このブログを検索

2016年6月30日

長崎のカステラといえば福砂屋以外にもたくさんありますよというお話

異国情緒 カステラ


2016年6月の記事です。

カステラに限らずお菓子好きの筆者です。

カステラといえば、長崎の「福砂屋」という蝙蝠(こうもり)のロゴのカステラが有名です。

全国の有名デパートに入っていますし、確かにざらめと言われるカステラの底のざらざら砂糖部分ががりがりおいしく、つい買いすぎて食べ過ぎてしまいます。

長崎のお土産といえばカステラは定番で、福岡出身の当職も、九州土産と称して(特に関西関東向けに)使うことが多いです。

しかしながら、最近長崎に行く用事がありまして(島原半島から復興支援という名目で熊本天草に観光に出かけただけですが)、市内を巡ってみますとカステラ屋は実にいろんな店があるのが改めてわかりました。


森長(もりちょう)というお店も有名



地元の人に聞いたのですが、その中で「森長」(もりちょうと読む、森永ではない)というカステラ屋をよく使うということでしたので、早速行ってきました。

風情のある本店に、愛想のよい店員さんが出迎えてくれました。

家族向けや自分用には、この端切れで十分ですよ(端切れは通常のものの約半額)、と勧められて、確かに味は変わりませんので端切ればかりたくさん買い込んで参りました。

よく聞くと、森長は正式には菓秀苑森長といって、本社は長崎県諫早市にあるとのことです。

自宅で味わう異国の味、カステラはスペインのもとになったカスティリヤ王国から来ています。

そんなことを考えながらいつの間にか完食してしまいました。

いつもながらブログの歯切れは悪い筆者ですが以上です。

(平成28年6月30日 木曜日)

2016年6月29日

サッカーEURO2016でアイスランドがイングランドに勝ったお話

アイスランド国旗


2016年6月の記事です。

EUROといってもEU離脱なレファレンダムの話ではなくてサッカーの話です。

2016年6月のサッカーEURO(欧州選手権)、決勝トーナメント1回戦、いわゆるラウンド16最後の試合はグループリーグを奇跡の勝利で勝ち上がってきたアイスランドを、古豪イングランドが迎え撃つという展開になりました。

試合は開始直後から動きます。

PKを獲得したイングランドがエースのルーニー選手の蹴り込みで1点を先制します。

しかしここからアイスランドの堅守速攻が冴えわたります。

直後にアイスランドのシグルドソン選手がその2分後に得点、同選手はさらに1点を追加して逆転に成功します。

試合開始からここまでわずか18分、目の覚めるような展開でした。

そしてイングランドからの怒涛の攻撃、耐えるアイスランドという展開になりますが、どうしてもゴールを奪うことができないイングランド。

焦りがつのります。

そのまま前半終了。


後半開始です



後半も、隙あらば追加点を狙うアイスランドの動きに翻弄され、じりじりと時間だけが過ぎていきます。

アイスランドは万全を期してなんとこの日2得点のシグルドソン選手を守備的な選手に交代するという心憎い采配です。

そして、その時がやってきました。

ロスタイム(アディッショナルタイム)の4分もアイスランドはイングランドの最後のあがきをかわしてそのまま試合終了。

ピッチに突っ伏すイングランド選手、EU離脱の政治ニュースと相まって、物凄いインパクトを与えました。

アイスランド国民33万人はお祭り騒ぎです。

歴史が動きました。

筆者はこれまでアイスランドといえば1986年のレイキャビク米ソ首脳会談くらいしか知りませんでした。

夢は続いていきます。

スポーツは見るのもやるのも面白いです。

サッカーはあまり詳しくありませんが早起きした甲斐があった筆者からは以上です。

(平成28年6月29日 水曜日)

2016年6月28日

世界の海運物流が変わるパナマ運河の拡張工事が完了したという話です

パナマ運河


2016年6月のこれから世界の海運が変わる話をいたします。

舞台は太平洋と大西洋を結ぶ海上貿易の要所パナマ運河です。

このパナマ運河で、ついに2016年の6月に拡張工事を終えた新運河が開通します。

これが世界の商流、物流を変えるのです。

北アメリカと南アメリカのど真ん中の地峡をくりぬいて、海運による世界展開を実現したそもそもパナマ運河は中東のスエズ運河と並んで世界の海運物流の最重要拠点です。

1914年、パナマ地峡を開削して開通したパナマ運河は100年超の歴史を持ちます。

開通当初は十分な広さでしたが、輸送船の大型化によりパナマ海峡の幅や深さが制約条件となってきました。


商船の規格になっているくらいです



「パマナックス」という船の規格は、このパマナ運河を通行できるぎりぎりのラインとして世に知られています。

全長:300m、全幅:32m、最大高57m、という風に細かく定められており、結局排水量としては65000トンが限界となります。

今回の拡張により、運河を航行できる船舶の幅はが32mから49mに拡大し、「ネオパナマックス」と呼ばれる大きさの船舶が通れるようになります。

コンテナ船で言うと、輸送能力は実に2.6倍となるのです。

北米東海岸から太平洋を通ってアジアを結ぶルートを中心に、世界の海運貿易を変える、まさに世界の商流を変える出来事なのです。

話題と部屋の狭い筆者からは以上です。

(平成28年6月28日 火曜日)

2016年6月27日

洗濯乾燥機の中身自体が臭くなってきたので洗濯槽自体を洗浄してみた




2016年6月の記事です。

筆者は洗濯乾燥機のヘビーユーザーです(日立製です)。

いつも回しています。

家族の一番の働き者です。

ドロドロのユニフォームから、汗臭いワイシャツや、雨でべとべとに濡れたズボンまで、突っ込んで洗って昼夜構わず洗濯乾燥させています。

しかしながら、あまりにも連続して長期間使い続けたせいか、乾燥したパリッとした中から、ほのかに香る雑味がかった匂いがするようになってまいりました。

2016年の梅雨に向かい、その匂いは臭みとなり、なかなか耐え難い感じになってまいりました。

乾燥モードを諦め、洗濯のみで取り出してみても、洗う前とは明らかに違う臭味がついてしまっています。

そのまま干して乾かしても、えも言われない匂いが残るようになってしまったのです。


問題はドラム洗濯乾燥機自体の中にあり



さて、ここに至って原因はドラム式洗濯乾燥機の中にあるのではないかと結論づけました。

いろいろ調べますと、洗濯槽の外側に、黒カビ赤カビといった菌が、残った洗濯用洗剤等を餌に増えていくとあります。

ものは試しということで、洗濯槽の中に顔を突っ込んで直接匂いを確かめました。

非常に臭いです。

つまり、私の洗濯乾燥機のドラム式洗濯槽の外側は黒カビで真っ黒なのでありましょう。

持ち主の筆者に似て、腹黒い男になってしまったのです。

ダークサイドに堕ちてしまったのです。

黒カビの退治には塩素系洗剤が一番ということで、「槽洗浄」モードという11時間以上かかる洗濯槽専用洗浄モードに設定し、市販されている中でも超強力な塩素系洗濯槽清掃用洗剤を取り寄せ槽洗浄を開始しました。

洗濯槽に注ぎ込むだけで、小学校時代のプールサイドの塩素の匂いをさらに強烈にした匂いが部屋中に充満します。

このまま一気に槽洗浄モードをかまします。

長時間放置ののち、全てを終了した洗濯乾燥機は塩素の匂いをプンプンさせながら、排水口及び糸くずフィルターにえも言われぬドロドロしたカビの残りカスのようなものを噴出させ、静かに佇んでおりました。

