このブログを検索

2018年3月13日

手作りでICO(トークンイベントによる地域通貨発行)をやってみようという話です





おはようございます。

2018年3月の仮想通貨界隈に関する配信記事です。

記事に入る前に、筆者もコインチェックからの連絡通り、奪われた仮想通貨XEM(ネム)をJPY(日本円)に兌換した代わり金を受領いたしましたので、ここに謹んでご報告いたします。

何事も、理論より実践ということで買ってみた仮想通貨ですが、いきなりの電子強盗事件、そしてコインチェック等の仮想通貨取扱業者への一斉行政処分といった激しい動きを経て、どうやって調達したのかは不明ながら一応代わり金の現金(日本円)が戻ってきたということで非常に面白い経験となりました。

これで、一旦全損したと思ったお金が戻ってきたので、周囲の人と一緒に飲みにでも行ってこようと思います。

さて、このように、既存の法定通貨(JPYとかUSDとか)に兌換できる仕組みにした場合、そのような仮想通貨を取り扱う業者は、仮想通貨業者として当局(金融庁)の監督を受けるということになりますが、保育園幼稚園町内会バザーの紙のお金や、家で親に渡す肩たたき券といった法定通貨に紐つかないトークン(厳密には通貨ではないのでコインとか呼ばない)については、物々交換の一形態なので特に問題になることはなく、発行もしやすかろうという話になります。

具体的には、例えば千円単位で払い込んでもらい、その対価としてかまぼこ板のようなものを1枚渡します(通常の1枚千円の売買契約です)。

一般のかまぼこ板とは違って、一応発行体の「刻印」のようなものを付しておきます。

これで、単なる木札とは違った立派なトークン(いわゆる地域通貨)となります。

この木札、何に使えるかというのはオープンリソースですからその時点(発行時点)では何も決まっていません。

決まっていないけれども、その後その木札面白いね、と考える複数の人々がそれを媒介とした財・サービスを後から考えていきます。

例えば、

・会議室を借りるには1木札
・焼肉食べさせてあげるから3木札くれ
・マッサージしてあげるから3木札で支払って

といったサービスが付いてきた場合、木札でしか支払わない、となればどこかしらから木札を調達しないといけないわけです。

木札の調達手段は大きく2つです。

・持っている人から買うなり自分でサービス提供して引き取る
・発行体のトークンセールに参加して木札をもらう

ということになります。

この場合、最初の1枚1,000円というレートはしばらくは固定でしょうが、だんだん市場参加者が増えてくると、変動してくるでしょう。

しかし、この木札システムの管理にはコストがかかります。

ある一定期間ごとに、木札を誰が持っているかといった元帳管理を誰かが(もしくはみんなで)行わないといけないのが面倒なわけです。

でも、このトークンエコノミーを「面白い」と感じて、わざわざ効率化の極地にあるJPY(日本円)での決済を「あえて」やらずに面倒な木札決済という、決済コストも管理コストもかかることをわざわざやるという経済圏が小さいながら確立すれば、これはもう自立経済圏としての明らかな息吹なわけです。

とても、面白いと思いませんか。

ということで、木札エコノミーが始まったら、1,000円くらいは図書カードかクオカードで投げ銭してみようかと考えております、昔はビックリマンシールを元気一杯集めていた筆者からの妄想は以上です。

(平成30年3月13日 火曜日)