このブログを検索

2017年1月15日

金融用語でよく出てくる「原資産」というものを超簡単に解説します





おはようございます。

2017年1月の記事です。

今日はちょっとむずかしい話をします。

投資を考えるときに、金融オプションなどの金融派生商品については特に、原資産が何かということをきちんと理解することが大切です。

原資産とは、先物やオプション取引の基本となる金融商品や現物商品そのもののことを指します。

通常は、株式、債券などの個別金融商品から通貨、株価指数、標準国債、作物、天気、気温など、金融取引の基準となりうるあらゆる商品を総称して「原資産」といいます。

たとえば、取引されている「株式」という現物資産が原資産であり、この株式という原資産を基にして取引されている、たとえば日本を代表する研究開発型のエレクトロニクスメーカーの株式に連動して上下3倍の振れ幅で価格が上下するという金融商品があれば、この金融商品(デリバティブ)の原資産はかのエレクトロニクスメーカーの現物株式ということになります。

さて、為替取引における原資産は、外国通貨(通常米ドル)となります。

FXとは外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略で、外国の通貨を売買して、利益を得る取引のことを意味します。

そのまま外国為替取引を行う(現物取引を行う)こととの一番の違いは手元の資金を担保に、何倍もの金額の取引ができる「レバレッジ」が使えることです。

例えば、100万円が手元にある場合、レバレッジを10倍にすれば、1,000万円分の通貨を原資産として取引できます。

為替差益やスワップポイントも10倍になります。

しかしながら当然リスクも10倍ですので、仮にここでの原資産である1,000万円の為替が100万円の為替差損を抱えた場合、手元資金100万円は消し飛んだ、ことになります。

このようにリスクもリターンも自由に設定することができますが、あくまでリスクとリターンは表裏一体というものということになりますので、気をつけましょう。

投資の下手な筆者からの解説は以上です。

(平成29年1月15日 日曜日)