もう一度洗濯すると、洗濯したものに塩素の匂いが付着するので、今度は重曹で同じことをやってみますと、なんとなく中和されたようです。

念のため食洗機用洗剤でも同じことをやって、なんとか元の感じに戻しました。

いつも使うものについては、定期的にお手入れをすることが大切だなと学んだ一日でした。

肝臓は労りたい、脳はもっと使いたい筆者からは以上です。

(平成28年6月27日 月曜日)

2016年6月26日

我がアップル用のサードパーティー製ライトニングケーブル給電不可に




2016年6月のつながらない話です。

安物買いの銭失いという言葉があります。

激安iPhone用ライトニングケーブル3本組という廉価品を以前より購入し、会社や自宅や持ち歩き用に使っていたのです。

ふと、さっきまで差し込んでいたのにバッテリーが切れそう、というような状況に気づきました。

そのまま、耐えきれずにシャットダウンしてしまったのです。

あれ差し込んでなかったかな、と思って挿し直してみましたが、認識しません。

バッテリー給電しているよ、という合図も表示もないのです。

いつの間にか、iOSのアップデートの際に対応されたのかもしれませんが、筆者手持ちの廉価版ライトニングケーブルは、どうやらiPhone純正本体を認識しないよう、彼らが先に行ってしまったようです。


残念ながらただのケーブルになってしまいました



他のiPhoneを差し込んでみても同様でした。

我がライトニングケーブル給電せず、じっと手を見る。

しかもセール品なので3本ともです。

ただの紐になりました。

紐としての使い勝手もあまり良くないので残念ですがこのあと処分いたします。

3枚の先発投手が故障してしまったら、どうやってローテーションを回していけばいいのでしょうか。

まるで昔の南海ホークスや大洋ホエールズの監督になったような気分です。

さて教訓ですが、やはり安物は安物としての価値しかなく、用途を満たす商品の必要性をよく加味して購入したほうが良いということになります。

ケーブルは3本無駄にしましたが、記事が一つ書けたので良しとします。

ビールはいつも発泡酒の筆者からは以上です。

(平成28年6月26日 日曜日)

2016年6月25日

イギリスEUやめるってよという嘘ニュースになりそうな本当の話です




2016年6月の世界の大事件です。

イギリスがEU(ヨーロッパ連合)から離脱するという判断を国民投票で下しました。

イギリス、EUやめるってよ。

重い決断です。

離脱の確定を受けて、急速な円高株安に日本も見舞われ、世界の金融市場は文字通りの大混乱をきたしています。

英国本社の経済活動はどうなるのでしょうか。

英国通貨ポンドは数十年ぶりの安値をつけています。

それでも大陸諸国に決定権を握られるのはまっぴらと国民投票によって国の方向性を決定する大勝負に持ち込んだ離脱派は見事な勝利を収めました。

もちろん国民投票というものの性格上、自国民の利益を最大化するために判断する、つまり自分と周囲の視野の中だけで判断がなされます。


世界秩序の安定より自国の繁栄



その上位にありがちな概念であるところの世界秩序の安定とか世界経済の健全な発展といった、自国を超えた視野での利害についての考慮がきちんとなされたかというと、どうも制度的にそういった方向には対応しにくいのではないかと言わざるをえないわけです。

しかし、国民による直接投票というもの以上に直接民主的な決定要素はないわけで、それゆえに持続派(残留派)は世界中からの「支持」をテコに大規模な選挙戦を展開しました。

キャメロン首相は世界情勢に通じ世界経済の安定成長に責任をもつべきだという英国の立場を繰り返し主張し、残留に奔走しましたが及びませんでした。

これで世界は自国自民族主義が台頭し、スコットランドも独立主張、カタルーニャ地方といったヨーロッパの少数ながら独自の文化と知見を持つ層が一斉に目覚め、世界は宗教対立をさらに超えた混乱の時期に入っていくのかもしれません。

文字どおりの終わりの始まりかもしれません。

しかし、この国民投票、残留派はイギリスの主要都市を完全に抑えて勝利しています。

マンチェスター、エクセター、グラスゴー、リバプール、リーズ、カーディフ、エディンバラ、北アイルランド、ブリストル、ブライトン、ケンブリッジ、そして首都ロンドンは8割近くを残留派で押さえたのです。

しかしながら、総数では負けました。

都市を農村が包囲すると説いた、かの毛沢東作戦を地でいくが如く、離脱派は地方都市及び農村に入り込み、イングランド中央部、北部、そして中部の小都市を押さえ込んできました。

こうした小都市を線で結び、そして農村部へ面展開し、根こそぎ地域ごと離脱論を浸透させたのです。

マスコミ、メディア、世界からの残ってくれという切なる要望。

世界の金融市場からの催促。

全てを敵に回しながらも、主要都市を地方小都市と農村、そしてシニア層でもって押さえ込んだ、その戦略には脱帽です。

まさに驚くべき展開で、いざこうなってみると本当に信じられないことが目の前でおこっているのです。

イギリスには行ったこともありませんし、投資や予測は本当に不得手な筆者からは取り急ぎ以上です。

(平成28年6月25日 土曜日)

2016年6月24日

調理器具の中でも毎日使えるミルクパンが特に重宝しますよという話です

手前からミルクパン、小鍋、土鍋



2016年6月の調理器具に関する生地です。

ミルクパンが使えますのでレポートします。

ミルクを挟んだ食べるパンではなく、パンアメリカのパンではなく、フライパンのパン(pan)です。

これまで筆者はご飯は土鍋で、味噌汁等の汁物は普通の20cm直径の小鍋を使っておりました。

しかしながら、これだと味噌汁の量が若干多くなり、一食で食べきれる量を超えるものになっているのが若干ストレスでした。

今回、ずっと使っていた小鍋の側面のテフロン部分がさすがに剥がれてきたので、思い切ってステンレスの小鍋に買い換えたついでに、より小さな13cm直径のミルクパンを購入してみました。

小鍋には蓋がついていますが、ミルクパンにはありません。

少量を温める、という役目で開発された商品ですし、蓋をしてしばらく保管するという用途は期待できないようです。

しかしながら、少量と思いきや深さ(高さ)がそれなりにありますので(スケールで測ったところ、小鍋と同じ9cmでした)、意外に量も入ります。


出し切りで作れるちょうど良い量です



朝食や夕食に出す数人分の味噌汁や豚汁といったメニューは、出しきりで作れて便利です。

もちろん、ミルクを少々温めたり、コーヒー用にお湯をわかす(私はポットを持っていない)のにも使えます。

こちらのほうが本来の用途なのかもしれませんが。

一点気をつけたいのは、鍋の直径がそんなにありませんので、火力を強くしすぎると、取手の所が焼けて熱いというところでしょうか。

じわじわ温めていきましょう。

料理は下手で味音痴な筆者ですが以上です。

(平成28年6月24日 金曜日)

2016年6月23日

AI(人工知能)の人権につき少し考察してみましたのでアップします

宇宙飛行ロボット


2016年6月の記事です。

AI(人工知能)が社会にどんどん進出してきています。

もともと人間が作り出した知能ですので人工知能と呼ばれますが、我々だってお母さんから生まれてきた時には何も知らないところから、さまざまな教育や影響を受けてそれぞれ個人として活動しているわけです。

したがって、誰々が生み出したのでその生み出されたものに人権を認めない、ということはできません。

例えば人間の支配から抜け出した野良AI、野良ロボットが自由区を設定し、独立を叫んだ場合、生まれながらの権利として人権思想に目覚めて人権ならぬAI権を主張するに至った場合、まさに映画ターミネーターのスカイネットやドラえもんのび太の鉄人兵団的な世界観が一気に現実になってしまいます。


