このブログを検索

2017年6月9日

ストロベリームーンは天文用語ではないけれど見ていて楽しいという話

一つだけストロベリームーンであとはハムらしいです



こんばんは。

2017年6月のビルメン王に俺はなる!の記事をお送りいたします。

本日は、少しばかりロマンチックなお話です。

「ストロベリームーン」という言葉が最近流行って言われるようになりました。

いわく、いちごの旬の季節である五月後半から六月にかけて、さらに梅雨入りしていくような湿度の高い夜に、月がいつもより赤みがかかってまるでいちごのように赤く熟れて見えることから名付けられたそうです。

もともとは、ネイティブアメリカン、いわゆるインディアンが使っていた月のニックネームらしく、北アメリカでも同様に6月はいちごの収穫時期で、ちょうどその頃に見える月も赤っぽいからそう言われたということです。

これには理由がありまして、そもそも満月だろうが太陽だろうが、地平線近くのものを見る場合、赤みがかかるのは「夕焼け小焼け」の歌によらなくてもよくわかっていることだと思います。


夕暮れの太陽が赤いのと同じ



夕暮れ時の太陽は、とても真っ赤に染まっていて、さらにとても大きく見えるのはなぜでしょうか。

大きく見えるのは地平線近くで比べる対象物が近くにあることからくる錯覚ですし、赤みがかかって見えるのは、同じく地球の外側を薄く覆っている大気の層がより多く太陽光に触れて拡散するために、赤みがかかった色だけが地上の我々の目に届きやすいというわけです。

さらに、北半球においては夏至の頃の6月の満月は、一年で最も低い高さを登っていきます。

つまり、太陽と反対で、太陽が非常に高く昇る夏においては月は低く昇るのです。

太陽、地球、月という順番に並べて見て、地球儀に模した地球の地軸を右に25度程度傾けて見ますとよくわかると思います。

反対に冬至の頃の満月は高くのぼります。

夕日が赤く見える理由と同じで、月も高さが低いほど、大気の影響を受けて赤っぽく見えることになりまして、夏至の頃の6月の満月は、なんとなくいつもより赤く染まって見えるわけです。

6月と12月の月の高さを比べてみると、東京の満月の高さは、6月は最も高くのぼっても地平線30度程度なのに対し、12月の満月は高さ80度近くで首が痛くなるくらい見上げないと見えないのです。

しかも、6月は日本においては梅雨のシーズンで、さらに湿度も高くなり、光の散乱も激しくなり、より赤い光しか地上に届かない、つまりいつもより赤みを帯びた月を見ることになるというわけなのです。

たまにはロマンチックな話もいたします筆者からは以上です。

(平成29年6月9日 金曜日)