このブログを検索

2015年5月23日

自転車も車両の一種類で明確にその罰則も強化(2015年6月より)

日本一周を目論んでいます





おはようございます。

2015年5月の自転車に関する配信記事です。

ここ最近、自動車事故に並び、自転車と歩行者、自転車と自転車による接触事故や怪我の件数が増えていることを背景に、道路交通法が度々改正され、今までどちらかと言えば見過ごされてきた自転車に対する取り締まりが強化されることになりました。

これを受けて、春の交通安全習慣における警察官の注意も、従来の車に対するものと自転車、歩行者に対するものとに広がっています。

そして、来月から施行される新しい道路交通法では、自転車への取り締まりが強化されることになりましたので注意が必要です。

具体的には、平成27年6月1日より、3年以内に2回以上「交通の危険を生じさせる違反」を繰り返す自転車の運転者には、安全運転を行わせるため講習の受講が義務づけられます(子どもでも14歳以上を対象とします)。

自転車安全講習は3時間講習料5,700円を標準額としますが、出頭せず受講しない者には5万円以下の罰金刑が課されるのです。

そして、交通の危険を生じさせる違反とは、信号無視や通行禁止違反、酒酔い運転、ブレーキ不良自転車運転など具体的な項目が挙げられておりますが、最後の14項目が「安全義務違反」といういわゆる事実上のバスケット条項(その他項目)になっているところに注意したいところです。




安全運転義務違反の範囲は非常に広い




安全運転義務違反とは、他人に危害を及ぼさない速度と方法で運転しなければならないということであり、これには、スマホやイヤフォンを使用しながらの運転も引っ掛かる可能性が高いのです。

もちろん、運転している場所や他の通行者の有無や数、周りの状況などを総合的に勘案しての判断となりましょうが、これらの行為は「安全運転義務違反」に問われる可能性が高いと認識しておく必要がありそうです。

そして、「二人乗り」「傘をさしながらの走行」「2台の自転車での並走」なども当然、安全義務違反対象となります。

以上、今回の自転車に関する道路交通法改正のポイントをまとめますと、

(1)自転車運転中のスマホやイヤホンの使用は「安全義務違反」の可能性が高い

(2)自転車にも「交通の危険を生じさせる違反」の適用がなされ、3年以内に2回以上摘発されると安全講習の受講義務が生じる、行かないと罰金刑

ということになります。

民事と刑事で直接関係はありませんが、自転車事故も対象となる個人賠償責任保険に早速加入しました筆者からは以上です。

(平成27年5月23日 土曜日 最終更新:平成28年5月23日 月曜日)