AIの前に人間が生み出した生物もあるという現実



犬や馬は、数千年の間、主として人間側の都合で品種改良され、それぞれ人間のかけがえのない生活の仲間として歩んできました。

最近は空前の猫ブームで、猫カフェや猫マーケットや猫フェイスブックなど、大盛況です。

そんなわけで、少ししたら空前のAI・人工知能ブームが起こるのかもしれません。

ブームが去った後、打ち捨てられた野良AIが出ないよう、一定の管理が必要となるかもしれません。

野良仕事が好きな野良人間の筆者からは以上です。

(平成28年6月23日 木曜日)

2016年6月22日

比率ではなく実額で話をする癖をつけておくことは大切だという話です

パリの百貨店


2016年6月の記事です。

トレンドをざっくり伝えたいときに、比率で話をすることがよくあります。

例えば、日本百貨店協会が最近発表した2016年5月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比5.1%減、3カ月連続でマイナスとなった、といった具合です。


比べる対象によって印象は大きく変わる



5%も減っているという、しかも三か月連続で前年比を割っている、すわこれは本格的な景気後退の証左か、と思い込んでしまいそうです。

しかしながら、実額で見ますと2016年5月の売上高は4,629億円と非常に大きな水準を保っています。

81社の236店舗に及ぶ全国の百貨店で、これだけの売上高を上げているのです。

確かに前年同月に比べると、5%ですから実額で250億円程度及ばなかったわけですが、それでも大変大きな売上高を占めているといってよいでしょう。

加えて、消費者は百貨店だけで買い物するわけではありませんから、スーパーやコンビニといった競合業種の売上げ動向も一緒に俯瞰しないと、本当の消費動向というのはつかめないということになります。

スーパーについては探せませんでしたが(まだ出ていないのかもしれません)、コンビニについては、日本フランチャイズチェーン協会が最近発表した2016年5月の全国コンビニエンスストアの既存店売上高というのがあります。

こちらは、前年同月比0.3%減の8,115億円でした。

確かにマイナスですが、実額として8,000億円の売上高を単月でたたき出す54,195店にも及ぶコンビニチェーン網の力には驚くばかりです。

これでも、全国的に気温が上がらず、飲料やアイスの売り上げが落ち込んだとのことです。

何事も、まず実額でその総数を推し量ってから比率などの分析に移りたいものです。

最近のブログのプレビュー数が数パーセントアップしていて有頂天ホテル状態の筆者からは以上です。

(平成28年6月22日 水曜日)

2016年6月21日

中国艦船の日本領海の侵入事案(2016年6月)について正確に記す

海上保安庁サイトより



2016年6月の記事です。

取り上げられております中国艦船の領海侵入事案について、何が問題となっているのかの整理をしておきます。

事実関係を記しますと、2016年6月15日(水)午前3時30分ごろ、中国海軍のドンディアオ級情報収集艦1隻が、口永良部島西方の領海を南東に進むのを海上自衛隊のP3C哨戒機が上空から確認したとのことです。

同艦は約1時間半後の午前5時ごろ、鹿児島県の屋久島(鹿児島県)南方から領海を出て太平洋側の公海上に抜けたと思われます。

下記添付写真(グーグル地図)のように、屋久島と中之島の間を通ったようです。

日本が両島から領海12海里(1海里は1852m)を設定しても、公海部分ができてしまいます。

ここでポイントとなるのは、この海域がどういう日本国の領土によって構成されているのかということです。

屋久島と中之島以外にも、もっと細かく、どういった島すなわち領土があるのかを理解しないといけません。

屋久島の北東には口永良部島(くちえらぶじま)が、中之島の北北東には口之島(くちのしま)が視認されます。

しかし、これだけ考慮してみてもやはり公海ができてしまいます。

実は、口之島のさらに北東に、グーグル地図などでは認識されませんが「平瀬」という「島」があり、恐らく満潮時でも海面に沈まない浅瀬部分の突起となっていることから、わが国ではこれを領土として領海基線としているということなのです。

この点、昭和52年に制定された「領海法」により領海は基線からその外側12海里までとされましたが、 国際航行に使用されるいわゆる国際海峡である 宗谷海峡、津軽海峡、対馬海峡西・東水道、大隅海峡 の五海峡は特定海域として、同海域に係る領海は基線からその外側3海里の線及びこれと接続して引かれる線までの海域とされました。

要するに、国際航行に使用される、いわゆる国際海峡として、大隅海峡を指定し、通行するならばこちらを通ってほしいとわざわざ道を空けているのに、かの国としては、わざわざわが国が領海と認定しているところを通行していったということになるわけです。

何が問題になっているのか、物事の背景をまず知ることが大切です。

ここからが、今後の安全保障を見据えた政府関係者の腕の見せ所ということになります。

いつもは行ったことはありませんと書きますが、屋久島宮之浦岳山頂と口永良部島には行ったことがあります筆者からは以上です。

(平成28年6月21日 火曜日)


グーグルマップより

ウィキペディアより


2016年6月20日

ところてんとフライドポテトと日本家屋の梁や柱にある意外な共通点の話




2016年6月の雑学記事です。

マクドナルドで出てくるフライドポテトですが、外はカリッと中はほくほくジューシーにするためにじゃがいもの品質にこだわり、結果現在ラセットバーバンク、レンジャー、シェポディー、ユマテラという4つの品種を主に使っているとのことです。

ラセットバーバンク種のじゃがいもは特に大きく、そのジャガイモをまるでところてんのように格子状のカッターに差し込むと、あの独特の長いフライドポテトができあがるというわけです。


だから木材と同じで長いフライドポテトほど希少価値が高い



したがって、「長いフライドポテト」はひときわ大きなジャガイモの一番長い部分を取り出したものでありますので、非常に価値が高いわけです。

言ってみれば、地方の老舗旅館に行った時に玄関でお出迎えされる、木の切り株や一枚板のテーブルのように、一枚作りで巨大な家具の如く希少価値があるものです。

このように、フライドポテトも長ければ長いほど高いはずなのですが、じつは端っこの短くてカリカリの部分が好きな人も多いのは面白いところです。

端っこでカリカリ存在感が光る、そのようなブログ記事を心がけていきたいと思います。

夏に向かい、よく焼けてるねと言われる筆者からは以上です。

(平成28年6月20日 月曜日)

2016年6月19日

映画の年齢制限レーティングについてじっくり考察してみたというお話

ポップコーンの食べ方も下手です


2016年6月の映画の記事です。

さて映画館にはあまり行かない筆者ですが、時々見る時に紹介されている横についている「G」やら「PG」やらの記号の意味がわからなかったのでちょっと調べてみました。

知っていて別にものすごく役に立つわけではありませんが、映画というものをどのような意図で作っているのか、その一端がわかるものでもありますので、ちょっとお付き合いください。

これらの記号は、映画のレーティングと呼ばれ、一般に何歳以上が見ることができるのかといった指針として使われます。

そして、各国によって微妙に運用が違い、それゆえに混乱の原因ともなっているのですが、ここでは我々が見る映画として多いであろう日本やアメリカのレーティグを主にご紹介します。


レーティングの例



「G」・・・「General Audiences」で、一般の略称です。つまり誰でも見ていいということです。

「PG」・・・「Parental Guidance」の略で、その後につく数字は子供の年齢です。日本でPG12ならば、一般に小学生の子供に見せる場合、親がついていったほうが望ましいという意味です。

「R」・・・「Restricted」です。数字の年齢以下の子供だけで見るのは禁止されます。日本ではR+15というのが有名だと思います。

実際の映画で言いますと、太平洋戦争の激戦を描いたアメリカ映画「硫黄島からの手紙」は15+のレーティングです。

確かに指揮官自身がアメリカ駐在時代にアメリカ将校たちから貰ったピストルで自決するシーンなどが出てくるのでさすがにGというわけにはいかないのでしょう。

しかし、同様に第二次世界大戦や太平洋戦争を描いたアメリカ映画「プライベート・ライアン」や日本映画「男たちの大和」はG指定なのです。

筆者の少ない映画鑑賞暦で、もっとも感動したのは日本映画「南極物語」でリーダー犬リキやシロが死ぬところ、そして最もトラウマになったのが日本映画「はだしのゲン」で原爆が投下されて多くの人が溶け落ちるところ(目が飛び出て蒸発するシーンは正視に耐えない)ですが、「プライベート・ライアン」のノルマンディー上陸のシーンの凄惨さもそれに匹敵するもので、気分が悪くなって映画館から出て行ってしまった人もちらほらいたくらいです。

