このブログを検索

2017年11月10日

Type-Cの電流大きいケーブルをゲットしてようやくMacBookを遠慮なく使えるようになった話





おはようございます。

2017年11月の記事です。

筆者は現在この記事を書いたりするのに新しいMacというPCを使っていますが、このアップルの新型PCの電源は、Type-Cという新しいケーブルになっておりまして、付属のアダプタは100V電源に差し込んで使うというものでありまして、PC使うときにいちいちポケットからアダプタも出して繋げないと、いつの間にかバッテリー切れを起こしてしまうという状況にずっとありました。

そして、以前買ってみた普通のUSBから給電でき、 Type-Cのプラグが一応ついた従来のコネクタですと、どうしてもMacを稼働させるだけの容量の電力を投入することができず、PCを使いながらだと給電するどころか徐々にバッテリーが(減って)いくという悲しい状況だったのです。

USBから給電しようとすれば、PC起動していなくても、フル充電するのに10数時間かかる、そのような貧弱な電源プラグだったというわけです。

これは、規定のケーブルのアンペア数が絶対的に小さい、というところから生じることで、仕方ないと諦めていたのですが、今回筆者はふとしたはずみで、大容量3.0アンペアの typeC電源(USBタイプ)というのを見つけたのです。

正確な商品名は、

「Rampow Type Cケーブル USB3.0ケーブル 3.0A急速充電 生涯保証 5Gbps高速データ転送 7000回以上の曲折テスト QuickCharge3.0対応 USB-C タイプC type-cケーブル」

というものですが、3.0A急速充電という文句につられて早速買い求めてみました。


驚きの給電性能


早速自分のMacに装着していましたが、PC起動しているにみるみるバッテリーが充電されていきます!

驚きです。

やっぱり大電源、急速充電は違います。

これで、このケーブルさえ持っておけば大抵のUSBプラグから遠慮なく給電できるということで、筆者のこの手の悩みはほぼ解決しました。

スマホや小さいタブレット程度なら問題ない給電レベルのケーブルでも、ノートPCの給電には時間がかかってしまう、といった場合、こうしたアンペア数をよくみた上で必要なケーブルを準備すれば良いということになります。

小さいブルートゥースのイヤホンから、大容量のEV車まで、バッテリーに関する悩みはこれからのIT社会でずっと付いて回る課題だと思いますが、ケーブルのアンペア数を見るだけでもかなりスマートに対応することができそうです。

電源は十分ですがネタ切れを起こしそうな筆者からは以上です。

(平成29年11月10日 金曜日)