。

起源は古いですが、第二次世界大戦後に国民全体から効率的に確実に平等に税金を徴収できる仕組みとして、財務官僚のローレという人がさまざまな先行研究をもとに考案し、1954年名前としては「付加価値税(value-added tax)としてフランスで導入されました。

以後世界中の徴税当局にこの便利な仕組みは広まり、本家フランスの標準付加価値税率は2016年現在20%となっております。


軽減税率の功罪


ただ、外食や宿泊サービス、書籍、食料品、新聞雑誌出版品、医薬品といった生活必需品については軽減税率が導入されており、庶民の生活に配慮した制度設計になっています。

ただ、軽減税率といっても、原則税金がかかるところに政策的に非課税にするわけですから、それには明確な政策的な合理性が必要ということになります。いったん徴税しておいて、還付したり特定分野の振興策に補助金を投入するくらいならば、初めから減税しておいた方が余計なコストがかからないという合理的な判断があるはずです。

さて一旦徴税された税金は消費税にかかわらず、国民の長い人生におけるいずれかの節目の自転、すなわち出生、育児、教育、失業、年金、医療、介護、埋葬、といった部分における社会保障サービスとして戻ってくるという信頼があれば肯定的なものとなります。

どこにお金が使われているかを知ることは、どれだけお金が取られたかを議論するよりずっと前向きなものだと思います。

消費税の増税前、駆け込みしたけど高値買いの筆者からは以上です。

(平成28年1月18日 月曜日)

2016年1月17日

私たちはランキングが大好き(漫画アニメに見る「つよさ」の指標)



日本人が世界に誇る文化に漫画やアニメージュがありますが、特に男性読者向けの漫画においては、いろいろな指標のランキングが重要な要素を占めることが多いようです。

世界で最も売れているという漫画の古典「ドラゴンボール」では、その世界の「強さ」を測るスカウターという道具が「発明」され、以後その数値に基づいて各キャラクターの戦闘力が示されます。

記念すべき最初に戦闘力を測られた地球人は、銃を持った農夫のおっちゃんで、戦闘力は5でした。

その後、主人公の悟空が334、大魔王と恐れられたピッコロで322という絶妙な、なんとなく読者としても納得感のある数字を示され、「ほう…我々と悟空たちの違いはこんなにもあるのか・・・」と無意識にも感情移入しながら読み進むことができ、数字という世界共通の言語で作品を語り合うことができるようになったのです。

数字やその比較(ランキング)は私たちの最も身近に存在する厳密な尺度であるからゆえに、国境や文化や民族を超え、誰にでも同じ理解をしてもらえる便利な指標なのです。

こんな絶妙な数字が、漫画により大きなリアリティを与えたのです。

数字の大きい方が強くて、勝負に勝つ。

ドラゴンボールの世界は読者層の広がりに合わせるように、宇宙全域や神の世界、あの世までどんどん広がり、合わせて数百万までそのゲージは上がりますが、基本的にこうした世界観は現在も踏襲されています。


漫画「ワンピース」ほかの場合


また、現代の大ヒット漫画の「ワンピース」についても、主要キャラクターの「強さ」は各海賊の首にかけられた「懸賞金」によって測ることができます。

主人公ルフィの2016年1月現在の懸賞金は4億ベリーとなっております。

1ベリーがどの位の通貨単位なのかはよくわかりませんが、なんだか物凄い賞金首になっており、海賊王に俺はなると宣言した少年の今後の歩みに注目が集まります。

それから、最近売り出し中の「テラフォーマーズ」という漫画では、主人公たちは火星で戦うのですが、その地での戦闘制圧力をランキングした「マーズランキング」というものが付与されています。

このように、ランキングは漫画に限らず実社会でもよく使われます。

三兄弟や四天王、主要五教科に七人の侍といった言葉にもあるように、数字には何事も客観的に見ることができる気がする、そんな魅力が潜んでいるのです。

漫画ばっかり読んでくだらない文章を書く、そんな寄り道力の強い筆者から以上です。

(平成28年1月17日 日曜日)

2016年1月16日

オンランショップもタイムセール(期間限定の安売り)が熱い

腕時計(本文とは関係ありません)

実店舗に似た取り組みとして、オンラインショップにおいても、期間や時間を区切ったタイムセールを行い消費者の消費行動を起こそうと躍起です。

実店舗における値引きは、よくあるスーパーの生鮮食品が閉店前数十分間に非常に安くなる(ものによっては半額など)というものがありますし、常時賞味期限が迫った食品や棚に並べるだけの売り上げが見込めなくなった商品の在庫を籠に入れて値引きして販売しているコーナーなどがあります。