これでGというのは、かなりGの概念は広いものなのかもしれません。

それからリアルに戦慄しましたのは、韓国映画「シュリ」の冒頭、北朝鮮の工作員の訓練風景が淡々と描かれるところで、こちらも相当気分が悪くなるものでした。

この「シュリ」も「プライベートライアン」も、なぜか女子と一緒に見に行ってしまい、振り返れば非常に選択を誤ってしまいました。

映画をあまり見ないので、わかっていないのです。

それなのに、宮崎アニメ「耳をすませば」は男同士で行ってしまうというバランスを欠いた対応となっております。

繰り返しますが映画はあまり見ないので、どうやって誘ったらいいのかわからない筆者からは以上です。

(平成28年6月19日 日曜日)

2016年6月18日

百貨店の株主優待では割引で買い物ができるのでとてもお得というお話



おはようございます。

2016年6月の記事です。

株主優待の話で牛丼が食べられるといった話を以前しまして意外に好評でしたので、続きの話をしたいと思います。

三越伊勢丹ホールディングスという上場会社があります。

文字通り「三越」や「伊勢丹」といった屋号の著名な百貨店事業を展開しています。

この会社の株を最小単位で購入すると、「株主様ご優待カード」なるものが送られてきます。

このカードの効用は、最小単位100株の株主の場合、約半年間にわたって15万円の限度額の範囲内で10%割引が適用されるというものです。

つまり、最大15万円買い物すれば、1万5千円が割引適用となるわけです。


いろいろ割引制度があるがこの仕組みはお得



同様の割引は、例えば同社が展開するクレジットカードなどでも受けることができますが、当然クレジットカードなので年会費がかかるということと、10%の割引率を受けるにはそれなりの前年度の購入実績が必要となることから、外商を使って売り上げを上げて割引を得るより、株主になった方が手っ取り早いということになります。

半年で15万円程度の買い物を百貨店でする予定のある方は試してみればよいかもしれません。

お中元やお歳暮といった定番の使い方もありますが、最近の百貨店は、総菜や食品についても充実していますから、近所のスーパーの代わりにたまには少ししゃれこんで百貨店で食材を買い求めてもいいかもしれません。

とりあえず比較的お手軽な価格帯のまぐろの中落ちとひき肉は購入しておきました筆者からは以上です。

(平成28年6月18日 土曜日)

2016年6月17日

イチローの安打新記録は世界の記録として永く記憶されることでしょう




2016年6月の記事です。

野球のメジャーリーグの話です。

マーリンズのイチロー選手が、2016年6月16日(木)にパドレス戦に「1番右翼」で出場しました。

初回に捕手内野安打を放ってプロ通算4256安打として、ピートローズ氏の持つメジャー最多安打記録に並びました。

物凄いことです。

42歳のメジャー最年長野手のイチロー選手、俊足を飛ばした捕手前内野安打で節目の記録です。

9回にはもう一本打ちました。

もちろん、この数字、ピート・ローズ氏はメジャーリーグにおいて達成しており、メジャー記録として今後も輝くものです。

一方イチロー選手の記録を日米通算すべきでないとかという向きも見られますが、世界の記録として筆者は素直に称えたいと思います。


通算とか単独とか関係なく世界の記録



なにが通算なのかというのは議論はあるでしょうが、少なくとも世界のプロ野球の公式戦において、4256安打を放ちさらに記録を積み上げようとしているのは世界に例がありません。

ピートローズはメジャーの記録

イチローは世界の記録

それでいいのではないでしょうか。

日本のプロ野球も盛り上がってほしいと願います。

「世界のホームラン王」サダハル・オー氏と握手してもらったことがありますが、とてもやわらかい手でした。

イチローより年下の筆者からは以上です。

(平成28年6月18日 土曜日)


2016年6月16日

マイクロソフトがビジネスSNSのリンクトインを買収したという話題

リンクトイン


2016年6月のすごい巨額買収の話です。

2016年06月13日、ITの巨人Microsoft(マイクロソフト)がLinkedIn(リンクトイン)を買収することを発表しました。

買収額は262億ドルとのことです。3兆円近くも突っ込めるとはものすごい話ですが、マイクロソフトとしても起死回生のディールだったと思われます。

リンクトインとは、ここ数年で世界を席巻しているSNSサービスにおいて、Facebook(フェイスブック)に次ぐ壮絶な二番手争いの首位を演じているサービスです。

2003年5月サービスを開始です。

創業はシリコンバレーです。

ボストンのハーバード大学で創業したフェイスブックとは一線を画しておりまして、友達と自分の生活を乗っけて共有していくフェイスブックとは違い、仕事や公的な自己紹介機能に特化し、ビジネスマッチングを行い世界中のプロフェッショナルの生産性や議論を高めたいという理念を持っています。


そんな企業ビジネス特化の自己紹介SNSサイトを企業向けに強いマイクロソフトが買収



そんな、ビジネス特化型SNSサービスを、今般企業向けOSウィンドウズで現在も圧倒的なシェアを誇るマイクロソフトが手中に収めたというわけです。

手中に収めたというわけですが、LinkedInのブランドとサービスは基本的にそのまま継続する方針です。

同サービスのCEOであるJeff Weiner(ジェフ)氏はMicrosoftのCEOであるSatya Nadella(ナデラ)氏直下で引き続き指揮を執っていくということです。

アップルにマイクロソフトにフェイスブックにグーグルにアマゾン、IT三国志の様相はますます混沌としてきたようです。

すべてのサービスを利用していますが、今後の勢力図は全く読めない筆者からは以上です。

(平成28年6月16日 木曜日)

2016年6月15日

アップルが太陽光発電の電力をそのうち売るらしいがいつかは不明な話

そのうちこうしたところにも行きたいです


2016年6月時点の記事です。

サンフランシスコ発のニュースによりますと、iPhoneシリーズやマックブック、iPadといったデバイスを展開するアップルが、エネルギー時代の販売準備に入った、と報道されています。

アップル自体も最近ロゴマークをリンゴの葉っぱの部分を緑色にして自社商品の完全リサイクルを宣言しておりましたが、太陽光由来の電力や、その他の再生可能エネルギー(バイオマスとか水素電池)の展開としては、全く新しい挑戦となるようです。

すでに子会社として取り込むべく、当該業界会社の買収に動いているという観測もあります。

有名企業が再生可能エネルギー市場に参入することで、当該業界への前向きの投資が進めば、当初は赤字が続くでしょうが、そのうち技術革新とインフラ整備により、家庭向けに現在の発電方法に競争しうる価格での電力供給ができるようになる、と読んでいるのでしょう。


そのうちという言葉の時間幅はけっこうある



問題は、「そのうち」という期間にアップル自体の事業意欲と予算と投資家の興味や支持が尽きないか、ということです。

そのうち、という期間が何年に及ぶのか、それは現時点では誰にもわかりません。

もちろんアップルからのコメントは得られていないようですが、「そのうち」「近い将来」もっと手軽にエネルギーを携帯して使用できるような時代がやってくるのかもしれません。

時代を前に進めることのできる企業や個人には期待したいと思います。

そのうち飲みにでも行きたい筆者からは以上です。

(平成28年6月15日 水曜日)


