このブログを検索

2015年4月30日

携帯電話機能につきいろいろ再考検討した結果を共有したいと思います

携帯名機N203(NEC製)




おはようございます。

2015年4月の携帯電話に関する配信記事です。

少し前の記事で、電話番号というものを考え、「データ通信」と「電話」を出来るだけ切り離せないかと考察したところでした。

そうして、iPhone5s契約時からずっと続けてきたキャリア契約(3大キャリアの中の柔らか銀行)から、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれる新興通信事業者に「電話」と「データ通信」を移行して、月額通信料(電話料とデータ通信料)を数千円単位で削減しようとした試みです。

まず、電話だけというMVNOプランはないかと探したのですが、「電話」はなくて、「データ通信だけ」というプランは結構あるものの、電話だけというものはありませんでした。

おそらく、これではコスト割れしてしまい商品化できないのではないかと思われます。

そこで、「電話」機能がついたまま、さらにナンバーポータビリティという制度で、筆者が社会人になって初めて携帯というやつを持ってから今まで20年弱使ってきた電話番号を「移行」できるものであり、その上で、データ通信プランができるだけ安いものを探しました。

そうしてたどり着いたのが、ニフティという老舗インターネット会社(富士通グループ)が家電量販店大手のヨドバシカメラと共同開発した「ヨドバシカメラ限定 NifMo音声通話対応SIMカード スタートプラン」というものが現時点で最も安いであろうと結論しました。




かなり安くデータ通信と通話が使える




このセットですと、音声通話料金は月額480円(税抜)、データ通信は、常時ナローバンド(要するにとても遅いモバイルデータ通信)ながら月額700円(税抜)と、税込でも月額1,274円でスマホ(電話+モバイルインターネット)が使えるということになります。

手元のiPhone5sは3大キャリアの柔らか銀行のSIMロックがかかっていますので、この端末でこのプランを使い続けることはできません。

残念ながら、この端末はWifi専用機として、Wifi環境下のみにインターネットに連携する端末として今後だんだん使われなくなってくるであろうと思われます。

本当はSIMフリーのiPhone6などを購入したいとも思ったのですが、これはアップルストアで税別10万円程度するということですので、潔く諦めたわけです。

代わりに、知り合いでいろいろと情報提供いただける携帯電話修理屋さんから、1万円強で中古のアンドロイドSIMフリー端末を購入致しました。

NifmoのSIMカードが、この購入した新端末できちんと認識されるか、実はniftyの公式サポートには通信確認機種としては載っていなかったため、かなりギャンブルでしたが、申し込んで数日後、自宅に届いたNifmoのSIMカードを新端末に差し込むと、見事認識し、携帯電話での通話とナローバンド通信ができるようになりました。

留守番電話もありませんし、キャッチホンもありませんし、無料通話時間もない、30秒20円かかる電話ですが、これで他の人の時間をできるだけ尊重しながら仕事を進めようと思います。

実は、NifmoはNTTDocomoの通信回線を借りて事業展開していますので、私が社会人になって初めて買ったN203というDocomoの携帯から随分遠回りながら、ようやくナショナルフラッグに戻れたということにもなります。

感慨深い筆者からは以上です。

(平成27年4月30日 木曜日 最終更新:平成28年4月30日 土曜日)