このブログを検索

2014年1月9日

チャイニーズキャラクターについて(要するに中国の漢字とか漢文の話)

戦国の七雄



おはようございます。

2014年1月の記事です。

チャイニーズキャラクターといいましても、チャイナドレスを着た女の人のことではなくて、「漢字」のことですが中国に関するものを「漢」というようになった経緯を私見含めて述べたいと思います。

既に紀元前の遠い昔、稲作の発祥である華南地域を持つこの地域は人口と文明が他の地域に先駆けて爆発しますが、夏→殷→周という都市国家のような存在が徐々に国としての版図を広げ、紀元前770年から春秋戦国時代という諸国乱立の時代が長く550年程続くことになります。

その中で戦国の七雄といういわば決勝ラウンドに駒を進めた大侯国が並び立っていきます。

紀元前221年、七雄の最強国となった西方の秦は、秦王政の号令一下、他の六国を滅ぼし中国を統一し始皇帝を名乗ります。

しかし滅ぼされた側の国、特に南の大国であった楚の恨みは強く、始皇帝死後各地で内乱が勃発、楚の項羽を中心とした討伐軍により秦もまたあえなく滅亡するのです。

ではそのまま中国は楚で再統一されたのかというとそうではありません。

既に秦や楚といった戦国時代の諸侯の名称を中国全土の名とすることに違和感があったのでしょうか、項羽によって危険視され、奥地辺境であった漢中(秦の要地であった関中ではない)に追いやられていた草莽の農民出身の義侠であった劉邦を支持する層が急速に増え、楚漢戦争というプレーオフ最終ラウンドが始まることとなります。

項羽は各地で奮戦しますがついに進退窮まり垓下の戦いではまさに四面楚歌の状況となり討たれます。

そうして漢が中国全土を統一し、いつしか漢こそ中国の代名詞となっていったわけです。

漢語を貰い平仮名片仮名漢字混じりの日本語を開発した日本人の末裔である筆者からは以上です。

(平成26年1月9日)