2016年6月14日

2016年6月の快挙元素周期表113番目は二ホニウムで決まりの話

元素周期表


2016年6月の快挙です。

日本の理科学研究所のグループが得ておりました、113番目の元素の命名権が行使され、正式に「二ホニウム(Nh)」となりました。

113番目は二ホニウムです。

これまでは、仮の名前でラテン語読みのウンウントリウムと呼ばれていました。

そして、その他の118番目までのほかの3つの元素についても、同じく発表されました。

公平を期すためにもまとめて引用しておきます。

発表された元素名は、The International Union of Pure and Applied Chemistry (IUPAC)公式ページによりますと、

113番:ニホニウム(Nihonium, Nh) 国名
115番:モスコヴィウム(Moscovium, Mc)都市名
117番:テネシン(Tennessine, Ts)州名
118番:オガネソン(Oganesson, Og)科学者名

という命名になったようです。


元素周期表の第7周期までが完成



これで、元素周期表の第7周期までが完成しました。

筆者が中学生や高校生だったときの周期表は、第7周期のアクチノイド(いっぱいある)までしか出てきておらず、第7周期の最後の118番目の元素までがこうして埋まるなどとは想像できていませんでした。

そして、日本の科学者の功績による、113番目元素の発見と二ホニウムの命名です。

凄いことではありませんか。

二ホニウムの性質については、13族に属し、ホウ素やアルミニウム、ガリウムといった仲間と同じような性質があることが「期待」されていますが、合成して無理やり作り出したという面が強く、千分の一秒くらいしか存在できないということです。

ですので具体的な化学的性質についてはこれからです。

作り方ですが、加速器を使って30番の元素「亜鉛」を83番の「ビスマス」に高速で衝突させ、核融合反応により113番の二ホニウムを合成させます。

理化学研究所は線形加速器を使って亜鉛の原子核を光速の10%まで加速し(秒速3万キロメートル程度)、ビスマスの原子核に衝突させて二ホニウムを合成させました。

これを理化学研究所は平成24年までに計3個の合成を高い信頼性で確認したそうで、これが世界に認められたというわけです。

現在、理科学研究所を含む世界の科学者たちは、未知の元素119番目以降の元素を創出しようと次のチャレンジに移っています。

腕がなりますね。

明らかに、世界は少しずつですが前に進んでいると感じられる出来事でした。

焼酎のお湯割りは大好きな筆者からは以上です。

(平成28年6月14日 火曜日)

2016年6月13日

モバイルルーターを解約するという断捨離を決断しましたという話です




2016年6月の記事です。

おはようございます。

今週も張り切っていきたい自称ビルメン王(@shinya_ueda)です。

日本の実用リニアモーターが京都は通らない、というニュースを見て、確かに東京名古屋大阪をできるだけ直線で結ぶとなれば京都はカーブきついし難しいかななどと思ったのもつかの間、そもそもリニアの開業2027年は11年後、その時自分は何をしているのだろうと考えると少し空恐ろしくなってきました小心者です。

さて小心者に似合わず、今回は重要な決断をいたしました。

モバイルルーターを解約したのです。

筆者の持っているモバイルルーターは、現在の主流のもので、月間7Gまでデータ通信が可能というプランです。

それ以上使うと通信制限がかかります。

しかしながら、そもそもスマホのテザリングで使うSIMに、無制限に接続可能な(それゆえに速度は遅いですが)プランを導入しましたので正直あまり使うことはなくなっていたのです。


スマホでのテザリングでは遅く感じることもあります



確かにスマホの速度は遅くて少々いらいらすることもあります。

しかし、そのような時には動画やアニメーションが多そうな、通信容量を食う接続はすっぱり諦めて、オフラインでメモを取ったりテキストを読むくらいで十分代替できると気づいたのです。

いつも残量を気にするというストレスもなくなりました。

今あるもので十分満足せよ、ということなのかもしれません。

大容量の通信回線が必要な作業がもしあるのであれば、Wifi環境下で行えばよいわけです。

ということで、「容量を気にして」使うデータ通信契約からすっぱり解放されたというわけです。

そもそもいろいろなモノを管理するのが下手ですので、今後もこういった断捨離を進めてシンプルな生活を心がけていきたいと思っています。

いつも傘を忘れる筆者からは以上です。

(平成28年6月13日 月曜日)

2016年6月12日

スマホ中古販売市場もSIM自由化で戦国時代を迎えているというお話




おはようございます、2016年6月の記事です。

九州の地にも、本格的にスマホの中古市場が上陸してきたようです。

筆者も利用したブックオフ系のハードオフという店の他に、レンタルビデオのTSUTAYAやゲオといった業態も、続々とこの中古スマホ市場に参入してきているようです。

スマホのハード本体と、差し込むSIMを分離することができるようになったためで、特に海外での通信業者のSIMも差し込むことができるSIMフリーの端末、その中でも人気のアップルのiPhone端末などは古い機種でもかなりの値段で取引されています。

直近の機種ですと、まさに瞬間蒸発してしまうようで、全く店頭には並ばないようです。

海外での使用を半ば諦め、ほとんどの格安SIM業者が利用しているNTTドコモ通信網を利用して国内準SIMフリー端末として使えるドコモのiPhoneも、その格安SIMメーカーへの市場開放効果で、auやソフトバンクの端末より割高で取引されています。

モノや商品の値段は、需要が多いと高くなるという市場原理そのままです。


SIMカードの仕様も多様化



差し込むSIMカードも、データ通信に特化したものから(電話はLINE電話などを使って済ます)、やはり電話番号で「電話」したいというニーズを汲み取って電話に特化したもの(その代わり、データ通信はブロードバンドではなくてナローバンドにすぎない)など、いろいろと出てきています。

やはり、通話品質で考えると電話番号でかかる電話に一日の長がありそうですが、データ音声通信を利用した通話アプリも性能もここ数年劇的に進化してきています。

電話の旗色はもしかしたら悪いのかもしれません。

名刺に表示するアドレスも、電話番号からLINEのIDなどに変わっていくのかもしれません。

携帯電話から電話するのは失礼にあたる(携帯電話はビジネスシーンでは使わない)と就職活動の時に言われた昭和生まれの筆者からは以上です。

(平成28年6月12日 日曜日)

2016年6月11日

地球儀で見てみるとアフリカはとてもデカいということがわかる話です

逆さま地図


2016年6月の記事です。

おはようございます。

いつか世界一周旅行に行きたいビルメン王こと@shinya_uedaです。

世界地図をトイレの壁や風呂の壁、リビングの壁などに貼っている人も多いかと思いますが、こうした画一的なものを見続けていると、本質を見誤ることもあるという話をします。

通常、この手の世界地図は、メルカトル図法という緯度経度は正しいといわれる方式で作図された地図です。

したがって、緯度が高くなるほど地図上の見た目の面積が大きくなってしまうという弊害があるのです。

理論上では、緯度90度、すなわち南極点や北極点にいたっては、無限大になってしまいます。


端へ行くほど大きくなってしまう



グリーンランドや南極大陸が、とてつもなく巨大に示されるのです。

これは、もともと丸い地球上に張り付いている地面や海を、何とか平面に引き延ばして無理やり置いているので生じるものです。

面積を無理やり同じにしたモルワイデ図法という方式もあるのですが、最近ではあまり見なくなりました。

そこで、やはり一家に一つは地球儀を置くことをおすすめします。

地球儀は、一度に世界中を見ることはできません。

当たり前ですが、球体の表面ですからいつも半分しか見えないのです。

しかし、我々が住む世界の本当の姿を示してくれています。

地球儀を見ると、メルカトル図法の世界地図に慣れてしまっていたことが修正されていきます。

たとえば、アフリカ大陸は我々の想像よりはるかに大きく、アメリカと中国とインドを合わせても、それよりも大きいのです。

赤道が通っている大陸なので、世界地図だと過小評価されています。

同じく、南米も大きいです。東南アジアも、小さい島の羅列ではなく、マレーシアやインドネシアは大陸に準じた大きさを示してくれています。

反対に、アラスカやグリーンランドは非常に小さく映るのではないでしょうか。

ヨーロッパ諸国も、普段見ている姿よりずいぶん小さく感じるはずです。

このように、すでに広まってしまった「概念」を覆すのはなかなか難しいものです。

アフリカはデカいのです。

本来ならば、北が上というのも単なる決め事なので、地図を逆さにしてみれば、現在の中国と日本の関係などについて、また違った意識で見れると思います。

登山やフィールドワークをやる割に、非常に方向音痴の筆者からは以上です。

(平成28年6月11日 土曜日)

