このブログを検索

2014年12月24日

Eインクというインクを使ったディスプレイ表示技術の革新について

電子ペーパー



おはようございます。

2014年12月の記事です。

いいインクといっても、実際に紙の上に乗っかるインクではなく、電子的に白黒をつけるディスプレイ技術のことです。

これは、ディスプレイを「光らせる」従来の方式ではなく、もともとディスプレイを構成する球形のドット(点)の中に、これまた小さい黒球と白球を入れておいて、プラスマイナスの微弱な電流を流すことで、黒い球を上にしたら黒色、白い玉を上にしたら白色、を「示す」ものです。

なので一旦「表示」させたら表示させ続けることに電力はほとんど必要ありません。

「書き換え」も、電気的信号をちょっと与えてあげて、この微小な粒を上下にくるっとさせるだけなので、非常に低電力で長期間の使用に耐えるということになります。

極めて文系的な説明で、より専門的に解説すれば紙面はもっと必要なのですが(記号や図や式も必要になります)、原理を解説すると意外にシンプルだと思います。

さて、この方式は光を発する従来型と異なりますので、フルカラーは難しいことも同時に分かっていただけるかと思います。

つまり微小の粒自体の色しか表示できず、2つの白黒球だと白黒画面となります。理論上赤白画面や紫黒画面もできますが、あまり実用化されないと思います。

白いキャンバスに真っ赤な血文字が浮かび上がるディスプレイ、というのはお化け屋敷でのニーズはあるかもしれませんが。

最近、この粒を3種類まで増やす技術も実用化されたようです。

米国E-INK社という会社の特許のようですが、苦労してその英語版のウェブを見ると、赤黒白の三色ディスプレイも商品化されているようです。

薄く作れて、ガラスが不要なので曲げることもでき、紙と同じく反射光を利用して表示を行うため、視野角が広く直射日光に当たっても見易く、目に対する負担が少ないという技術の進歩に注目しています。

有り余るブログの紙面で電子ペーパーのお話をいたしましたが年賀状の紙面は余ってしまいそうな筆者からは以上です。

(平成26年12月24日 水曜日)