このブログを検索

2017年5月15日

創造的でリーダーシップの取れる仕事と労働時間とは本来関係ないもの




おはようございます。

2017年5月の勢いに任せた自己主張記事です。

昨今、働き方改革と言われていろいろな施策がなされておりますが、画一的に1日労働時間を8時間と定めている労働の根本原則であるところの労働基準法のあり方がだいぶ時代に合わなくなってきているように感じております。

仕事の生産性と負荷、マネジメント能力や専門性の必要の高低そのものと、労働時間とは、特段何も関係がないのに、生産性が高いと言われる職種のマネジメントクラスになればなるほど長時間労働になるというのはおかしいと思うのです。

例えば、すぎやまこういちという作曲家がいらっしゃいます。

言わずと知れた、ドラゴンクエストシリーズのゲーム音楽を作った方です。

とりやまあきらという漫画家がおられます。

同じく、ドラゴンクエストシリーズのキャラクターデザイン(モンスターも含む)をされた方です。

このような他を突き抜けた実績や品質の作品を作ることのできる人に仕事をお願いする場合、「何時間かけてください」「何日以上かけて考えてください」といったようなお願いや業務発注の方法はいたしません。

この人たちに時折おりてくる神の声が、彼らに突き抜けた作品を描かせるまで、待つしかないし、そのような技量を身につけるために、すでに膨大な学習時間、訓練時間を費やしているのは間違いないのです。


普通に「労働」することにおいてもこれは一緒


同じことが、程度が落ちても仕事、とくに生産性が高く創造的でマネジメントスキルも必要とされる業務にも当てはまります。

とりあえず、なんらか組織やメンバーをまとめるリーダーに抜擢された人がいたとして、その人が最も期待されるのは、

・他のメンバーに先んじて作業を「早く」行う

ことではなく、

・他のメンバーをまとめて、一定の方向に組織を持っていくように支援する

ことであります。

この業務において、「俺残業漬けで死にそう」といっているリーダーや管理職に、正常な判断力が備わっていると希望的に観測できると言えるのかという話です。

残念ながら、残業漬け徹也漬けの身体では判断力は鈍ります。

リーダーは、組織が脇道に落っこちないように、一番後ろで目配りを欠かさず、さらに常に先頭に対して向かう方向を示して修正していかなければなりません。

作業に疲れ切っている場合ではないのです。

作業に落とす前の、どうやってやるのか、さらにその前の、なぜやるのかというところをメンバーに共通認識を持ってもらわないといけません。

そこで、例えば人生経験が豊富な70歳くらいの方に、これまでの技能経験を生かしてリーダー的な役割を期待するとします。

しかし、その70歳の人に、現役世代と同様の負荷での作業ボリューム「も」与えてしまうのが現在の労働法制になってしまっているのです。

自分で判断してやり方自体を決めていかなければならない仕事において、最初から作業ボリュームを過度に与えては本末転倒です。


労働時間と仕事の創造性に特に関係はない


本来、労働時間などとは全く関係なく、

・労働時間は関係なく、とにかくリーダーシップを発揮して他を導くことが求められる仕事

は非常に多く存在すると思うのですが、そういった求人はなかなか見つかりません。

わずかに、企業経営者に対するご意見番(顧問)的地位で助言を求めます、といったような案件がわずかにあるのみです。

しかしながら、リーダーシップを磨き成果を出すが、労働時間としてはリンクさせて考えて欲しくない、という労働層は非常に多いと感じています。

単純に、子を持つ親(特に母親)がフルタイムで働くのはきついけれど、もともと創造的な仕事をしていたのだから能力がある、のであれば会社の側で労働時間は無視して業務委託契約的に日に3時間の勤務を認めるとか、健康上の理由で毎日の地獄の通勤列車は厳しいけれどもリモートワークで1日一定の成果物(例えば株のトレード結果など)を送って寄越す仕事とか、いろいろやりようはあると思うのです。

筆者のような下手なサラリーマン投資家が適当にネットニュース見て買う投資判断などはるかに凌駕する情報を、ずっと家に引きこもっているニートな若者の方が持っているという世の中なのです。

労働時間は関係なく、きちんとキャリアを積みたいし、仕事でもリーダーシップを発揮する機会を得たいという層に対し、それを心から期待している企業側の割に、そういったことに踏み出している会社が非常に少ないと感じています。

本来フルタイムの勤務などなく、人生はいつもフルタイムで、その中でどう仕事や自己啓発や生活を位置付けるかだけの話だと思います。

24時間働けますかという宣伝がありましたが、人間寝ないといけないし食べないといけないのでずっと労働というわけにはいきません。

それでも、人間やっている限り成長の機会はあるわけです。

そこをできるだけすくい上げて有効活用する、これがこれからの人手不足感満載の労働市場にあって、企業採用側が真剣に考えて実行しないといけない「課題」だと思います。

長時間働くことが、リーダーシップをとって創造的に仕事することの前提ではないのです。

創造的に仕事をすることが大切で、その上でその仕事に自らの時間を日々どれだけ投入するかはその創造的な仕事のやり方に含まれるのです。

責任あるポジションというやつが、「地獄の長時間労働」と否応無くセットにされている以上、だれも出世したいと思うことはなくなるのではないかと思っています。

そんな無理ゲーにあえて自らを飛び込ませる必要はないわけです。

女性は管理職になりたがらない、などという一見もっともらしい言葉も、では家事も育児も介護も自分の趣味(麻雀とかゴルフとか飲み会とか)までもすべて外注してきた昭和の典型的なサラリーマンおじさんたちが言うのではあまりインパクトがないのではないか、などと思うのです。

いろいろカッコつけて自己啓発とか書きましたが、実は楽して儲けて南の島で暮らしたいという貧相なイメージしかない筆者からは以上です。

(平成29年5月15日 月曜日)