このブログを検索

2016年3月27日

2016年ロボットが宅配ピザを配送するサービスがいよいよ始まる話

ロボット




おはようございます。

2016年3月のロボットに関する配信記事です。

ドローンによる宅配サービスで先行しているのは、人口密度の小さいアメリカ西部やオーストラリアだと思いますが、このたび、空を飛んで宅配するドローンに先行して、地上を走りピザを宅配できるロボットがオーストラリアで実用化されるとのニュースが世界を巡りましたので少し紹介します。

このロボットは、ピザを暗証番号でロックされた格納庫に収納し、時速20キロで自走するとのことです。

日本では公道をラジコンで走ることはできませんが、オーストラリアだと法令的にも可能らしく、あとは技術的にセンサーで障害物をよけながら適切な時間で目指す顧客の住所まで運ぶことができればミッションコンプリートとなります。

到着したところで、どのように顧客に知らせるのか気になりますが、SNSがこれだけ発達した現在です、「到着しました」くらいの通知はアプリでも何でもできると思います。

そして、顧客は予め知らされた暗証番号を登録すれば、無事格納庫のキーが解錠され、めでたく焼きたてのピザを手に入れることができるというわけです。




支払いの方法はクレジットカードか電子マネー




料金の精算はどうするのかというのが気になりますが、おそらく全面クレジットカードか電子マネーでの運用になるような感じです。

そうしないと、宅配ロボットならぬ現金輸送車になってしまい、セキュリティの面で更に考慮が必要になるでしょう。

いよいよ人件費が外注費や機械備品費用にとって代わる日がやってきたということで、感慨深いものがあります。

改めてロボット三原則からおさらいしておいた方がいいようです。
こちらからは以上です。

(平成28年3月27日 日曜日)