このブログを検索

2015年9月6日

2015年9月に今更iPhone6のレビューをしてみる周回遅れの話です

iPhone6で撮影





おはようございます。

2015年9月のガジェットに関する記事です。

発売以降数年が経過し、数日後にはアップルの製品発表イベントにて、iPhone6sか7だかがリリースされることが確実視されている中で、このタイミングで今更ながらiPhone6の使用感のレビュー含め述べさせていただこうと思います。

モノが人々の手に渡ってから、その評価が定まるのには少しの時間がかかります。

ユーザーというものは、そうした各々のゆっくりとした体験を積み重ね、ゆっくりとですが確実に自らの支持する製品やサービスを使っていくようになります。

iPhoneシリーズに始まるスマートフォンも、そのユーザー群にいわゆる機械オタクだけてはないライトユーザーを取り込むあたりから、デバイスというより感度の高い操作性とシンプルな一つのOSを適用させた生活端末としてその地位を確立してきました。

iOhone6において、他のスマホの画面大型化に対抗し、画面を広げる決断をしたわけですが、これによりさらに顧客層を広げることに成功したようです。

しかしながら、一方で採用した縁の丸い構造は耐久性や堅牢性に乏しく、特に男性に多いようですがズボンポケットに入れておいたら微妙に曲がってしまうなどの状況も出現しました。

また、広がった画面を覆うガラス面に傷の極めて付きにくいサファイアガラスを採用することができなかったため、充分丈夫ですがやはり引っ掻き傷が気になるユーザーには、被膜フィルムが必要になるなど、次期商品への課題も見えてきています。

周回遅れで先頭に立っているように見える筆者からは以上です。

(平成27年9月6日 日曜日)