こうした実店舗の値引きに対し、オンラインショップでの値引きはどうもピンとこないのは、筆者が昭和生まれの世代であることが大きいのでしょうが、それでもアマゾンといったオンラインショップ大手は、そうしたレトロな我々のような世代にもできるだけわかりやすい形で値引きの攻勢をかけてきます。



単価の高いもののタイムセールが狙い目


実店舗に比べ、宝石や高級時計、高額家電など単価の高いものをセール対象にすることが多いようです。

確かに、ハム1個を値引きするより多くの売り上げが見込めます。

つまり、在庫はいかようにも調整できるオンラインショップとしては、タイムセールは実店舗の在庫調整のためではなく、あくまで新商品の紹介や販売促進の面が強いということなのでしょう。

オンラインでもオフラインでもウィンドウショッピングですが、たまにはロレックスでも買ってみたい筆者からは以上です。

(平成28年1月16日 土曜日)

2016年1月15日

大バルス警報が発令さる(2016年1月15日23時22分頃)

ロボット兵

2016年1月15日(金)の夜、金曜ロードショーにて「天空の城ラピュタ」が全シーンカットなしで放映されます。

言わずと知れたアニメの古典名作ですが、実は映画上映での興行収入は55億円と今から考えると中規模のヒットでした。

しかし観に行った人たちの満足度調査でほぼ満点をたたき出すなど、その作品の世界観とストーリーは上映後も綿々と受け継がれ、映画製作上映より実に30年ものロングランとなっているのです。

シリーズ化もされずバシッと1話完結のこのお話、完成度の高さは折り紙つきです。

さて、この映画のクライマックスは、言わずと知れた空中要塞都市ラピュタを滅ぼす呪文「バルス」です。このバルス、滅びの時を一緒に迎えようと、年末年始の「あけおめ」など遥かに飛び越す一斉ツイッターのつぶやき大群で、あらゆるSNSサービスやデータ通信会社のサーバーをダウンさせてしまいかねないほどの衝撃が起こることが予想されます。

これを一説には大バルス警報と言いまして、各ネットメディア(虚構新聞含む)は警戒を呼び掛けています。

バルス警報の発令は2011年12月9日以来19か月ぶり14度目ということですが、14回目のテレビOA(オンエア)においても高視聴率をたたき出し、それ以上にネット界に大衝撃を与えようとするこの映画の影響力には驚きを禁じえません。

さて、実際にバルスに至るまでの前兆としては、バルス到達ちょうど150秒前にヒロインの「国が滅びて王だけが生きてるなんて滑稽だわ」の台詞、同30秒前には主人公の「僕の左手に手を乗せて」という声が聞こえます。


ムスカはせっかち


なお、敵役(かたきやく)ムスカの「3分間待ってやる」という言葉、そして「時間だ」の間に流れる時間は、実際には3分(180秒)よりはるかに短い(50秒ほど)ため、初心者の方にはくれぐれも誤った情報に惑わされないようご注意いただきたいところです。

うっかりすると、気を許したところでバルスが発動されてしまい、乗り遅れるどころか「目があ~、目があ~」の名セリフをムスカと共に発することになりかねません。

世界中のメディアが注目する今回のバルス祭り、ネット界及びサーバー界にとっての一つの大きな試金石となりそうです。

現場からは以上です。

(平成28年1月15日 金曜日)

2016年1月14日

クルーズ船海外観光客の買い物需要に応える日本の免税店制度

モーターボート

日本に海外から来られる観光客は、年間3千万人を目指すと日本政府が公約に掲げておりますが、この目標については数ある施策の中でその高い目標目指してうなぎ上りに成果が出ているものとなっております。

筆者は学生時代、もはや修学旅行生も海外旅行する時代、国内有名観光拠点など古臭くてやってられないといった風潮で観光客の減少に悩む京都の暑い夏や寒い冬を過ごした身でありますが、その頃からは全く一変し、京都と言えば世界中の観光客の憧れの土地と様変わりしております。

そうした、クルーズ船で訪れる外国人観光客の急増が、日本海側に面する長崎や福岡を押し寄せております。

こうした流れを受け、福岡市内では、新しい免税店の設置が相次いでいるようです。


日本における消費税の免税制度


免税店とは、域外観光客が買い物した際に、日本では使わないと認定した品物について、日本国の消費税を課さない(還付する)という制度の適用がある店舗です。

ただ物販の免税店は、大店法の規制を受けるので、売り場面積としては1,000㎡程度を上限にするのが一般的なようです。

その上で、大型バス数十台でやってくる観光客に対する最大の懸念点は、大型観光バスの駐車スペースと食事の提供場所の確保です。

最近では、数百人の食事を一度に賄うことのできる飲食店を併設し、大型バス駐車場も余裕を持って整備した、そうした観光客専用の商業施設の計画も水面下で進んでいるようです。

