このブログを検索

2016年1月7日

スマホやモバイルルーターの通信速度制限について

速度制限かかっています



おはようございます。

2016年1月の記事です。

スマホやモバイルルーターのつなぎ放題プランにおいて、一部のユーザーが物凄い通信量を使うために3日で1Gやひと月で7Gといった通信制限を設けているキャリアが多くなっています。

通信制限がかかってしまうと、128kbpsという非常に遅い速度でしか通信されないので、動画データや写真データの取り込みや呼び出しには非常に時間がかかることから、事実上不可能になり、テキストデータのメールデータの受信か発信くらいしかできないようになります。

これをナローバンドと呼ぶのですが、ざっと20年くらい前までは、この通信速度ですら、月間1,000円以上の通信費用を払っていたことを考えると隔世の感が致します。

本当にデータ受信無制限のプランを契約すると、かなりの額の月額使用料を支払わなければなりません。

筆者も、購入したモバイルルーターの月間制限7Gを、ドロップボックスというファイル共有サービスで動画データ(披露宴で披露した余興のビデオ)を誤って取り込んでいたことを忘れてモバイルルーターを利用してしまったため、あっという間に通信容量10G越えしてしまい、月の初めにおいて既に通信制限状態になっていたりしております。

Wifi環境というのは装置設備産業の面がありますので、通信網拡大のためには多額の設備投資が必要になり、それによって獲得した顧客を繋ぎとめるためにさらに投資を続けていかなければならないという面があります。

データ処理速度の向上著しいこうしたITの世界にあって、その基盤となる通信環境の整備は全世界的課題といえそうです。

余興には余念なく、披露宴出席回数は60回を超える筆者からは以上です。

(平成28年1月7日 木曜日)