このブログを検索

2018年5月12日

あえて「ニックネーム」「あだ名」で呼び合うことによって議論を活発にするという方法






おはようございます。

2018年5月の「ニックネーム」「あだ名」に関する配信記事です。

かつて、風通しがいい企業では、肩書きで呼ぶのではなくて「さん付け」で呼ぶというのがいわれた時代がありましたが、それを飛び越えて、さらに個々の社員にニックネームをつけてそれで対等に議論しようという組織運営が言われるようになってきました。

平等に議論を戦わせることが、より事業で「勝てる」仮説と検証のサイクルを回すためには必要不可欠だと考えるスタートアップの会社などは特に、事実に基づいたクリティカルシンキング、健全な批判精神に基づいた事実をベースにした議論を行うための前提条件として、立ち位置として発言者ができるだけ平等になるように、発言者を社内の職位とか職務とかいった立ち位置とは一旦離れた「ニックネーム」で呼ぶようにすることを推奨しているのです。

ニックネームで呼び合うことを推奨する一方で、逆に、さん付けや肩書き付きでの呼びかけを禁止します。

社長でも、いやむしろ社長や役員ほど、ニックネームで呼ぶように推奨してもらうのです。

例えば、ざっくりしている社長は「ザック」という風に呼んでしまいます。

ダンディと呼べと仰った監査役は「ダンディ」。

インドのムンバイ行きの飛行機に乗り遅れそうになって「ムンバイ!」といってダッシュしたエピソードのある取締役は「ムンバイ」。

ボンボンっぽい取締役は「ボンちゃん」(ここはさんではなくちゃんなのでセーフ)。

といった風に、とにかく何か、この組織に属する以上何かのあだ名をつけてもらいます。

そうして、最初は慣れるまでしんどいですが、こうすると、最初はしんどいものの、その後はずっと「◯◯社長」「◯◯監査役」といった呼びかけ方をしなくて済むので、議論やコミュニケーションの初動が非常に楽になるというメリットが得られます。

議論やコミュニケーションの大前提として、まずは人として対等でなければなりません。

そして、それを会社としても個人としてもやりたいというパッションが明確で、そして事実ベースとしても成り立つという、そんなバランスが取れた案件なりを苦労しながらひねり出す過程が、とてもしんどいですが面白くて病みつきになる、それが健全な事業開発の姿ではないかと思ったりします。

そして、議論やコミュニケーションの舞台を、リアルな会社という「場」と同じくらい、ネット上のチャットの「場」も有用に使えば、各自の活動報告や困っていることといった、先にみんなで共有しておくことを先読みしておいて、その情報が共有されている前提で議論を始めるというようなことで、会議に実質的に参加できる人数の上限を増やすことができるといった作戦を使っています。

これは、直接会ったり飯を食うといった、人間誰しももっとも仲良く分かり合える濃密な時間を大切にするために、あえて報告や連絡といった作業からそういった貴重な個人の時間を守りたいというところから来ている工夫です。

大事なのは、例えば時間を決めてリモートワークで働く人も、会社というリアルな場に来て、顔を合わせて何かコミュニケーションをとる、そういった仕組みが大切だということです。

そういう意味では、ランチや朝食会といった定例の場を皆で持つことは、非常に重要だと感じています。

以上、組織運営に関していろいろと考えることを述べてみました。

通り名は「ビルメン王」、あだ名は直接会った時にお聞きいただくようお願いしたい筆者からのコメントは以上です。

(平成30年5月12日 土曜日)