博多港に来航する今年のクルーズ船の延べ数は、日数より多い400隻以上とのことで、また一段と関係者にとっては忙しい年になりそうです。

1級小型船舶免許保持者(20トン未満)ですので仕事とか引退した後は船を買いたい筆者からは以上です。

(平成28年1月14日 木曜日)


2016年1月13日

LEDよりエコな無電極蛍光灯が登場したので取り付けたい話

蛍光灯(無電極型は両端の黒い部分がないはずです)

筆者の祖先を辿ると熊本県天草上島に行きつきます。

今は上天草市松島町となっております。

従兄が本家に残っていますが、その天草で、LEDよりエコな無電極蛍光灯を作る会社があるということでこの小さなブログで大きく取り上げたいと思います。

会社の名前は天草池田電機株式会社、もともとは京都のオムロングループに成長した立石電機の天草工場部門でした。

オムロン天草として2002年まで操業しますが、2002年に地元資本に衣替えし、天草池田電機として再スタートしたと社史にあります。

さてこの会社が生産しているのが、無電極蛍光ランプと呼ばれるものです。

文字で説明するのがとても大変ですが、無電極ランプは、今までの蛍光灯と同様に、蛍光体をガラス内壁に塗った管内に、希ガス及び微量の水銀を封入している構造は変わりません。

紫外線が放射され、この紫外線がランプ管内壁に塗布された蛍光体に当たることより、可視光に変換されます。

ただし、従来の蛍光灯が放電させるために必要としている電極が存在しないのです。

ゆえに無電極蛍光灯と呼ばれます。

皆さんも良く知っていることと思いますが、蛍光灯は、両端の電極が黒く劣化して、ちかちか点灯しだしたらさすがに代えどきとなります。

つまり電極の耐用期間が従来蛍光灯の寿命ということです。

それが無電極型蛍光灯のガラス管内には存在しません。


無電極蛍光灯のしくみ


無電極蛍光灯は、まず巻きつけたコイルに高周波電流を直接流します。

そうして直接磁界を発生させ、この磁界によりランプ内に電界を発生させられるのです。

電極の力なしで磁界を発生させるには、瞬間に相当の高周波電流が必要となりますが、点灯させる専用インバータの性能を飛躍的に向上し、この原理を実現しています。

本来ならば、蛍光管内の寿命は半永久的ですが、このインバーター自体の寿命がこの無電極蛍光灯の寿命となり、これはLEDランプの4万時間を遥かに超え10万時間に相当するということです。

光の調子も、LEDのように直線的なものではなく、色味も自然に近い、目に優しいブルーライトとなっております(蛍光灯ですから長年我々の目に慣れたものです)。

素晴らしい技術を地方の企業が実現していることに驚く次第です。

この会社の無電極蛍光灯は、熊本県議会本会議場といった大空間でその威力を如何なく発揮しているとのことです。

道具の飛躍的な進化に比べて記事には新鮮味のない筆者からは以上です。

(平成28年1月13日 水曜日)

2016年1月12日

クラウドサービス機能をまるで専用の秘書のように利用する方法

クラウドサービス(イメージ)

筆者はデジタル第一世代というべきジュニアベビーブーム世代(昭和世代ともいう)です。

生活の様々な場面でクラウドサービスを知らず知らずのうちに使っていくようになりましたので、今回は筆者の例に取り一端をお知らせしようと思います。

まずメモ用紙として「Evernote」を使っています。

これはテキストや写真や記事など、何でもクリッピングしておけるのが強みで、例えば買い物リスト(牛乳やらひき肉やら)から牛丼の作り方レシピなども保管しています。

検索すればすぐ目的の情報が呼び出せアプリの動きも割と軽いので気に入っています。

もちろんポストイットやリアルなノートなどにもいろいろとボールペン等で記入して、頭ではすぐ忘れることをメモするようにしていますが、後で検索できるというのがEvernoteの強いところです。


Gmailの連絡先機能で全ての連絡先を管理する


次に連絡帳としては「Gmail」の連絡先機能です。

年賀状の配信先住所をエクセルでずっと管理していましたが、随時更新するのが面倒でしたので、いつしかこの連絡帳の「自宅」として登録した住所には年賀状を出すつもりという運用にしております。

