このブログを検索

2015年6月23日

土鍋蓋からの吹きこぼれを防ぐアンクルウエイトでイノベーション気分






おはようございます。

2015年6月の物の使い回しに関する配信記事です。

先日、ご飯を土鍋のようなもので直接炊くというエントリーを書いて意外な好評を博したのですが、筆者の持っているティファールの鍋は、蓋が軽く、強火で炊くと沸騰した際に蓋がカタカタいって上記が少々吹きこぼれるという難点があります。

これは、火加減無視で強火で8分(二合の場合)一気に火にかけてしまうという筆者のずぼらな性格ゆえの問題点であるのですが、確かに、圧力鍋とは言わなくてももう少し気圧の高い調理ができたほうがよりふっくらしたご飯を味わえようというものです。

そこで、通常は手首や足首に負荷をかけるために使うアンクルウエイトをキャナルシティという商業施設にある大型スポーツ用品店にて買い求めてみました。

女性にも使いやすい、片方0.5キログラムのものです。




土鍋の蓋をつまむのにも使う





これを例の土鍋の蓋のつまみに巻きつけるようにおけば、あら簡単圧力鍋もどきの完成です。吹きこぼれも少なくなりましたし、炊きあがった時に結局つまみが熱くてふきんなどかぶせて取っていたのでそのついでにもなります。

これぞイノベーションです。

携帯忘れて、思わぬ開放感に浸り、これはこれでイノベーション気分な筆者からは以上です。

(平成27年6月23日 火曜日 最終更新:平成28年6月23日 木曜日)