このブログを検索

2014年11月16日

2014年11月のGDP四半期速報値の発表を控えて市場の動きが注目されています

GDP速報値発表は月曜日8:50です




おはようございます。

2014年11月の日本経済全体に関する配信記事です。

ある日曜日ですが少々固い経済数字のお話を致します。

内閣府のホームページから、今後の重要経済指標の発表予定を見ることができます。

現在最も注目されているのは2014(平成26)年7-9月期(1次速報)の四半期別GDPだと思います。これは、次の日の11月17日(月)8時50分に公表されるのですが、週の始めの日本株式市場が始まる10分前に公表することで、市場に混乱を生じさせないようにするということになっております。

株式トレーダーに限らず、日本の金融/証券/銀行業界やアナリスト達は、この発表を固唾を飲んで見守っています。

この指標、四半期に1回発表されるのですが、前回の2014(平成26)年4-6月期(1次速報)の四半期別GDPは▲1.7%という数字でした。

3ヶ月間で▲1.7%の下落ということは、年率換算すると▲6.8%の下落となる強烈な数字だったのです。

消費税が5%から8%に上がったことの反動という一般的な説明ですが、続く四半期である7-9月期の数字がどの程度になるのか、一説には相当悪い数字ではないかとも言われているので注目されているのです。

こうなると消費税増税による一時的な反動ということではなくなってしまいます。

前回の数字を受け、日銀は更に金融緩和を行う姿勢を打ち出し、円は下落し(円安)日本株はまた上昇いたしました。

しかしながら金融政策や政府の財政出動だけでは経済波及効果は限定的であり、本来のニッポンの国内経済の基礎体力がどの程度なのか、それを占う重要な指標だということです。

これを受けた衆議院解散総選挙の噂も現実味を帯びています。

経済と政治、いろいろとつながっているものだと思います。

薄口政治経済アナリストを標榜しております筆者からは以上です。

(平成26年11月16日 日曜日)

▷▷次の記事は

(世界経済の動向とわが国)原油資源価格下落は日本経済にとって福音