年末になれば、データのエクスポート機能を使って、「自宅」フラグが立っている住所をソートすれば、年賀状発送先候補リストの出来上がりです。

ここからすでに喪中ハガキが届いているところを除けばいいわけです。

実は、喪中の家にも新年の挨拶と称して(年賀状とはせずに)お送りしています。

連絡帳上のメールアドレスや携帯電話の情報ももちろん大切ですが、フェイスブックやツイッターといったSNSの発達でメールアドレスや携帯電話という連絡手段としての絶対的地位は揺らいでいます。

そう考えると、SNSサービス自体も巨大なクラウドシステムであるわけですが、そのほかには、写真や動画はGoogleフォト、文書ファイルは老舗のDropboxなど、身の回りの生活にクラウドは非常に深く入り込んでいることが改めてわかります。

なにそれ?とたずねるみなさんも使っている、それがクラウドサービスなのです。

そんなことを書いておりますが、少し前までは曇り空がどうしたんだろうと思っていた筆者からは以上です。

(平成28年1月12日 火曜日)

2016年1月11日

英国双璧オックスブリッジ大学のカレッジカラーは「淡青」と「濃青」

「濃青」主体
イギリスのオックスフォード大学とケンブリッジ大学といえば、アメリカのハーバード大学やスタンフォード大学などと並んで有名で、良く出される各種の世界大学ランキングで常にトップレベルの優秀な大学として評価される世界有数の名門大学です。

もともとは自然発生的に学びの場が形成されていったところに、ローマ教皇の許可と国王の勅許によって大学の法的性格が定まり、一応オックスフォード大学としての正式な創立年は1167年と言われているらしいです。

そして、オックスフォード大学及びオックスフォードの街内の内紛から東のケンブリッジに逃れてきた研究者や学生たちが作った大学がケンブリッジ大学で、こちらも非常に古い歴史を持つ名門大学です。

さてイギリスの文化歴史を語るうえで外せないこの両大学は、合わせて「オックスブリッジ」と呼ばれたりします。

両校の間では、スポーツの親善試合が頻繁に行われ、中でもとりわけ有名なのは、毎年春にロンドンのテムズ川で行われるボートレース(レガッタ)です。

オックスフォード大学は西の方から、ケンブリッジ大学は北東の方から、それぞれイギリスの首都ロンドンに集い、互いの大学代表はその誇りと威信を賭けて戦うのです。

因みに、両大学は、それぞれ互いに正式名称で呼ぶこともあまりなく、「あちらの大学」とか「あの方」などと呼び合い、具体的に語らないことによって逆にそれぞれを強烈に意識します。

なんだか「ハリー・ポッター」シリーズの言い方のようですね。

「the other place, another university」などというらしいですが、この文化的背景がわからないと、ハリーポッターのラスボスが「あの方」と呼ばれるのかわからないでしょう。

因みにアメリカなどになりますと、「強そうな名前や綽名」をつけるのが流行となるようで、スポーツチームにこうした呼び名が広まったようです。

日本の大学にも輸入された


さて、場面を日本の大学に戻します。

大正9年9月24日に琵琶湖瀬田川にて行われた京都大学、東京大学の東西大学ボート部による第一回対抗競漕(レガッタ)が行われました。

その際、両大学の乗るボートの色をくじ引きで決めたそうで、京都大学はダークブルー(濃青)、東京大学はライトブルー(淡青)に決まりました。

「淡青」主体
当時の新聞に、京都大学は「ダークブリウ(濃青)にて牛津(オックスフォード)大学の使用せるものと同色」、東京大学は「ライトブリウ(淡青)にて剣橋(ケンブリッジ)大学のそれと同一」に決まったという記述もあるようです。

言うまでもなく、濃青はオックスフォード大学の、淡青はケンブリッジ大学のカラーです。

青色(ブルー)はボート競技に限らず、スポーツを通じた大学対校戦に出た選手には、「ブルー」の称号が与えられ、人格高尚な紳士たれと求められたというのです。

そうした異国の例に倣い、第一回対抗競漕の際、日本の両校に濃青と淡青が採用されたというわけです。

何事も、双璧といってライバル同士切磋琢磨した方が、より高みに達することができるという例なのかもしれません。

過去、その競漕で思い切り負けた筆者からは以上です。

(平成28年1月11日 月曜日)

2016年1月10日

ウィンドウズがついに最新版しかサポートしないという決断をしました

サポート変更のお知らせ
米国マイクロソフトは、2014年8月7日、同社ブラウザであるInternet Explorer のサポートポリシーについて重要な変更を世界中に通知しました。

すなわち、2016年1月12日 (米国時間)以降は、ユーザーが使用しているマイクロソフト製ブラウザについては、最新バージョンの Internet Explorer だけに、技術サポートとセキュリティアップデートを提供するということになったのです。

