このブログを検索

2017年3月19日

真夜中0時に太宰府天満宮を出発して福岡まで歩く夜のピクニック出発


2017年3月、卒業式のシーズンです。

筆者の子供たちが通う(通った)小学校では、もう10年も続いている伝統行事「夜のピクニックーもう一つの卒業式(通称夜ピク)」というイベントがあります。

何かと申しますと、本チャンの卒業式を迎え感動冷めやらぬ小学校六年生の卒業生たちの有志を募り、その保護者と一緒に真夜中の終電車で一路福岡県太宰府市の太宰府天満宮まで向かい、太宰府天満宮を起点に午前0時に出発し、福岡市内の小学校まで歩いて20キロを走破ならぬ歩破しよう、というイベントです。

朝も白んだ午前6時に、目的の小学校に到着し、近くの公民館で仕出してもらった味噌汁とおにぎりを頬張りながら、大人になって一度やってみたかった完徹(完全なる夜更かし徹夜)をやっていることがいかに疲れるのか、朦朧とする中で保護者主催のもう一つの卒業式を厳かに執り行うというものです。

このための、専用の卒業証書も保護者個人個人に作ってもらいます。

そして、それを読み上げながら授与するのです。

一体、なんのために歩き通すのか、さらに真夜中にやるのは何故?という疑問が湧く方がほとんどだと思いますが、毎年、この変なイベントに10組程度の物好きな親子が集い、PTAおやじ組と称するイベントお祭り好きな保護者たちの万全なサポート体制で、20㎞にも及ぶ真夜中の歩行体験ができるというわけです。


最初は3組のみの参加


最初に、このイベントを発案し、実際に参加した親子の話によりますと(もう子供の方は22歳で大学卒業です。小学校卒業時12歳ですからちょうど10年)、なんか面白いことやりたいね、という中で、たまたま太宰府天満宮の宮司に知り合いがいる保護者がいて、それなら祝詞(のりと)もあげてあげるよ、ということに話がトントン進んで実施の運びとなったそうです。

最初の参加は3組、そして10年目の今回は10組以上が集まりました。

これ、子供も大変ですが、一緒について行く親も大変です。

さらにサポートする方も大変です。

天気が良さそうなのが救いです。

筆者は、実はサポート含め数回目の参加になるのですが、毎回なんでこのようなことをやるのだろうと自問することが多いです。

しかし、伝統とは理不尽なほど続くものだといいますし、忙しくなっていく世の中に、このような変なイベントが続くだけ続くのもよいかなと思っています。

それでは、昼寝もまともにできませんでしたが真夜中歩行に行ってまいります。

こちらからは以上です。

(2017年3月19日 日曜日)