このブログを検索

2014年5月13日

2014年W杯メンバー発表にサッカー代表選出と落選について考えた

前回2010南アフリカではベスト16の快挙




おはようございます。

2014年5月のサッカー日本代表に関する配信記事です。

昨日2014年W杯に向かうサッカー日本代表23名がついに発表されました。

W杯とだけ書いたらサッカーの話であろうと思われる向きもおられましょうが、他のスポーツでも通常W杯は開催されていますのであえてサッカー日本代表と書きました。

さて選ばれた者選ばれなかった者、それぞれ明暗が分かれるものですが、Jリーグの所属チームで堅実かつ献身的なプレーを見せ続けてきたベテラン中村憲剛選手の落選はひときわ残念でした。

しかし同選手は、結果をきちんと受け入れ、同じチームメイトで選出された大久保嘉人選手に大きく期待している、頑張ってもらいたいとコメントしました。

全くプロのスポーツマンとして素晴らしい態度だと思います。

「外れるのはカズ、三浦カズ」の衝撃の1998年W杯フランス大会より16年。

2014年W杯ブラジル大会での日本代表の活躍に期待しましょう。

なお当時の岡田監督は「外れる」という言い方をしましたが、今回のザッケローニ監督は自らが「選んだ」選手という紹介をしたのは良かったと思いました。

なお1998年落選の三浦知良選手は未だJリーグの現役選手です。

これもすごいことだと思います。




1998年(平成10年)が日本にとっての最初のW杯本戦出場でした




サッカー漫画の金字塔キャプテン翼をやっていた頃、日本はW杯の本戦に出場できてすらいなかったのです。

1994年以前に遡ると、日本はワールドカップの本選に出場できていません(ドーハの悲劇など)。

今の若い人には驚きかもしれませんが、ワールドカップの本選に出場するということ自体が快挙なのです。

いつの間にか本当に遠くまで来たものです。

サッカーはほぼ素人の筆者ですが以上です。

(平成26年5月13日 最終更新:平成28年5月13日 金曜日)