その顧客向けの理由としては、今や数十億人の人々が仕事や生活の両方でインターネットに接続し、様々なアプリケーションやサービスを利用している中での、オンライン上のリスクを避け、高速で快適な Web 体験を得るためであるということになっています。

本音はコスト削減


しかしながら、本音のところは、最新バージョンのIEのみに対してシステム開発維持投資を集中し、会社全体のコスト適正化を図りたいというところなのだと思います。

このように、ユーザーに対し、サービス提供ゾーンと無償ゾーンを分けるというのは他の例で言いますと、創業以来赤字が続いていた日本の長崎佐世保のテーマパーク「ハウステンボス」において、入場料無料のゾーンを設け、入場料を取るゾーンに花や造園などの投資を集中して行ったことなどにも見られます。

タダであることが知られたものについては、それなりのリスクがある、または造作がそれなりのものでも仕方がないという心理を利用し、逆に会社や組織が本気でサービス提供している部分の希少性なり品質なりをより強く訴えようとする試みは、商品サービス営業の極意とも言えます。

なかなか本気を出せず営業の成績が上がらない筆者からは以上です。

(平成27年1月10日 日曜日)

2016年1月9日

2015年初の世界中での株価同時下落の原因を探ってみます

海底油田への油井
2015年の新年、世界中で株価が下落しています。

年が明けて下がる一方です。

相場は非常に難しいところですが、起きた事象を簡単に説明します。

そんな中先ほど発表された昨年2014年12月の米国雇用統計では、最も注目される非農業部門雇用者数が、前月比で29万2,000人増と、市場関係者の予想の中央値である20万人を大幅に上回る伸びとなりました。

しかも、昨年11月分が、同21万1,000人増から同25万2,000人増へ上方修正されるという事態となりました。

すなわち、これは米国経済が着実に回復しているということの証左になります。

同じく失業率も5%と、これは2008年4月以来の低水準となっています。

しかるに、なぜ米国株も含めて世界的な株価下落基調が続くのでしょうか。

一つは、中国経済への懸念です。

中国経済は巨大な消費マーケットと世界の工場と言われた豊富な労働力で経済成長を続けてきましたが、ここにきて一人っ子政策による将来の人口減少トレンドが意識されることとなり生産はだぶつき消費は増えずに曲がり角を迎えています。

もう一つは、原油価格の下落です。

原油先物相場(WTI)が1バレル=30ドルを割り込むといった、実に約12年ぶりの安値圏にあるのです。

これは、IS(いわゆるイスラム国)といった国際テロ「組織」による製油所の占拠などから野放図な投げ売り的生産が行われ、また世界の産油国の足並みも揃っていないために、あっという間に世界中に石油がだぶつく状態になってしまったのです。

1バレル=100ドルを超えていた頃が嘘のようです。

この結果、この雇用統計の結果をもってしても、利上げに必要なインフレ率を押し上げるほどのインパクトに数字があるものとはならず、引き続き米国の利上げは慎重に行われるのではないかというところです。

いろいろ起きたことについての理由付けを書きましたが、先の相場を読むのは本当に下手な筆者からは以上です。

(平成28年1月9日 土曜日)

2016年1月8日

(2016大河ドラマ振りかえり)真田日本一の兵(つわもの)

2016年大河ドラマは真田丸と題し、戦国末期に信州上田に在った真田昌幸を棟梁に、嫡男の信幸(のちに幸の字を捨てて信之と改名)、その弟の信繁(幸村ともいう)の三名を中心にした真田一族すべてを小さな舟に見立て、戦国末期の荒波を渡っていこうという意図のようです。

もともと真田昌幸は武田信玄・勝頼の家臣となって、信の字は信玄の信から貰ったというのが通説です。

大河ドラマの主題も、かつての誰でも知っている織田信長や徳川家康、独眼竜正宗に武田信玄といった超大物から、歴史上の重要さからすれば次点級になり、必ずしも全国区ではない主題にシフトせざるを得なくなってきたようです。

これは大河ドラマの歴史がずいぶん積みあがってきたことの証左なのですが、年々脚本は難しくなり、それに伴った評価もいろいろと分かれるところです。

真田幸村といえば、昔は豊臣恩顧で最後まで忠義を尽くし、その知略と武力を駆使して大坂冬の陣では真田丸という難攻不落の出城を築き、持ち手三人がかりで撃つ超大型銃を用いて徳川方を撃退した勇者として知られました。