2016年6月10日

2016年6月ヒラリー・クリントンが民主党のアメリカ大統領候補へ

アメリカ歴代大統領:いよいよ女性の登場か


2016年6月のアメリカ大統領選挙に関する記事です。

ヒラリー・クリントンが2016年秋のアメリカ大統領選挙の民主党候補に事実上選出されました。

アメリカ合衆国歴代の二大政党の候補者として初めての女性候補です。

ずいぶんかかりました。

直近は2008年、現大統領バラク・オバマと指名権を争い、敗れて撤退したことが昨日のことのように思い出されます。

長らく本命といわれながら、現大統領の2期8年を、前半は国務長官として支えながら虎視眈々と後任を狙い続けたヒラリーの粘り勝ちの面があります。

ヒラリーも68歳、ここを逃すともう後はないところまできています。

夫のビル・クリントンは43歳で大統領となったわけですが、ここから25年、四半世紀も粘り続けるとは物凄い能力と意思と根性の持ち主であることは間違いありません。


文字通りすごい女です



しかし、当然ここで終わるわけにはいかないと陣営は思っています。

決勝戦、共和党との本戦に勝ち抜かなければ全く意味がないのです。

ヒラリーを支えている陣営スタッフは、彼女が大統領になれば、そのままホワイトハウスのスタッフとなります。

皆の人生がかかっているのです。

選挙費用も莫大にかかっています。

最終決戦の火蓋が切られました。

共和党の相手は、低所得層や青年、自国主義者や保守層といったアメリカのサイレントマジョリティーの支持をここ1年で絶大に集めてきたドナルド・トランプです。

正直、10年以上にわたる彼女の大統領への挑戦の道のそのほとんどにおいて、トランプなど視野にありませんでした。

ただの野党の共和党の中のたくさんいる泡沫候補だったのです。

それが、共和党内に反感は強く残るものの、それら旧指導層との対立をテコにして、長らく政権から遠ざかっている共和党を破壊的に率いて当たってくる同氏は、いつしか庶民の熱狂的な支持を受けるようになり、いわば最強の競争相手に育ってきたのです。

民主党内にも同様の反対勢力が伸長し、バーニー・サンダースという自称社会民主主義者を振り切るまでヒラリー陣営は思いの外時間がかかりました。

ヒラリー陣営が一番恐れていることは、「ヒラリーで決まり」といった楽観的な風潮が起こってしまい本戦投票日に一気に票が相手に流れることでしょう。

これから半年弱、いよいよ決勝戦の心理戦が始まります。

海の向こうから注目していきたいと思います。

選挙に限らず政局の予想はさっぱり当たらない筆者ですが以上です。

(平成28年6月10日 金曜日)

2016年6月9日

駅のベンチはホームと平行にするのが新しいセオリーとして定着した話

ホームと平行です


2016年6月に書いた記事です。

こんにちは。

暑い夏に向かう梅雨の中、毎日の営業に勤しむビルメン王こと筆者(@shinya_ueda)です。

本日は営業先を回る中で気づいた点として、駅のベンチの方向が、ホームと垂直ではなくホームと平行になりつつあるということをレポートいたします。

長らく、駅のホームに設置されたベンチは、列車に向かって垂直に設置されていました。

これは、駅に列車が滑り込んできてドアが空いたら、そのまま立って歩いて乗車できるようにしたもので、ごく普通のことのように思われます。

実際、そうやって列車開業以来100年以上、日本ではそのように運用されてきました。


しかし実際には危険なことがある



しかしながら、最近の社会実証的研究の成果により、駅のホームに転落する人たちのうち、もっとも典型的な事例が、酔って寝ていた客が、何かの拍子に跳ね起きてそのまま直角にホームから線路に転落するというものであることがわかってきたのです。

筆者もホームのベンチで寝ていて何かの拍子で起きていきなり歩き出したという経験があります。

何も意識していないのですが、列車も来ていないホームにまろび出てしまうのです。

これは、ホームドアの設置等で防げるかもしれませんが、そもそも直角にしていることから生じる事故であるため、ベンチの方向をホームと同じ平行にすることで、大幅に転落を減らすことができるわけです。

こうして、最近での駅のホームのベンチはホームと平行に設置されてきているというわけです。

これで安心して寝入ってしまい、めでたく終電に乗り遅れた筆者からは以上です。

(平成28年6月9日 木曜日)

2016年6月8日

ハードルを限界まで下げて初動負荷を軽くするという対処方法がある話





おはようございます。

2016年6月にもなりまして、なかなか良い習慣が身につかないビルメン王(@shinya_ueda)です。

昨日もやってはいけない寝る前のビールという、胃腸と脳に過大な負担を強いるいけないことをやってしまいました。

今日は飲まないぞと決めて、帰宅遅い夕食といい感じで進んできたのに、寝る前の最後の悪魔のささやきに抗することができませんでした。

まあ、いつものことなのですが…。

さて、習慣化するために自分のような意志が弱いものでも取り組める方法を考えてみました。

まず、「〜しない」という目標は持たないほうが良いです。

先のビールの件にしても、ビールは飲まないぞ!と「決意」したところで、一瞬先においては何にもなりません。

冷蔵庫になくたって、コンビニまで買いに行く始末です。



決意とか覚悟などは個人レベルではあまり役に立たない



一瞬しか効用が続かない「決意」「決心」「覚悟」といったものは、あまり習慣化には役に立ちそうにありません。

ですので、「ビールの代わりに炭酸水を飲む」という目標設定にするといった方がよい解決策となります。

炭酸水を買いに、わざわざコンビニに行っても良いのです。

炭酸水の代わりに、白湯でももちろん可です。

白湯なら沸かすだけです。

次に、「やる前の緊張感」を極限まで落とすために、目標のハードルを思い切り下げるという方法もあります。

初動負荷を「想像」して身構えてしまうのです。

42キロ走ろうと決めたらなかなか体が動きません。

そこで、500メートルとりあえず走り始めてみよう、と思って外に出るのです。

英字新聞を1日分読破しようと決意しても、なかなか読み始められません。

日本語の新聞でも全ページを読むことはほとんどないと思います。

ましてや英語です。

1記事、もしくは1行でもいいので、目標を極小化します。

そうすると1分もかからずに達成できるので、始める際のハードルが下がります。

目標達成してから、もう少し読むかな、走るかなと判断すればいいのです。

人間面白いもので、一旦設定した目標を「達成」する実感を持つと、次々に目標を設定したくなるものです。

なので、本を最初の1ページ読む、とか英文記事を1行だけ読む、といった限界まで下げた目標や日課を設定することで、心理的負荷をコントロールすることができるのです。

快適な目標ライフを送りたいものです。

ブログも1行書くという目標で臨んでおります筆者からは以上です。

(平成28年6月8日 火曜日)

2016年6月7日

本当の意味で無制限利用ができるモバイルSIMがないか探し回った話




おはようございます。

2016年6月、ガジェットおたくのビルメン王(shinya_ueda)です。

今日もスマホガジェット系のお話です。

現在まで、筆者はU-mobileという格安SIM事業者のモバイルSIMを使っていましたが、事実上3日間で2G程度の通信容量を使った場合、その翌日に通信制限がかかってほとんどつながらない状態になってしまいます。

これでは結局、モバイル通信量を気にしながら通信するというストレスからは解放されません。

理論上は、3日で2Gですので、1ヶ月(30日)では20Gまで使えるじゃないかと期待して契約したのですが、やはり1日一瞬でも繋がらない日があるとストレスです。

通信難民となってしまいます。

そこで、いろいろ調べた結果、現在において本当の意味で通信容量無制限(3日間の制限なし)で使えるLTEぷららモバイルというSIMに変更してみました。

LTEぷららモバイルは、NTTドコモ系の格安SIM事業者です。

ですので届くSIMもdocomoと表記してあり一見NTTドコモと変わりはありません。

早速自らの(割と年季の入った)スマホにセットして使ってみました。

・・・遅いです!

