このブログを検索

2018年10月1日

アレオレ詐欺(あいつは俺が育てた)など無視して挑戦を続けたいという話です







おはようございます。

2018年9月の物ごとの成功や失敗に関する配信記事です。

アレオレ詐欺という言葉があるらしく、これは、事業なんかがうまくいった人に対して、いきなり群がってくるだけにとどまらず、やれ「昔から知っている」だの「あいつは俺が育てた」的な話を周りに吹聴する例だそうです。

そして、たとえば当面うまくいっていた人がいたとしても、当然事業環境は変わりますから、例えば経営が傾き、ともすれば倒産危機を迎えたりする場合もままあります。

そういった時こそ、育てるとか支援するとか応援するとかそういったことが本当に必要なはずなのですが、そういった場面においては面白いくらい周りからさーっと人が離れていくものらしいです。

そうした経験を肌で感じている、特に事業家の人たちは、自分の周りの環境が良かろうが悪かろうが、一個の人間としてフラットに付き合ってくれる人を見極める力が増すそうです。

好調だろうが、不調だろうが、それはほとんどが自分の周りの環境面で起こっていることで、自分自身の本来の在り方にはあまり関係ないものです。

一つだけ、自分自身の本来の在り方を決める尺度があるとすれば、それは、最後まであきらめないという気持ちです。

まだ、戦えるな!

と思える気持ちです。

人として最上なのは、挑戦し成功した者であることは間違いないですが、 挑戦し失敗した者も同様に讃えられるべきなのです。

そうして、自らは挑戦する勇気はなくても挑戦した人の手助けをするのも上等、最も下等なのは、自らは何もせずに挑戦したものの批判だけをしている者となります。

関ヶ原の合戦に敗れた西軍の実質的指導者、豊臣秀吉の一の子分、五奉行筆頭の石田三成は、その後の勝者の徳川の世において、冷徹だの犀利だの、果ては人情に薄いだの冷酷だの非情だの、さんざんなプロパガンダにあい徹底的な低い評価に置かれましたが、一つだけ東軍にも糊塗できなかった逸話があります。

家康からは「勝つも負けるも時の運だ」と慰められますが、三成は毅然とした態度を貫き、「貴殿に敢然と挑戦したことは全く後悔していない」と述べました。

負けて落ち延びましたが、ほどなく捕縛された石田三成は京都に送られ、小西行長や安国寺恵瓊(あんこくじえけい)、といった西軍での主力大名と一緒に、六条河原での処刑を待つ身となります。

ある時三成は処刑場の兵に対し、「喉がかわいたので、白湯(さゆ)でもくれないか」と頼むのですが、「柿でもかじっておれ」と言われます。

これに対し三成は、「柿は痰(たん)の毒になる(喉に悪い)からいらぬ」と傲然と言い断りました。

「処刑される身なのに、今さら体を気づかって何の意味がある」と笑われますが、三成は自分の志を遂げることを、死ぬまであきらめていなかったからそう言ったのであって、ここが豊臣秀吉の一旗本から身を立てた19万石の大名ながら、実質260万石を擁する大大名である徳川家康(とその取り巻き)に対して、壮大な徳川包囲網を完成させ天下分け目の大勝負まで持って行った者の、矜持というか真骨頂といったところだと思うのです。

とにかく、最後まであきらめない、という態度は何にでも通じる大変重要な徳目です。

周囲の環境がどんなものであろうとも、たとえ絶望的なものであろうとも、自らが、「まだ」戦える、「また」戦える、最後まであきらめない、まだ自分は終わっておらぬ!と思うことができれば、挑戦はまだまだ続けることができるのです。

絶頂の頃にあった石田三成と、処刑される直前の石田三成と、その差は特にありません。

全力でやり切って、そしてそれがうまくいかなかった、ということは、一つにはうまくいった者の功績をより際立たせるものですが、それ以上に、それ自体があきらめないで挑戦するということの残酷さと素晴らしさをより一層輝かせる、とても大切にすべき経験なのだと思います。

だから成功したしないにかかわらず、そんな挑戦する志を持った者に出会いたいものです。

柿は好きなのでいつでも食べたい筆者からは以上です。

(平成30年10月1日 月曜日)