このブログを検索

2014年3月8日

地域の未来を作るのはわか者よそ者ばか者と呼ばれる者たちだという話

鹿です



おはようございます。

2018年3月の地域についての配信記事です。

地域の未来を作るのは、若者、よそ者、ばか者が地域の未来をつくるといったことが言われます。

順番はいろいろなのですが、より一般的に受け入れられやすい順序に筆者は並べてわか者よそ者ばか者ということにしました。

若者はいつの時代もいい意味で失敗を恐れない存在です。

後悔を恐れる心配も少ないです。

よって大胆なアイデアや行動を取ることができます。

そしてよそ者はその地域やコミッティーにはない新しい価値観や考え方を持ち込んでくれます。

域内では常識で通じることもよそ者にとってはそうではないという、こうした単純な価値観のぶつかり合いが新しいアイデアや行動につながるのです。




最初は反発される者でもあります




「よそから来た人間に何が分かる」と言われることもよくあります。

確かに長年その地域で暮らしてきた方に比べると、よそ者は地域のことをよく知りません。

しかしよそ者は外の世界を知っているのです。

その地域が何を発信すれば、多くの人が着目するかという感覚があります。

ですので地域に足りないマーケット感覚・国際感覚を担う存在として、よそ者はとても重要なのです。

そして最後にばか者ですが、ここで定義するのは90%以上の失敗率をきちんと認識したうえで、それでも人生を賭けて挑む姿勢を持つ者です。

大抵大風呂敷で、突拍子もなくて実現可能性は低そうなものばかりで、現にやったことの90%以上は失敗しているでしょう(その失敗したという実績もまた大切です)。

しかしこれを前提に挑み続けるという姿勢を持っていることが大切なのです。

世の中は、このような志を持ったばか者によってスパイスが効いたものになっているのかもしれません。

わか者、よそ者、ばか者を活かせる組織や地域でありたいものです。

そんな、地域の現場からは以上です。

(平成26年3月8日 最終更新:平成28年3月8日 火曜日)