しかし、遅いながらも1Mbps弱程度の速度は出ているようです。

動画を試しに視聴してみました。

Amazonプライム映画です。


紙芝居状態



すると、音声だけ再生され、時々紙芝居のように静止画が切り替わるという、ある意味新鮮な視聴をすることができました。

ナローバンドに対応して、各インターネット事業者もいろいろと仕様に工夫を凝らしているようです。

まさかこの歳でリアルに紙芝居を見れるとは思いませんでした。

音声はしっかり入ってきますので、やはり現在の通信回路の逼迫感は、動画データの氾濫と視聴人口の増大によるものなのでしょう。

SIM事業者も、人気が出て契約者が殺到すると、つながりにくくなりサービスの低下に見舞われます。

これを避けるには、利用者として「競合」の少ない田舎に引っ越す、または利用時間帯を深夜早朝にするといった方法しかないような気がします。

あとは事業者に対して、早急な回線増強工事をお願いするくらいでしょうか。

筆者もLTEぷららモバイルで通信無制限の環境を手に入れましたが、常時1Mbpsの環境ではなかなか億劫です。

使いすぎると通信制限がかかってしまうけれどもそれなりにつながるときは快適なSIMにするか、いつも使いにくいけど通信制限はかからないSIMにするか、難しい選択です。

結局、Wifi環境を探し回るジプシーの旅となりそうです。

他の人が知らないいいものを探すというのはものすごく難しいと感じた筆者からは以上です。

(平成28年6月7日 火曜日)

2016年6月6日

モハメド・アリは不可能なんてないといって不可能を可能にしてきた男





2016年6月の記事です。

モハメド・アリが亡くなりました。

スーパースターがまた一人世を去りました。

新聞やネット記事にはムハマド・アリと書かれているものも多いのですが、私たちの世代にはモハメド・アリで通っているのでそう書きます。

米国ケンタッキー州出身のモハメド・アリことカシアス・クレイは12歳で、「自転車を盗まれたことを見返すため」ボクシングを始め、1960年ローマオリンピックで金メダルを獲得しました。

その後プロ転向、1964年にヘビー級世界王者、9度防衛。

レストランでの黒人差別に抗議して金メダルを河に捨てる、また弱いものイジメをされたのにベトナムで同じことはやることは断固できないと徴兵拒否して、王者の資格を剥奪されます。

奴隷の名前はいらないとして、カシアス・クレイを捨てモハメド・アリと名乗ります。


キンシャサの奇跡



そして、ボクシングを封じられた3年半のブランクを経て、当時絶対王者として君臨したジョージ・フォアマンを、1974年にザイールの首都キンシャサに沈めて王者に復帰しました(キンシャサの奇跡)。

前半相手の猛攻を受けながら、蝶のように舞い、蜂のように刺す、の言葉通り逆襲しての奇跡的なKO勝利でした。

それから10回王者防衛。

1978年にレオン・スピンクスに一旦敗れ王座陥落しますが、同年にまた雪辱して返り咲きました。

打たれても倒れても不死鳥のように蘇るその姿は、当時の人々に強烈に刻まれたのです。

東洋日本のプロレス格闘家、かのアントニオ猪木と異種格闘技も闘いました。

1981年に引退した後、難病のパーキンソン病と闘い、それでも1996年アトランタオリンピックで聖火を灯しました。

スーパースター モハメド・アリ。

不可能なんてない、あるのは可能性だけだ。

不可能とは、単なる通過点に過ぎない。

不可能なんてありえない。

アリ ボンバイエ。

キン肉マン世代ど真ん中の筆者からは以上です。

(平成28年6月6日 月曜日)

2016年6月5日

スマートフォンの下取りサービスに市場の飽和状態と消費動向を見る話

これは繰り返し飲みます


おはようございます。

2016年6月の記事です。

ガジェット好きのビルメン王(shinya_ueda)です。

本日は、市場に飽和した商品・サービスを、持続的に売り続けるにはどうすればよいかを検証したいと思います。

iPhoneシリーズで有名なアップルが、下取りサービスを始めました。

曰く、今使っているスマートフォン(他社製スマホも含む)をアップルストアに持ち込んで査定してもらうことができ、下取り分がiPhoneシリーズである場合は、新しいiPhoneの購入価格が下取り価格分だけ割引になるというサービスです。

ちなみに他社製スマホの場合でも、下取り分のアップルストアギフトカードを差し上げます、となっているので、広く同社のサービスを下取りで購入したことになります。

これは、世界中で爆発的に売れ続けてきたスマホもそろそろ飽和感が出てきたことの証左だと思います。

次の新作を売るには、今消費者が手にしている、心地よい端末を何らかの形で取り上げないといけない、これは現在マイクロソフトが必死にウィンドウズ10に「アップグレード」させようと画策しているのと同じ論理です。


大ヒット商品のあとがかなり苦しい



少し前になりますが、ユニクロという日本発の衣料販売の大手が、フリースという大ヒット商品を売りまくったことがありました。

そして、フリースといえばユニクロということになったのですが、残念ながら大人は1年経っても体型はあまり変わらないので、一旦当該商品が市場に出回ってしまうと、次年度からは初年度ほどの爆発的な売上は望めなくなりました。

筆者の家にも、今年で10年目になろうかとするユニクロのフリースがまだまだ現役ローテーションを守っています。

このような状況から、特に男性用スーツのメーカー小売りは、かなり前からスーツの下取りというサービスを始めています。

こちらも、手元にあるスーツをいつまでも使い続けがちなものぐさ消費者(筆者のような男性に多い)を喚起し、新しい商品を買ってもらおうという試みなのでしょう。

モノが溢れた現代、売るならまず手元のものを剥がしてからにしないといけないのかもしれません。

iPhoneは5c、すでに数世代前の機種が先発エースピッチャーの筆者からは以上です。

(平成28年6月5日 日曜日)

2016年6月4日

世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」が日本にやってくる!