猿飛佐助を筆頭にした真田十勇士といえば、不倶戴天の敵徳川家康の首を狙って三河に攻め込み、家康に鉄槌を食らわす、そんなRPGゲームなども大流行しました(ちなみに筆者は大好きでしたので、いまだに「いえやす、かくごーーーーっ」のこのゲームの最後の台詞を覚えています)。

しかし、今回の大河ドラマは、真田幸村一人というより、徳川方について江戸の世に真田家を十万石の大名に残した兄信幸やその家族たちにも等しくスポットが当たるようです。

信繁や父の昌幸が、どちらかというと常識人には図れない機略の、というか相当の変わり者として描かれるのに対し、かなり同時代人としては真面目かつまともな対応をするという感じですが、それでも戦国の世を生き抜き真田家をつないだ力量は物凄いものがあると思います。

大坂夏の陣でも、壊された真田丸を捨て、冬の陣で家康本体が陣取った茶臼山に陣を構えた幸村は、必勝の策を練って徳川軍をおびき寄せますが、焦った味方勢が先に戦を始めてしまい、茶臼山での陣地の利を生かすことができませんでした。

日本一の兵(ひのもといちのつわものと読む)、と徳川方の諸将にも名を遺した真田幸村、父の昌幸は見事に二人の後継者を鍛え上げたと言えるでしょう。

なかなか教育とは難しいと思います。

信州上田には、上田だけに数回訪問させていただきました筆者からは以上です。

(平成28年1月8日 金曜日)

2016年1月7日

スマホやモバイルルーターの通信速度制限について


速度制限かかっています
スマホやモバイルルーターのつなぎ放題プランにおいて、一部のユーザーが物凄い通信量を使うために3日で1Gやひと月で7Gといった通信制限を設けているキャリアが多くなっています。

通信制限がかかってしまうと、128kbpsという非常に遅い速度でしか通信されないので、動画データや写真データの取り込みや呼び出しには非常に時間がかかることから、事実上不可能になり、テキストデータのメールデータの受信か発信くらいしかできないようになります。

これをナローバンドと呼ぶのですが、ざっと20年くらい前までは、この通信速度ですら、月間1,000円以上の通信費用を払っていたことを考えると隔世の感が致します。

本当にデータ受信無制限のプランを契約すると、かなりの額の月額使用料を支払わなければなりません。

筆者も、購入したモバイルルーターの月間制限7Gを、ドロップボックスというファイル共有サービスで動画データ(披露宴で披露した余興のビデオ)を誤って取り込んでいたことを忘れてモバイルルーターを利用してしまったため、あっという間に通信容量10G越えしてしまい、月の初めにおいて既に通信制限状態になっていたりしております。

Wifi環境というのは装置設備産業の面がありますので、通信網拡大のためには多額の設備投資が必要になり、それによって獲得した顧客を繋ぎとめるためにさらに投資を続けていかなければならないという面があります。

データ処理速度の向上著しいこうしたITの世界にあって、その基盤となる通信環境の整備は全世界的課題といえそうです。

余興には余念なく、披露宴出席回数は60回を超える筆者からは以上です。

(平成28年1月7日 木曜日)

2016年1月6日

ツイッターの文字数140字制限はこの先撤廃されるのか

Jackの画像ツイート(意訳は本文で)
IT情報筋によりますと、つぶやきSNS大手のTwitter(会社としてはTwitterと表記)が、創業直後より続けていた各「ツイート」の文字数制限を140文字から10,000文字程度へ拡大することを検討しているらしいです。

確かに、いろんな人のつぶやきを、タイムラインという自分専用の掲示板に載せて、つぶやく毎にずらずらテンポよく並んで流れていくというスタイルは非常に隙間時間でのコミュニケーションに適したスタイルでした。

しかしながら、IT技術の大幅な進歩により、ツイッター(提供サービスとしてはツイッターと表記)にも画像や動画を張り付けることができるようになりまして、伝えられる情報は140文字制限を遥かに超えたものになりました。

より端的に言えば、テキストファイルで作成した「文書」を、スクリーンショットやカメラアプリで撮影し、画像データとしてしまえば、理論上いくらでも掲載文字数を増やすことができるのです。

現に、Twitterの共同創設者でCEOのジャック・ドーシーも、自らのツイートで、スクリーンショットにした自らの書簡を最近アップし、その中でこう述べています(筆者意訳なので割り引いてご覧ください)。

「我々は多くの時間を使って、ユーザーがTwitterをどのように使っているのかを観察研究してきたが、今やっているように、テキストをスクリーンショットにしてツイートしているのも見かけるようになった。ところで、その画像データのテキストが、本当にテキストだったらどうだろう?検索したり、ハイライトしたり、コピーできるようなツイートだったら?」

