このブログを検索

2017年12月10日

ゴム手袋で台所のシンクも風呂掃除もやってしまおうという大胆な試みを紹介します




おはようございます。

2017年12月の記事です。

12月は師走と言いまして、何かと忙しい日々だと思います。

忙しくないといっても、やはり新しい年を迎えるにあたり、ごちゃごちゃしたところをできるだけすっきりとしておきたいという生活改善の欲求は自然と起こってくるものだと思います。

筆者も、週次で気になる台所のシンクの汚れやら、風呂釜の水垢やトイレの掃除など、いろいろ回して年末の大掃除に負担がかからないようにしていきたいと思っていましたが、やっぱりなかなかそううまくは行かず、やはりこれは筆者の習慣や根性が追いつくまでには時間がかかると思い直し、掃除のやり方を変えてみることにしました。

すなわち、スポンジでこすっていたのをやめて、手でそのままこするわけです。

細かい蛇口やシャワーヘッド、網製のシンク棚や食器置きなどの渋味や水垢については、指で擦るのが最も効果的です。

しかし、素手で擦ると指が壊れるのでどうするかというと、スーパーで売っているゴム手袋を用いるのです。

こうして、台所のシンクに直接どばっと重曹なりクエン酸なり、それすらなければ塩をぶっ込み、ざりざり手のひらでこすります。

網は指を突っ込んで、または指でつまんでこするわけです。

台所が終わったら風呂場にも行きます。

浴槽や風呂の壁を、重曹や風呂用洗剤を少しつけて、あとは風呂に入ったあとでゴム手袋をつけてなでまわします。

あとはシャワーで水を流して終了です。

必要なものは、ゴム手袋のみで、終わったら風呂場にでも吊るしておけばいつでもまた使えます。

そして、ゴム手袋で取りにくい場合は、メラミン系スポンジ(激落ちくんとか)やサランラップなどを使って集中的にこすれば大抵の水垢や汚れ、黄ばみは取れると思います。

以上、非常に適当な掃除方法をお伝えしました。

このような作業も、ちょっと視点を変えてみてリアルゲームのように取り組めば、全面クリア目指してモチベーションも高くいけるとおもいます。

かつて清掃含むビルメンテナンス業界において、ビルメン王を目指した筆者からは以上です。

(平成29年12月10日 日曜日)