このブログを検索

2018年11月27日

朝は早起きして掃除をするとかそういう当たり前の習慣が強い組織や企業を作る早道であろうという話です








おはようございます。

2018年11月の日本のエコシステムに関する配信考察記事です。

エコシステム(ecosystem)とは、発祥の英語圏ではより明確に(business ecosystem)と言い習わすようですが、本来生態系を指す英語の「ecosystem」に比喩的な意味を持たせて、ビジネス生態系という、主に情報通信(IT)産業における経済的な協調関係や産業構造、ビジネス体系が構成されるさまを表現した言い方です。

本来の生態系においては、動植物の食物連鎖やエネルギー循環といった生態系の循環という意味や、生態系そのもののありようを指す言葉である(ecosystem)に、これだけの意味を持たせたところは人間の想像力のなせる業でしょうが、新しい産業体系自体を構成しつつある分野での、企業間の縦のピラミッド構造ではない横の、網目状の連携関係全般を指す用語として便利に使われつつあります。

さて、そんな日本のエコシステム(ここからは片仮名のみで表記します)ですが、日本の西の都市の福岡市におけるエコシステムはなかなかのものに育ってきているような感覚をもっています。

特に、ITベンチャー界隈におけるエコシステムの急速な成長は、全国的にも特筆すべきものらしいのですが、そのことの証左として象徴的なことがありましたので今回はそれを紹介しておきたいと思います。

筆者の会社では、もともと商業施設(カラオケボックスの集積)だったところを、シェアオフィスやドミトリー型ホテルとしてリノベーションして再運用するという新しいビジネスに取り組んでいるのですが、そのシェアオフィスとして展開しているThe Companyという屋号のシェアオフィス第一号店においてのある朝の風景です。

この福岡のある地域に展開するシェアオフィスでは、毎朝、シェアオフィスの会員であるITベンチャーの人たちが朝来てまずやることとして、自主的にシェアオフィス全体の掃除をして、さっくり業務開始をするのです。

シェアオフィスですから、その管理人である我々のスタッフが、その仕事はやるものです。

しかしながら、彼ら会員企業(入居当時は社長副社長の二人だけだったのが、すでに20人程度に急成長)は、自らが共用スペースであるところも十分に利用するためといって、自主的に机や床を掃除してくれるのです。

要するに、1番業績伸ばしていて、従業員を増やしている当該シェアオフィスのITベンチャー企業が1番朝早く来て率先して掃除している風景が見られます、ということなのです。

ここに、当たり前すぎる真実があるのだと思います。

伸びる企業は社員教育がしっかりしていて、朝の業務始動が早く、掃除や挨拶といった当然のルーティンが、まるで歯を磨くように淡々となされている、ということなのです。

これは、企業に限らず研究機関である大学の研究室などでも指導教官がよく伝えていることらしく、朝からきちんと来いといって、それをきっちり実践する学生とそうでない学生に伸びの有意な差が見られるということです。

そう思いますに、筆者が大学時代に所属していたボート部(端艇部、漕艇部)といった組織や、高校時代に所属していた山岳部(こちらも早朝起きて天気が安定している時間帯にアタックする)といった組織における実践教育活動は、今振り返っても、学習そのものよりも「やり方」を学べる最強の活動であったのではないかと思うわけです。

朝起きるだけですから。
辛いことはただ一つ、起きるのが辛いということだけです(筆者)。

早起きして掃除する、ということで有名なのは、かの「カレーハウスCoCo壱番屋」を創業し、日本中にそのカレーチェーンを広めた、株式会社壱番屋(愛知県一宮市)の創業者で現在は特別顧問である宗次徳二さん(70)が有名です。

2007年から「宗次ホール」の代表になりました。
以来、毎朝6時半から8時までの1時間半、名古屋は栄の目抜き通り道路413mを掃除します。
起きるのは午前4時。
掃除までの間に原稿を書いたり、手紙を読んだり……。
掃除は1年365日やっています。
雨の日も台風の日も私はやる。
空き缶やごみを拾い、季節の花を植える。
「今日やろうかな、どうしようかな、う~む」と悩むロスを省きたいですから。

最先端を走るIT業界の若い最先端ビジネス技術者が、これまた早起きして会社来て挨拶して掃除をしてからいそいそと業務に入っていくという姿を見るに、どうも人間の教育方法というものについては不変のものがあるのではないかと思ったものです。

カレーは、食べる人のお腹を満たして心を揺らします。

ITは、人の生活を便利にして、難しいことを易しく解きほぐしてやりやすくします。

このような理念に裏打ちされた伸びる成長企業を会員に持てて大変幸せです。

たまには真面目な話も致します、掃除も家事もまだまだ下手で伸びしろいっぱいの筆者からの配信記事は以上です。

(2018年11月27日 火曜日)