このブログを検索

2014年1月20日

どこで切っても同じ角度で切れるというスーパーなハサミについて

こんな風にはなりにくい鋏です



おはようございます。

2014年1月の配信記事です。

スーパーで買ったハサミがスーパーだったという話です。

ハサミは開きすぎて切ろうとすると、角度が大きすぎてうまく切れないことがあります。

また開きすぎないで先端だけで切ろうとすると、角度が小さすぎてこれまたうまく切れません。

要するに、直線の刃と刃を重ねあわせているので、大きく開くと角度が大きく、小さく開くと角度が小さいのはXという文字を見てもらえばわかることと思います。

そこに、どこで切っても同じ角度というハサミが登場したのです。




どこで切っても同じ角度で切るには




これは画期的です。

専門的には「ベルヌーイの螺旋」を利用したとありますが、2枚の刃で作り出す切る角度が30度で同じで変らないように計算したカーブを刃につけたとしか筆者にはわかりません(数学や物理に詳しい方、後学のため説明いただけると助かります)。

もちろん、刃先の方で切るならば、テコの原理が働かず、やはり力は若干入りにくいことはあるのかもしれませんが、このどこで切っても同じ角度という発想の転換に痺れました。

商品名は、プラス社「fitcutCURVE フィットカットカーブ」といいます。

早速買ってみたところ切れ味なめらかです。

普段から使っているものにも地味で画期的な変化が起こることを感じた週末でした。

針なしホチキスに続くちょっといい話は以上です。

(平成26年1月26日)