このブログを検索

2018年8月31日

業界の巨人Amazonが2018年についにQRコード決済領域に進出してきたと言う話です







おはようございます。

2018年8月のITデジタル業界に関するトピックに関するニュースです。

今更なのですが、QRコード決済をご存知でしょうか。

Apple Payとか、アリペイ、ウィチャットペイといった、QRコードという二次元で示されたバーコード番号を読みこんで、そのまま料金を決済するというサービスです。

筆者は、二次元QRコード決済まではやったことがないのですが、同じバーコードを利用した決済は、例えばスターバックスカードのアプリを利用した決済でよく行なっていますし、QRコード自体の利用というならば、シェアリングエコノミーの自転車シェア「メルカリ」サービスにおいて、解錠のために使われているQRコードを利用して使っていたりします。

そんな中、すでに世界中の人が持っているのではないかと思われるオンラインショッピングサイトのAmazonが、QRコード決済事業に参入し、アプリで使える「Amazon Pay」サービスを導入したとのことです。

これは、オンライン専業であったAmazonが、実店舗におけるキャッシュレス決済に参入するということです。

具体的には、スマホアプリで入っているAmazonショッピングアプリの画面上で呼び出したQRコード(30秒ごとに別のものと入れ替わる)を店舗型のタブレット端末で読み取ることによって実現します。

この瞬間、Amazon会員で登録されているキャッシュカードに支払い情報が転送され、決済は完了するというわけです。

2018年8月から、福岡市や東京都新宿区の数十店で実際に使えるとのことです。

ユーザーには、Amazonショッピングサイトでの買い物履歴と同様、メールで支払い完了の通知も来ますし、AmazonPayの専用サイトでももちろん決済情報を確認することができます。

この、QRコード決済の安全性を極めて高くしている理由に、QRコードが30秒ごとに更新されて不正利用を防ぐものとなっているということがあります。

支払金額は、店舗側がタブレット端末で入力し、ユーザーはそれを確認してアプリを起動してQRコードを提示するという流れになります。

確かに、すでに日本国内はLINEや楽天、NTTドコモや各種クレジット会社やSuicaなどのFeliCaカードによるキャッシュレスサービスは展開されています。

しかしながら、まだまだキャッシュレスの決済自体が全く進んでおらず、相変わらずいつもにこにこ現金払いにとどまっている、中小規模の商店やサービス店舗に対する営業余地は、まだまだ存在すると言えます。

今回、インセンティブプランとして、アマゾンジャパンは、モバイル決済サービス事業を展開するNIPPON PAY(東京都中央区)と協業し、店舗向けに、NIPPON PAYが端末を無料で貸し出し、タブレット端末のレンタルとAmazon Payの利用を同時に申し込むと、2020年末まで決済手数料(通常3.5%)を0%にするキャンペーンを実施するという大判振る舞いです。

2020年まで手数料無料の支払い手段を得られるのであれば、2020年末までの限定対応として本件対応しておくことは、来るべきキャッシュレス社会における支払い手段の確保の為にも、中小商店の生き残りのためにも、導入してみるのも面白いと思います。

日本においては、いろいろこうした別のキャッシュレス決済手段がある中、相かわらず現金の利用がまだまだ減りません。

これは、キャッシュレス決済の信頼がまだ足りていないということであり、Amazonの強力なブランド力をもって、一瞬で決済を終わらせるという手段の市民権を得るための、壮大な実験となりそうです。

現金オンリーのお店で、全く現金の持ち合わせがなく、やむなく同乗者にお金を借りたまま忘れてしまったことのある筆者からの反省は以上です。

(平成30年8月31日 金曜日)