このブログを検索

2015年3月27日

家庭用太陽光発電を実際に屋根に設置してみてから気付いた3つのこと

学校にもソーラーパネル




おはようございます。

2015年3月の太陽光発電に関するビルメン王提供のブログ配信記事です。

今の世の中、再生エネルギーで地球温暖化を防ぐという音頭が取られております。

実際現在の再生エネルギーのメジャー選手であります太陽光発電で、一体どれくらいの電力がまかなえるか、現在の太陽光発電電力買取制度と合わせて卑近な例で検証してみたいと思います。

まず、太陽光発電システムを設置した人は、発電した電気を電力会社に売ってお金をもらうことができるのですが、現在の太陽光電力買取制度には、大きく、(ア)全量買取、(イ)余剰電力買取とがあります。

全量買取制とは、自分で消費した電力とは無関係に、太陽光発電したすべての電力を売電できるという方式です。

ただし、この全量買取制が適用されるのは、設置するソーラーパネルの総出力が10kW以上のものだけです。要するに、事業者が設置する太陽光発電所や、賃貸集合住宅の屋根、工場や学校の屋上にソーラーパネルを設置する場合などの産業用途が前提となっています。

一方、住宅での太陽光発電では、「余剰電力の買取制度」が採用されており、太陽光発電した電気から、自分の家で使った電気を引き算し、余った電気があればこれを売電できるというものです。




電気の地産地消というスタイル




電気の地産地消というわけです。

設置するソーラーパネルの出力は10kW未満ということになります。

そして現在、全量買取の期間は20年、買取単価は32円です。

余剰電力買取は期間10年、同じく買取単価は37円となっております。

例えば、標準的な住宅で4kWのソーラーパネルを屋根に設置したとします。標準的な天気で一ヶ月にこのパネルが発電する合計はだいたい400kWh程度と言われています。

そして、昼間電力の余剰分を半分とすれば、200kWhは単価37円で売電でき、残りの200kWhは自家使用して電気代がかからなかった、ということになります。

だいたいの昼間電気の単価を25円とすれば、合計して月間の電気代を12,400円削減できるという計算になります。

太陽光パネルを設置し電源工事を行う費用がいくらかかるか、によってこの投資の利回り、投資回収期間は変わってきます。

屋根が意外に発電すると考えるか、天候次第の水ものと考えるか、考え方にもよりそうです。

再生エネルギーには、太陽光の他、風力地熱水力バイオマスとそれぞれについて買取制度が整備されています。

暑い夏をエアコンなしで乗り切りたい筆者からは以上です。

(平成27年3月27日 金曜日 最終更新:平成28年3月27日 日曜日)

▷▷次のページは

太陽光発電を自宅屋根に設置してみた場合の経済効果@2015年1月