このブログを検索

2017年6月23日

ステンレス製のピンチハンガーを購入して空気清浄機の上に吊るすお話




おはようございます。

2017年6月の記事です。

今回は、生活動作としてどうしても必要な洗濯物の乾燥について、今のところ筆者が最強だと考える方法についてご紹介いたします。

さまざまな試行錯誤の結果落ち着いた方法ですが、みなさんにも見ていただき、ご意見なりいただければと思っています。

まず、ピンチハンガーをスレンレス製のものに替えます。

洗濯物を干す時に大活躍、特に靴下のような小さいものを挟んで吊るせるピンチハンガーは一家に一つは欲しい必須アイテムです。

しかしながら、通常のピンチハンガーは、重いのを敬遠し、また手軽な値段を実現するためにプラスチックで行うことが一般的でした。

ここで、わざわざスタイリッシュなステンレス製のピンチハンガーを買います。

このピンチハンガーは、衣類を挟むところにぎざぎざがついていないので、衣類を傷つけることもなく、さらに取る時最悪下から引っ張るだけで意外に簡単に取れます。

耐久性も強く、錆びにくいです。

長時間美しさが保たれ清潔です。

少々重いですが、プラスチックピンチの割れる不快感に比べると別世界です。

プラスチックのピンチは、古くなって来ると劣化して、粉をふいて白っぽくなっていき、そしていつしか「パキッ」と折れてしまう、そんなこととも無縁です。


さらにこのピンチハンガーの下に空気清浄機を配置して乾かす


さらに、このピンチハンガーの下に空気清浄機をセットします。

筆者が持っているのは「ブルーエア」というシリーズの単純な空気清浄機です。

これは上に送風するタイプなので、そのままきれいな空気が干した洗濯物に当たります。

こうすると、乾くのが劇的に早くなり、除湿もできて一石二鳥な感じです。

ステンレス製ピンチハンガーですので、風を当てても劣化するようなこともなく、いつしか筆者の家ではこのスタイルで洗濯物を乾かすようになりました。

さらに生活を改善していきたいと思います。

ブログネタの枯れ具合は秀逸な筆者からは以上です。

(平成29年6月23日 金曜日)