このブログを検索

2017年12月21日

感情の総量が高い人というのは確かにいるなと思った話(ほぼ雑談)





おはようございます。

2017年12月の記事です。

能力がある、カリスマ性があるという人はよくいまして、その手の人たちの伝記や事例はたくさんあります。

こうした中には、当然歴史に名を残したクラスの人物も当然含まれていて、筆者なども好んで読んだりするのですが、はて、ところで単に感情の総量が高い人というのも別枠でいるなと思ったのです。

例えば来年のNHK大河ドラマの主人公になる予定の西郷隆盛さん。

この人はとにかく周囲から尊敬された人ですが、その一番の要諦が、一緒に泣き、自分のことのように心から痛がった滂沱の感情の奔流のような人だった、というような評価があり、この人柄は敵味方関係なく感服した、というような描かれ方をしています。

こうなると、もはややった事績や功績など関係ありません。

歴史の教科書的には、明治初期の西南戦争を起こした首謀者、ということで終わりなのですが、地元鹿児島の人や歴史好きの人たちは放っておきません。

人生全てが、島津斉彬公から見出されてから江戸幕府を滅ぼし、そして薩摩城山において果てるまで、感情の奔流です。

また、同じ鹿児島縛りですが、戦国末期のあの天下分け目の関ヶ原において、なぜか西軍の一陣に陣取り、敵の徳川軍に突っ込む前進退却という大技で長駆薩摩まで戻った島津義弘という豪傑もおりました。
わずか1,000名の軍でありながら徳川本陣に迫り「(家康を)殺してはまた天下大乱となるから生かせておけ、代わりに我も生き帰る」と宣言し、決死の逃避行を経て国許にたどり着きました。

激情家すぎる描写で、これだけで関ヶ原の主役を一手に引き受けようものです。

関ヶ原のことを話してくれ、という場を持った在郷の若者たちの前で、生き残った郷士の一人はただ数十分間、滂沱の涙を堪え、ただ噛み殺した、というような話です。

話を「聞いた」方も、「よか話でおわした」といって、確かにその気持ちのやり取りは行われたのです。

そして、そんな激情の国薩摩に対し、徳川幕府は、結局西軍大名の中で唯一、島津藩を改易も減封もできなかったのです。

鹿児島で「先の戦(ゆっさ)」といえば、この関ヶ原の戦いか、西南戦争、どっちかを指す、間違っても70余年前の大東亜戦争ではないというような話を聞いたこともあります。

普通に教科書に書かれる歴史とは別の「言い伝え」に近いものが、こうした感情による歴史に確かに息づいているのです。

そんなことを鹿児島でトンカツを食べながら考えた、食うことにしか感情移入できない筆者からは以上です。

(平成29年12月21日 木曜日)