このブログを検索

2018年5月18日

インターネットの通信速度もグーグル画面で簡単に計測できるという話です







おはようございます。

2018年5月のインターネット通信速度に関する配信記事です。

最近、グーグルの無料サービスがますます拡充されて、例えばカーナビについても、筆者もグーグルマップの無料ナビ機能をメインに使うようになってしまいましたし(到着時刻と経路が正確で自動的に学習していくので)、英語の辞書昨日や世界中の上場株式やETFの株価についても、ティッカーと呼ばれる略称を入れるだけで簡単に参照できるようになっております。

そんな中、ついにグーグルは、ネット回線の接続状況や速度についても、グーグル検索画面で一発で測定するサービスを始めたようです。

使い方は簡単です。

グーグル検索画面で「スピードテスト」と日本語で入力して、「速度テストを実行」と書かれたボタンを押すだけです(2018年5月現在)。

そうすると、見たことがある専用アプリの速度検定マシンが作動して、見慣れたメーターがダウンロード速度とアップロード速度の両方を測定してくれます。

一般にサイトを表示するためのスピードは、ダウンロード速度なのですが、周辺の人がネット環境を多く使い始めると回線がオーバーロードして速度が出ないといったことはよくあります。

何かネットの調子が悪いな、というときには測定してみればよいと思います。

この機能の凄いところは、スマホで検索しても同様のスピードテスト機能が利用できるということです。

やっぱり優先LANでつながっている方が格段に速いようです。

そして、常に通信速度が出ない場合は、インターネットのプロバイダの契約内容を変えるか、そもそもプロバイダ先を変更するか、もしくは古くなったルーターの買い替えなどを検討したほうがいいと思います。

筆者のところも、だいぶルーターも古くなってきたので、日本にも上陸してきた「Google Wifi」を導入してみようかと考えております。

ルーターの設定というと、素人には大変なんですけど、このグーグルのルーターは、グーグルアカウントさえあればアプリを使って簡単に設定・管理できるようです。

ということで、グーグル検索画面で簡単ネット速度設定の記事をおわります。

自身の執筆速度のほうは全く上がってこないので、そこは諦めております筆者からは以上です。

(平成30年5月18日 金曜日)