このブログを検索

2015年3月10日

メジャー帰りではない現役メジャー仕様の黒田投手を広島が獲得した話

広島東洋カープ


おはようございます。

2015年3月の野球に関する記事です。

2015年シーズンから広島球団に改めて入団した黒田投手がオープン戦で登板し、打者13人を39球で「料理」するというパーフェクトピッチングを披露しました。

簡単にツーストライクに追い込んで、得意のスプリット(落ちる球)やフロントドアといわれるツーシームのシュート球など、得意な武器を駆使して凡打もしくは三振の山を築いたわけです。

驚きなのは、そのコントロールの良さです。

実に39球のうち、ボール球は9球のみ、そしてそのボール球も非常にくさいコースに決めてきますので、見逃すことができずつい手が出てしまいます。

プロの打者相手に簡単にツーストライクまで追い込むというのは、相当のマウンド度胸と練習の積み上げによる精密な投球のなせる業です。




緻密な投球と絶妙なコントロール



ペナントが始まってどのような投球を見せてくれるか、今から楽しみです。

メジャー帰りではない、メジャー仕様「8年目」の黒田投手擁する広島球団に、今年も注目していきたいと思います。

黒田投手と同い年の筆者からは以上です。

(平成27年3月10日 火曜日 最終更新:平成28年3月10日 木曜日)