このブログを検索

2017年6月5日

中学校の運動会のエキシビジョンでリレーに出してもらったというお話




おはようございます。

2017年6月、当年42歳にして運動会のリレーに出たという話です。

ちなみに憧れのスポーツ選手は(同世代ですが)イチロー選手です。

イチロー選手は現在43歳、実は私より一つ上の学年でずっと先輩にあたります。

その年で、メジャーの舞台に立ち、打って守ってそして一流の走塁術を見せています。

まさに、準備さえおこたらければ年齢など関係ない、を地で行く偉大な先輩です。

さて、後輩としましても、少しくらい見習わなければと思いまして、今回、中学校で行われた部活動対抗リレーに、エキシビジョンチームとしてPTAで組織する「おやじ組」の1メンバーとして出場することができましたのでそのご報告をいたします。


2チーム編成することができました



おやじ組といいましても、いろいろいまして、我々は2チーム編成することができました。

1チーム目は文字通り親父中心ですが、もう1チームには去年まで中学生だった高校生だの、高校卒業まもない卒業生だのも含め、急遽チームを組成したのです。

筆者はその2チーム目のアンカーとなりました。

そうしてレースはスタートしたのですが、さすが各部活動の精鋭を集めた200メートルトラック3週、走者6名のリレーでトップを取るのは難しかったです。

夢中で走り、とにかく見せ場は作ったと思いましてゴールしましたが、先頭を走ったサッカー部や野球部にはだいぶ差をつけられる結果となりました。

非常に悔しいところでしたが、コケないだけよかったのかもしれません。

とにかく、また次回も機会を得て出場したいと思います。

当然の如く翌日は筋肉痛による全身の発熱に苦しむことになりました筆者からは以上です。

(平成29年6月5日 月曜日)