このブログを検索

2015年11月11日

戦後その技術が失われて久しい国産ジェット機がいよいよ日本の空を飛ぶ!


在りし日のYS-11(11/11に)



おはようございます。

2015年11月の日本の技術の集大成に関する配信記事です。

ついに国産ジェット機が空を飛ぶことになりました。

三菱航空機と親会社三菱重工業が2015年11月11日に国産ジェット機MRJ(三菱リージョナルジェット)試験機の、初航空テストを行うと発表したのです。

三菱航空機は戦前、あの零戦(零式艦上戦闘機)を設計製作した、東洋最大級かつ世界有数の航空機メーカーでした。

同じくライバルであった中島飛行機と並んで、確かにその時、日本は最先端技術の粋を集めて形作られる航空機技術で世界のトップを間違いなく走っていたのです。

三菱にとって、日本海軍からの零戦の要求性能となった「十二試艦上戦闘機計画要求書」の内容は、それまでの常識が通用しない過酷ななものでした。

すなわち、最大速度時速500㎞以上、空戦性能極めて高し、6時間以上巡航可能、武装に二十ミリ機銃二門等と、世界に例を見ないまさに万能戦闘機を創り出せというものです。

主任技師であった堀越二郎は、胸の大病を患いながらもこの艦上戦闘機の設計を成し遂げ、同機は実に終戦まで1万機が生産されたのです。

そうした航空機に関する世界最高水準の伝統と技術は、敗戦によりGHQ(連合国総司令部)によって生産はもとより研究も全面的に禁止され、二度と軍需産業に進出できないよう、徹底的に解体されたのです。

そして各所に散った元飛行機屋は鉄道技術、例えば新幹線開発などに力を発揮します。

また、再度結集した技術陣は、後輩を育て日本戦後初のプロペラ旅客機であるYS-11に結実しますが、この開発以降、日本国産旅客機としては実に半世紀ぶりの登場となります。

航空機産業は他産業への波及効果が強い裾野の広い基幹産業であり、他産業への技術波及指導効果も非常に高く、今後市場が倍増するといわれています。

米ボーイング、仏エアバスに匹敵するくらいの、大いなる活躍を期待して、テスト飛行を見守りたいと思います。

奇しくも本日は11月11日です。

零戦を整備していた戦争末期の召集整備兵を祖父に持つ筆者から以上です。

(平成27年11月11日 水曜日)

▷▷次の記事は


(2019年7月4日(木)夜イベント告知)お金はしてもらうことの価値に過ぎずありのままの自分はそこにはないという話です