このブログを検索

2014年6月5日

(2014/06/05)決めたPKなど誰も覚えていないがロベルト・バッジョが外したPKは歴史になった

JAPAN ITALY LEGEND MATCH




おはようございます。

2014年6月のサッカーに関する配信記事です。

いよいよ2014年FIFAワールドカップブラジル大会が開催されます。

4年はあっという間です。

まざまざと蘇るのは、2010年6月南アフリカでの前回大会です。

日本代表は下馬評を覆し決勝トーナメントに見事進出し、南米の古豪パラグアイと決勝トーナメント1回戦を戦いました。

試合は延長戦を含み120分走り続けても0-0で決着がつかず、PK戦となりました。

日本のキッカー駒野友一選手は3番目に蹴りましたが、バーに当たって上に外れました。

相手は5人が一本も外さず、勝負は決しました。

その後は自チームのみならず相手チームも崩れかかる駒野選手に駆け寄って声をかけていました。

駒野選手は何も覚えていないそうです。

みんなと目を合わせられず、一口も食べずにホテルの部屋に戻ったのだそうです。

運命は残酷です。




1994年アメリカ大会決勝最後のPK





「PKを決めても誰も覚えていないが、外したら誰もが忘れない」

これは1994年アメリカ大会での決勝戦、最後のPKキッカーとなり外したイタリアの至宝、ロベルト・バッジョの言葉です。

今回の大会でも、様々な名シーンが生まれることでしょう。

悔しい場面も、思い出したくもない展開もあるかもしれません。

しかし、PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけです。

失敗する勇気を試す場所、これがワールドカップなのかもしれません。

バッジョは優勝したブラジルの選手からこう讃えられました。「それでもあなたは偉大だ」と。

駒野選手もあのPKを外した感触を忘れてはいけないと思い続けているそうです。

サッカーはあまり詳しくない筆者ですがは以上です。

(平成26年6月5日 最終更新:平成28年6月5日 日曜日)

▷▷次の記事は

PKを外すことができるのはPKを蹴る勇気を持った者だけだとバッジョは言った