このブログを検索

2015年5月10日

自前の買い物かごを準備しておくとスーパーの買い物が楽だという記事

下が自前かごです




おはようございます。

2015年5月のスーパーに関する配信記事です。

スーパーやホームセンターで買い物するとき、エコバッグを持っていくことは普通になりました。

確かにエコバッグは便利なのですが、やはり、「商品をレジで精算してもらうためのかご」から、「精算済のかご」に入替えて、自分でエコバッグなりビニール袋なりに詰め替える手間はそのままです。

そこで、筆者が最近考案しましたのは、スーパーのカゴのような同じようなカゴを、300円ショップあたりで買い求めて、レジでの精算の際に、その「自前かご」に入れてもらうようにして、そしてそのままその自前かごに商品を入れたまま、車なりに運び入れて持って帰り、家の冷蔵庫の前までそのかごを持ち込み商品ごとに冷蔵庫なり棚なりに格納するという方法です。

こうすると、買い物かごのまま持って帰れますので、いちいち袋状のものに詰め替え、そして家でさらにその袋から出すという手間が省けます。

二度の手間を削減することができます。

もちろん自転車での買い物の際にはあまり使えない方法ですが、筆者はそれでも手に持って行くことを選びます。




スーパーのレジ袋に詰めるというのが面倒




それだけ袋に詰めるという作業が面倒なのです。

少子化高齢化により、最近は物販にせよ食料品にせよ、店舗型物販については苦戦が伝えられています。

自宅までのリードタイムや手間の削減を考えなければ、通販やネットショッピングの業界に、ますます食われてしまうことが懸念されます。

そして通販やネットショッピング側も、確かに便利なのですが、多用し過ぎると家がダンボールのゴミだらけになってしまうことも悩みの種です。

やはり、毎朝瓶で持ってきて飲み終わりの空き瓶を回収していく牛乳配達業が最強なのかもしれません。

最適な消費行動とは何か、考えることが多い今日このごろです。

などと書いておりましたら、肝心の日用品を買いそびれた筆者からは以上です。

(平成27年5月10日 日曜日 最終更新:平成28年5月10日 火曜日)