このブログを検索

2013年11月6日

早起きは三文の得とその昔の戦国大名たちも言っていたという話です






おはようございます。

2013年11月のビルメン王提供の早起きに関するブログ配信記事です。

早起きは三文の得といいますが、習慣づけることは大切なようです。

曰く、朝は常に早く起きるように心がけねばならない。

遅く起きるならば、下の者までが気持ちを緩めてしまって、公務の大切な用事にも事欠くようになる。

その結果は必ず主君からも見離されてしまうものと思って、深く慎まなくてはならない…。

これは、後北条氏と言われた戦国大名北条早雲「早雲寺殿廿一箇条」の文句です。

では、現代の大名たるCEO(最高経営責任者)達はいかがでしょうか。

調べるに、驚きの事実が明らかになります。


まず特筆すべきは、誰でも知っているであろうカレーショップチェーン「CoCo壱番屋」を手がける壱番屋の創業者で現在は特別顧問の宗次徳二さんです。

宗次さんは毎朝4時前に起き、それからジャージ姿で清掃具を持っておよそ90分間名古屋の広小路通りを清掃します。

聞くだけでもありえない習慣で、宗次氏自身も辛いとおっしゃいますが、これがあらゆることにつながるのだと言います。

もともと、お客様からのアンケートハガキを読むために早起きを迫られたというのがその始まりだそうですが、決めたら毎日雨が降ろうが雪が降ろうがなにがなんでも絶対やるというのが違いです。

ここに、凡人と天才の違いは、「続けること」「習慣づけること」というのが見えてくるのです。


決めたら続ける、やめるならスッパリ辞める、これは難しいですが大事なことだと思います。

決めているのではないのに飲み続けている筆者からは以上です。

(平成25年11月6日)

▷▷次の記事は

古今東西世界史上に類を見ない第1等の偉人超人(ビルメン王調べ)「墨子」の話を致します!