このブログを検索

2018年2月17日

中学三年生で15歳の藤井五段が全棋士参加棋戦優勝により半月で六段に昇段したという話





おはようございます。

2018年2月の配信記事です。

将棋界にまるで往年の日本競馬のディープインパクトのような衝撃でプロ入りした藤井棋士が、五段に昇段してからわずか16日後、日本将棋連盟の昇段規定にある「全棋士参加棋戦優勝」により六段に昇段しました。

まだ卒業前の中学三年生、15歳での快挙です。

2018年2月17日(土)、東京都内で行われた第11回朝日杯将棋オープン戦を勝ち進み、準決勝では羽生竜王(47歳)を破り、決勝ではA級リーグの広瀬八段(31歳)を退けて破竹の10連勝、一次予選から勝ち上がり栄冠を手にしました(年齢は当時)。

解説していた佐藤天彦名人(30歳)も気づかなかったという桂馬打ちの妙手で形勢を引き寄せた、という新聞解説がありましたが、正直筆者レベルにはなんのことやらよくわかりません。

しかしながら、とにかくレベルがますます上がって行くこの世界において、神武以来(じんむこのかた)の才能が現れたことは間違いありません。

いまも対局を重ねるごとに強くなっている藤井棋士ですが、師匠の杉本七段(48歳)も、実はつかみどころがなく予想外なところが強さの秘密ではないか、という謎のコメントを残しています。

筆者も、部下や後輩の方が能力が高いと認められる場合には、同じようなコメントを残すかもしれませんが、とにかく凄いレベルの話であります。

これから、藤井棋士に限らずプロ棋士の棋譜を並べて勉強してみたいと思います。

藤井棋士の三倍程度生きているはずなのですが、将棋も囲碁もまだまだ伸び盛りの筆者からは以上です。

(平成30年2月17日 土曜日)