このブログを検索

2018年5月4日

伝説のイチローがマリナーズの特別アドバイザー兼コーチに就任したというニュースです






おはようございます。

2018年5月の野球選手に関する配信記事です。

イチローといえば、この20数年間、一人の日本人野球選手の代名詞でした。

日本のオリックスで210安打を放った鮮烈のデビューから、フル出場での3割8分5厘という驚異の打率、そしてメジャーリーグに転じてメジャー記録となるシーズン262安打を放ち、日米通算4,000本安打に到達した紛れもなく日米野球界のスーパースターです。

筆者はイチロー選手の一つ年下に当たりますので、同時代人として、彼の選手の活躍をずっと見てきました。

このたび、今年から復帰したメジャーリーグのマリナーズにおいて、イチロー選手はマリナーズと契約し、今季の残り全試合に出場せず、特別アドバイザー兼コーチに就任するということが正式に発表されました。

くしくも今季最後のプレーとなった2018年5月2日のマリナーズーアスレチックス戦においては、「9番・左翼」で先発出場し、背面キャッチを見せるなど堅実な守備は健在でしたが3打数無安打、1四球1得点という成績でした。

ちなみに選手としては事実上の引退でフロントもしくはコーチ入りという観測もありますが、選手として続けたいというイチロー選手のかねてからの強い希望があったのでしょう、選手としての引退ということではなく、ただメジャーの選手登録枠25人という制限の中、すでに伝説的選手である同選手にマイナー行きを通告して飼い殺しにするよりも、より双方にとって合意しやすい契約ではなかったかと思われます。

ちなみに、来季マリナーズは、開幕戦を日本の東京で行うプランを持っておりまして、この凱旋試合に、事実上の同選手の引退壮行試合として、メジャー契約を結び直してイチロー選手を出場させることも可能となっています。

メジャーリーグの海外戦略において、アメリカのみならず日本ではもっとも有名なプロスポーツ選手といって間違いないイチロー選手をそのような役割として期待するのも、抜け目ないプロスポーツの本場アメリカならではの考え方なのかもしれません。

メジャーリーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナーも、日本でのメジャーリーグの開幕戦については、「東京という(世界有数の)大都市は、MLBの開幕戦を開催するのにふさわしく、再び「野球」を愛する日本のファンの前に戻ってこられることを楽しみにしております」とリップサービスを寄せています。

「最低50歳まで現役」と常より語っているイチロー選手は、試合に出る出ないは関係なく、今季残りシーズンも全てチームに同行し、練習を続けるということです。

本当に野球が好きなのだろうと思います。

イチロー選手お疲れ様でした。

イチロー選手に代わり、日本で一番有名な野球選手に大谷翔平選手が躍り出た、2018年はそのように記憶される年になるのかもしれません。

週末草野球一試合やっただけで全身を筋肉痛にすることができる筆者からの感想は以上です。

(平成30年5月4日 金曜日)