このブログを検索

2017年3月11日

2017年3月11日になりあれから6年が経過した今何を思いますか




おはようございます。

2017年3月11日を迎えました。

東日本大震災から6年です。

いろいろ毎日違うことを書こうと思っていますが、この日はああまたこの日が来たかという思いになりまして、タイトルからして全然違うことになりました。

あの日、筆者は東京出張の日で、同僚の皆さんが先に東京に行っているのを追いかけて福岡空港に向かいました。

そしたら空港のテレビが全て津波の画像を流し始めて、空港は大混乱となり、連絡も取れず、そのまま職場に戻って来ました。

それから職場で東京に行っている人たちの安否確認なんかをしながら会社に詰めていました。


津波はただの「大きな波」ではない



イラストに津波の絵がありますが、津波は、「大きな波」ではありません。

巨大な水の壁(塊)が数十メートルも盛り上がり、ずっと先まで圧倒的な質量を持って押し寄せ、陸上のもの全てを破壊し尽くす悪魔の自然現象です。

人間が作った全ての人工物は、なすすべもありませんでした。

日本の技術の粋を集めた原子力発電所も、電気を作る施設でありながらの、まさかの全電源喪失に陥り、メルトダウン(炉心溶融)を起こして壊れました。

そんな記憶がいろいろとフラッシュバックして、しばらく放心しました。

ともあれ、あの日から6年が経ちました。

あの年に小学校に入った子供がいたならば、もうその子は6年生で卒業です。

6年経過して、あの日から世の中の捉え方は変わって、社会のいろいろなところにこのことは深く根ざしていると思います。

明らかに、世界の価値観が変わった出来事だったと思います。

時代は、日付で意識された人々の意識によって形作られていくと改めて思いました。

3月11日は、このようにこれからの日本の人々にとって感慨深い1日となります。

皆さんはどのようなことを感じるでしょうか。

本当は、陸軍記念日としての3月10日、そしてそれを塗りつぶすように東京大空襲を敢行したアメリカ軍と日本のことを書きたかったのですが、3月11日になってしまったので、この話は次回に致します。

こちらからは以上です。

(平成29年3月11日 土曜日)