このブログを検索

2015年8月3日

いつも小脇に現金を持っていないととんでもないことに陥るという話

大宰府インター





おはようございます。

2015年8月の筆者がやってしまった失敗談のニュースです。

謹んでお話しします。

できるだけ
現金キャッシュを使わず、
電子マネーやクレジットカード、
クーポン券などを多用している
筆者ですが、
現金を持ち合わせ
なかったために
大変なことになりました。

車二台で遠出しようとした
時のことです。

自分ちの車に友人に
乗り込んでもらい、
ちょっと別方向に行くために
レンタカーを
もう一台筆者が借りました。

そうして並んで出発したすぐに、
都市高速道路のETCゾーンで
レンタカーの方がゲートに
止められてしまったのです。

自分ちの車は一瞬で消えて
行ってしまわれました。

ETCの差し忘れなのですが、
自分の車に財布を置いている
状態で、車内にはETCカード
どころか1円もございません。





レンタカーを借りただけ





免許証とクレジットカードさえ
あれば、レンタカーは
借りられるので、
すっかり他を忘れて
単身レンタカーに乗り込んで
出発してしまった
筆者の凡ミスです。

早くETCか現金渡してよ、
と訝るゲートの係員さんに
手早く事情を説明し、
後ろに連なる車5台以上を
流すため、高速道路の
路肩に人生初めて停めました。

高速出る時に払って
くれたらいいからと、
いうことで係員さんは
筆者の免許証番号をメモして
切符を切ってくれたのですが、
すみません、
車内に現金ないのです。

高速道路走れば数百円
湧いてくればいいのですが、
そのような奇跡はあまり
期待できませんので、
降りるところでも
同様の説明を覚悟しました。

そうして非常に気落ちしまして
車を走らせたところ、
降りるゲートの手前で、
自分ちの車が待って
くれているではありませんか!

とにかく千円札を渡してもらい、
無事ゲートを出ることができました。

何事も、準備と心構えが大切だ
と感じた冷や冷やの数十分でした。

以来車中では小銭を袋で
備置するようにした筆者からは以上です。

(平成27年8月3日 最終更新:平成28年8月3日 水曜日)