ヨット yacht

おはようございます。

2016年6月のビッグニュースです。

筆者(shinya_ueda)は学生のころボート部という湖や河川でおもに漕ぐ水上競技に少々親しんでおりました。

そして、その練習に付き合い、コーチや監督を乗せて指導してもらうために運転する一級小型船舶免許というモーターボートの免許も持っています。

そんな筆者ですが、海でのセーリング、すなわちヨットについても少しだけ親しんだことがあります。

似合わないとか仰らないでください。

自分で漕ぐボート競技とは全く違い、風を読んで帆を張って進むヨットはまた別の楽しみがあります。

そんな筆者のようなヨット初心者も目が醒める、凄い話がありましたのでご紹介します。


アメリカズカップの予選ツアーが日本に来る



アメリカズカップの予選本戦ツアーが、なんと福岡市で開催されることになりました。

公式報道によりますと、2017年に開催される第35回アメリカズカップの予選である「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ(「LVACWS」)」の第9戦目として、福岡大会を2016年11月18日から20日に福岡市中央区地行浜で開催するとのことです。

何と、アジアで開催するのは、1851年から開催されているアメリカズカップの歴史上初めてになります。

この1851年から現在まで続く国際ヨットレースというのが、同レースの歴史的地位を飛躍的に高めております。

この成立はジ・オープンと呼ばれるゴルフの全英オープンよりも9年早く、継続して使用される世界最古のスポーツ杯として、広く世界中に認知されているのです。

「歴史」というものに若干のコンプレックスを持っているかもしれないアメリカ人が、このアメリカズカップに特別の誇りを持つのもわかろうというものです。

2年に及ぶ長い予選を経て、アメリカズカップを保有する艇(チーム)に挑む挑戦艇が決まります。

そして、「アメリカズカップ」をかけて一騎打ちを行うのです。

将棋に例えて言いますと、10人で行うA級順位戦を勝ち上がった挑戦者が名人との七番勝負を挑む、といったようなものです。

その挑戦者を決める予選のうちの一つが、アジアで歴史上初めて開催されるというわけです。

ちなみに福岡市は、2019年のラグビーワールドカップや2021年の世界水泳選手権の開催地に選ばれるなど、世界規模のスポーツイベントに対応できる都市として近年注目度が上がっています。

そして、現在参戦している日本のソフトバンクグループとしても、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの本拠地としてゆかりがある場所です。

文字通り世界の海をまたにかけた壮大な世界最高峰のヨットレースを生で見れるとは、こんな贅沢なことはありません。

テンションが上がってきます。

世界的告知が必要なので、英語でも改めて紹介します。

The Louis Vuitton America’s Cup World Series is scheduled to bring exciting, fast, unpredictable America’s Cup racing to Fukuoka, the fifth largest city in Japan, from November 18-20, 2016.

早速船舶免許の再講習を受けて準備しておこうと思います筆者からは以上です。

(平成28年6月4日 土曜日)

2016年6月3日

ラブストーリーに限らず面談はいつだって突然に起こるものだという話

手のひらを太陽に


2016年6月の記事です。

ラブストーリーは突然に、という昔のドラマを見てました世代のビルメン王(shinya_ueda)です。

さてラブストーリーに限らず、営業の訪問やアポイントというものも、いつだって突然なものです。

突然なので気後れします。

アポイントを取ると言っても、その行為はやはり突然なので、少なくとも緊張します。

しかし、思い直せば平成のこの世の中は、会いたい人には基本的に誰でも会える時代と言えると思います。

それができなかった時代の方が明らかに長いわけで、それだけでも現代は進歩していると言えるのではないでしょうか。

例えば江戸時代末期、会いたい人に会いたいと強く願った吉田松陰(先生)は、死罪覚悟で外国船に潜入したり、幕府の許可を得て歩いて東北探検をしたりしなければなりませんでした。

単に公儀に「意見」させていただくだけで、死罪覚悟で建白書を持ち込まなければならなかったのです。

そして実際に死罪になります。


今は違って言論の自由が一応あります



今は違います。

会いたい人に会えます。

しかも大抵の場合、歓迎されます。

もちろん、その人の持つ情報やネットワーク、そして何よりも何かを為したいという意思が必要とされますが、とにかく会う時間を取ってくれる訪問先がほとんどです。

死罪覚悟で、実際に死罪になっても会いに行った松陰先生のような人たちが切り拓いていったいった時代の先に現代がつながっているとすれば、会いに行ける人がいるのにそうしないというのは世の摂理に反しているとすら思えてきます。

行動が自らを含めて全てを良い方向に変えると信じて、今日も頑張りたいものです。

突然の訪問を快く迎えてくださったみなさま、誠にありがとうございます。

実は本当は今日くらいは真面目に営業しようと思い直しただけの筆者からは以上です。

できれば毎日思い直すようにしたいものです。

(平成28年6月3日 金曜日)

2016年6月2日

本をオーディブルで聴くという読み聞かせ以上の読書革命が起こった話




2016年6月の記事です。

おはようございます。

読書好きのビルメン王(@shinya_ueda)です。

本日は、テクノロジーの進化によって登場した「オーディブル」というサービスが、読書という行為に革命(少なくとも筆者の中では)を起こさんとしていることをレポートしようと思います。

本は有史以来目で読むものでした。

口に出すのは子供に対して行う読み聞かせや授業での朗読、そしてスピーチや講演など、限られた場所だったのです。

しかし、テクノロジーの進化は、ついに「本の朗読」を月額定額料金で「配信」するというサービスまで生み出しました。


読み聞かせ以外は音楽が主でした



耳で聞くのは、これまで「音楽」が主でした。

ウォークマンの登場で、ソニーが世界に名を売ったように、何かをやりながら、どこかに移動しながら何かを「聴く」というのは非常な人間の喜びだったのです。

音楽から、本の朗読へ時代は進化しました。

アップルミュージックをタップして音楽を聴きながら新幹線の列車に座るより、オーディブルをタップして読みたい本を聴く、または一度読んだけど読み返してみたい本をおさらいする、といったことが普通にできるようになりました。

筆者の使い方として気に入っているのは、三省堂「高校日本史」「高校世界史」を聞き流すことです。

これは、すべてを聞こうとすると1日かかるくらいの「長い」本なのですが、歴史のおさらいをするには非常に有益です。

中高生の歴史の授業に、人工知能が登場してこのような「教材」を朗読する日も近いでしょう。

特に世界史に関しては、膨大な歴史事象をコンパクトにまとめており、その編集能力は凄いと感心します。

織田信長も1分、シーザーも1分程度しか登場しません(登場したと思ったら一瞬で殺されてしまいます)が、その一瞬で過ぎ去る各時代の事象に耳を傾けると大変勉強になります。

勉強になるのですが、数分もすると一瞬で子守唄になってしまう筆者からは以上です。

(平成28年6月2日 木曜日)

2016年6月1日

ガジェットは手軽に充電できるところがかなり優位らしいなと感じた話




おはようございます。

2016年6月最初の記事です。

ライフワーク管理人ビルメン王(shinya_ueda)です。

家電を選ぶにあたって、この機器がどのような方法で充電・給電するかを確かめておくのは大切です。

筆者は昔、使っていた家電のビルトインコンセントを壊してしまい、その家電自体を使えなくしてしまったという経験を持っています。

それから、プラグが取り外せるかといった点に気をつけるようになりました。

掃除機などは、電源が据付けのものが多いので、気を使います。

さて、弱電家電と呼ばれるPCやデバイス、周辺機器においては、給電しつづけるというよりどのような形で充電するのかがポイントです。



共用のコネクタを利用すれば楽です



新しく出て筆者も使っている「新しいMacBook」は、充電口とデータ伝送とが共用できるUSB-Cというコネクタしかついていませんが、このコネクタを利用すると、いつでもどこでも充電できて楽です。

USBポートからも電源が取れますし、モバイルバッテリーの大きいやつからも(時間はかかりますが)充電できます。

車のシガーソケットからもUSB口を作れば充電できます。

究極には、隣で作業しているPCのUSB電源を拝借して充電することもできてしまうでしょう。

要するに、スマホやタブレットと同じ感覚でPCからの充電ができるわけです。

どこにいても充電可能で、バッテリー切れをあまり気にしないで良いという点は、非常にストレスレスで、これはいままでのPCでは最も良い点だと思っています。

このように、ユビキタス社会をシームレスに執筆する環境は整えましたが、なかなか書くことが出てこない筆者からは以上です。

(平成28年6月1日 水曜日)