このブログを検索

2015年8月13日

努力する天才「質より量」才能ある人のすさまじい努力を定量的に見てみようという話






おはようございます。

2015年8月の記事です。

漫画の話です。

手塚治虫が書いたのが10万ページ。

石ノ森章太郎が書いたのが13万ページ。

「こち亀」160巻まででだいたい3万ページ。

ということらしいです。





すごい才能の物凄い創作量






もともとものすごい才能がある人が、これだけの「量」を叩き出すわけです。

「質」とか言ってられません。

物凄い「量」です。

才能のある人の努力は凄まじいです。

両人とも、太く短い人生だったが、後悔はないと思われます。

太く短い飲み会人生を送っております筆者ですが以上です。

(平成27年8月13日 最終更新:平成28年8月13日 土曜日)

▷▷次のページは

何事も毎日継続しコツコツやるのが大切ですが寝ることは特にそうです