これは、ツイッターの文字データの数を140文字に制限しているという原則を大幅に拡張する予兆ではないかと思われるのです。

そして、そのようにたとえば10,000文字のツイートが可能になっても、140文字以上については→もっと読むといったリンクを付すことにより、タイムラインの軽快性は維持するということのようです。

すなわち、ツイートをクリックすると開いて更にコンテンツが表示されるという本格的な多重構造とすることを志向しているのです。

新しいサービスを作り出し、時代とニーズに合わせて大胆に変えていく、非常にわくわくする取り組みだと思います。

ブログ記事は技量不足からかなかなか→もっと読んでもらえない筆者からは以上です。

(平成28年1月6日 水曜日)

2016年1月5日

アルファベットの書き順に一体正解はあるのか

以前いつかの記事エントリーで、英語の筆記体というのが使われなくなっているという話をしましたが、それに関連しての投稿です。

実は、英語の手書きのブロック体についても、あまり書き順が決まっていないということのようなのです。

例えば、大文字の「E」については、漢字的に総画数を数えると筆者はずっと「4画」で、漢字的に書いてまいりました。

すなわち、(ア)原則左から右に書く、(イ)次に上から下に書く、という決まりに沿ってEの文字を漢字的に書きますと、① ̄②|③-④_の順に書いてEの字にするというのが素直です。

しかし、(ア)(イ)の原則はあくまで日本語の漢字を書くときのルールであり、改めてEの文字を見比べてみると、わざわざ筆を離して4画で書く必要もないのです。

そこで、何かの英語の授業で英語ネイティブの先生が左手で書いていた書き順を思い出してみますと、この方は、円の左半分のように逆コの字を1画で描き切り、そして真ん中に棒を引いて2画でEを作っていたのを思い出したのです。

別に左から右、上から下にこだわることがなければ、こちらのほうが、ペンの動きに無駄が少なく、非常に合理的に見えてきます。

そこでちょっと調べてみたところ、結論として正しい書き方というものはない、ということで落ち着きました。

教育出版大手の学研関係のサイトには、「本などで紹介されている書き順は、初めて外国の文字を書く学習者が戸惑わないように、本を作った人が“例えばこう書けば書きやすいですよ”と示している例にすぎません。

(ドリルや参考書をよく見ると、その書き順は「例」であり、ほかの書き方もあるというお断りが書いてあると思います。)」といういかにも大人の事情なコメントが書かれておりました。

大変面白かったので、そのまま掲載させていただきました(掲載元サイト)。

筆記体にしろブロック体にしろ、いずれにせよ英語は不得意な筆者からは以上です。

(平成28年1月5日 火曜日)

これが日本人向け(例)








これがネイティブ(例)



2016年1月4日

消費増税で何をやることになっているのかをおさらいします

現在は2016年1月でこの記事を書いています。

来年の4月、すなわち今から1年3か月後に、消費税が現行の8%より10%に引き上げられます。これでかつて5%であった消費税の増税が完了します。

あくまで現行の8%は、10%への踊り場に過ぎないというのが政府の公式の立場です。

さて、この消費税10%社会にあたり、こうして確保した財源は何に使われるのでしょうか。

いろいろありますが、最も個人的に注目したいのは、内閣府も公式ホームページで述べている「幼児教育・保育・子育て支援の質・量の充実を図るためには、1兆円超程度の財源が必要。今回の消費税率の引上げにより確保する0.7兆円程度以外の0.3兆円超の財源確保が課題。」というところです。

そもそも、フルに増税したところで、目標とする子育て支援のために必要な財源は3千億円不足しています、ということを言っています。

そんな中、8%の現行消費税率のまま、軽減税率を導入するという話になりました。

今回の「軽減税率」とは、酒と外食を除く食料品全般について8%のままにするという内容です。この軽減税率制度の導入により、フルに消費税増税した場合より、財源にして実に1兆円を取り漏れるという事態になりました。

そもそも、これまでの国会の議論では、社会保障とは老後の安心であるという制度を「拡張」し、少子化社会に何とか有効打を放つため、子育て支援を社会保障の柱に加えて、そのための財源もきちんと確保するために消費増税を行うという趣旨でした。

年間の国家予算全体が100兆円に達しようとする現在、その全体からすれば僅かな割合ながら、この二つの1兆円が持つ意味は非常に重いと思います。

台所が火の車の筆者からは以上です。

(平成28年1月4日 月曜日)

(追記:平成29年1月4日)

