このブログを検索

2015年5月3日

モバイルルーターもSIMフリー運用が便利になるのではという話です

モバイルルーター例(少し古いです)




おはようございます。

2015年5月の通信機器に関する配信記事です。

2015年5月は、SIMフリー元年として、大手家電量販店を中心に鼻息が荒くなっているようです。

改めてSIMフリーを簡単に解説しますと、これまで国内の大手通信会社が市販する携帯電話やスマホ、タブレット(多機能携帯端末)の大半は、他の通信会社のSIMカードをセットしても使えないよう「SIMロック」が掛かっているものが大半でした。

しかし、2015年5月から発売する端末については、原則このロックを適用せず、どの通信会社のSIMカードをセットしても使えるようにするのが今回の総務省のガイドライン改正ということになり、SIMフリーと呼ばれているのです。

ここで、「端末」と申しましたのは理由がありまして、これまでもこのブログでの記事内容に、「スマホ」についてのSIMフリーへの言及はありましたが、「端末」には「モバイルルーター」も含まれるということです。

つまり、モバイルルーターという「端末」の購入と、月になんG(ギガ)のモバイル通信を行うプランにするか、といった「データ通信プラン」とは分けて契約できるようになったということなのです。

SIMフリーの恩恵とはこのように、端末と通信回線を分けて考えることができるというものです。




携帯電話の契約や音声通話を考える必要がない




音声通話を考えなくてもよいため、かなり格安(月額1,000円以下)といったデータ通信プランも出てきています。

したがいまして、4G回線をうまく捕捉さえしてくれるSIMフリーのモバイルルーターがあれば、あとはSIMカードを差し替えれば、そのSIMカードの契約者に利用料の請求が行くことになります。

ですのでSIMフリーモバイルルーターの中古市場もますます活況になっていくものと考えられます。

既に、アマゾン他の大手中古品サイトでは、新品とほぼ変わらない新古品が流通しているようです。

昔は、黒電話とセットで国営会社の日本電信電話公社の回線しか使えなかったことを思えば、遠くへ来たものだと思います。

通信手段は増えましたが、喋る友達が少ない筆者からは以上です。

(平成27年5月3日 日曜日 最終更新:平成28年5月3日 火曜日)