平成28年5月30日、2017年4月に予定していた
消費税増税10%を2年半延期し、
2019年10月(平成31年10月)にすることが決定しました。

消費税は、

・高い財源調達力を持つ
・税収が経済の動向に左右されにくく安定している
・勤労世代など、特定の人への負担が集中しない

などの理由から、社会保障の安定財源にふさわしいと考えられていますが、
なかなかその実施はハードルが高いようです。


自転車操業

2016年1月3日

顔認証機能が凄い

顔認証機能は今ではSNS等の場面でよく用いられている技術ですが、厳密にはDNA型鑑定より正確性は劣ります。

DNA型鑑定技術は、元来人間のユニークなアイデンティティーをより明確に示すものとして、署名、 印章、 写真、 指紋等が長く個人識別の手段として使われてきた歴史を踏まえ、最近では生物学(バイオ=biology) という意味と測定基準 (メトリクス=metrics) という意味の言葉を掛け合わせたバイオメトリクスという言葉で表現することも多くなった個人特定分野において、より高度化された特定技術である 「指紋、掌形、 静脈パターン、 顔、 虹彩、 網膜、 声紋、 署名」などを押しのけて、今のところ最も正確だと言われています。

その精度は、実に9億人に1人とのことです。

さてそのようなDNA鑑定に並行して、顔認証機能もかなり精度が高くなっておりまして、すでに100万人に1人の顔を識別できるとも言われます。

この技術の凄いところは、成長や経年により変化する顔の状況を、膨大なデータの蓄積により同一人物として認識する技術です。

したがって、例えばアルバムの写真を並べてみて、特定の個人だけが写っている写真のみを表示できたりすることができます。

筆者もグーグルフォトに溜め込んだ写真データの中から自らの顔を認識させ検索してみましたが、パソコンの画面上いっぱい時系列に沿った自分の顔だらけになりましたので、少々辟易しました。

ディカプリオ並みの美男でない限りは、あまりお勧めできない事例ですが、技術の進歩を体感できるとは思います。

ナルシストの筆者からは以上です。

(平成28年1月3日 日曜日)


2016年1月2日

元素周期表113番目を理化学研究所が命名!

「水兵リーベ僕の船 七曲がるシップスクラーク...」と覚えたこともあると思いますいわゆる元素周期表ですが、その中で、「ウンウントリウム」という仮の元素名で呼ばれている113番目の元素を、このたび正式に国際的に日本の理化学研究所が発見したものと認め、2016年にその命名権を付与することになりました。

日本の科学史に残る快挙です。

万物の物質の元となる元素は、元素番号1番の水素から周期的に同じような性質を持つものが現れ、94番のプルトニウムまでは自然界に存在しているものとして整理されました。

95番以降は、核分裂や核融合技術によって人間の手で人工的に作り出されたものになりますが、それでも組成された元素は周期表に沿って似たような性質を持つものとして確認されてきています。

筆者が学生だった頃の周期表は、第7周期までの118番目の元素まで一応の「欄」が設けられていましたが、実際の発見はなされていませんでした。

しかし、このたび、原子番号113は日本、115、117、118の元素はロシアと米国の共同研究チームの発見と認められました。

これにより周期表の第7周期が全て埋まったことになります。

美しいものです。

113番の元素の半減期は、0.0003秒という非常に短いもので、この短期間に生成された元素は、「崩壊」して別の元素に変わってしまうとのことです。

第8周期以降の元素がこれから発見されるのか、それはまだわかりませんが、人の好奇心に果てがない限り、その探求は続いていくのでしょう。

記事ネタについては、なかなか発見できない筆者からは以上です。

(平成28年1月2日 土曜日)

元素周期表

2016年1月1日

テザリング機能を語ることから始まる新年

テザリング機能付きのスマホで、モバイル通信原則無制限のプランに加入していますので、ほぼ初代のiPad端末を車内に持ち込みそのままビデオ上映会ができるようになりました。

折しも、年末年始の長距離ドライブのお供にか、Amazonが映画ドラえもんや映画クレヨンしんちゃんなどのラインナップを充実させてきましたので、小さい子供のいるご家庭には強い味方になっています。

年末にTSUTAYAに行ってみましたが、ひと昔前のCDやDVDを選べるコーナーは縮小され、代わりに店内の本を併設されたスターバックスのコーヒーコーナーに持ち込んで読んだり、図書館のように参考書やビジネス書を持ち込んで勉強している学生や社会人でごった返しておりました。

コンテンツ配信サービスも様変わりして、コーヒーサービスなどとのコラボレーションがますます進むのでしょう。

デザリングと間違って覚えておりました筆者からは以上です。

2016年もよろしくお願い致します。

20年強もの間、ドラゴンボールを見続けても飽きないテレビっ子の筆者からは以上です。

(平成28年1月1日)