このブログを検索

2019年2月22日

(2019/02/22)2019年2月現在での福岡市におけるシェアリングエコノミーの浸透について概略を述べておきます





おはようございます。

ブログ「ビルメン王に俺はなる!」を主催広告運営する管理人兼筆者です。

草の根経済活動に余念のない、2019年2月の筆者のシェアリングエコノミーについての現在地に関する配信記事です。

筆者は、最近自分の自転車に乗る機会がめっきり減りました。

フリーマーケットアプリで上場を果たした、日本発のユニコーン(時価総額1,000億円)企業のメルカリは、そのグループ会社で、ポート間で乗り継ぎ可能な、自転車シェアシステム「メルチャリ」を2019年2月時点で日本で唯一、福岡市で展開しているのですが、このメルチャリという真っ赤な自転車を近くのポートから乗って、行き先近辺のポートに停める、という自転車ライドのやり方に、すっかり慣れてしまったからです。

すなわち、「駐輪」という概念が自転車利用者である筆者から消えつつある、ということになります。

こうなると、近い将来自動車の完全自動運転が実現されたならば、空の自動車が道路をぐるぐる回っているうちに次の利用者が現れる、すなわち自動車を「駐車」するスペースが現在よりはるかに減るのではないか、と思うわけです。

自分の自転車に乗り、自宅から出発したとしますと、当然、どこかに「駐輪」して管理を続けなければなりません。

それが、自己所有というものですが、所有する喜びより管理する手間や負担の方が重くなってきている、という感じなのです。

そして、福岡市にもやってきた、食事配達、いわゆる出前サービスシェアのウーバーイーツです。

ウーバーイーツ社から支給された緑色や黒色の食事を格納する真四角の背負い型の「箱」で食事を、なんと自分のバイクや自転車ではなく、「メルチャリ」で運んでいる人を見ることが増えてきました。

もはや、自分の「スマホ」さえあれば、本当に、体一つで、バイト感覚で「稼ぐ」ことができる時代になったというわけです。

ウーバーイーツのように、誰でもできるように見えて、意外と地元の道や店を知っていなければできない仕事、というものがサービスとして有償で提供されるようになることは、少子高齢化が進み人件費というものがこれまで以上にクローズアップされていく世の中にあっては、正しい流れであろうと思います。

このまま、新聞配達員や牛乳配達、生協の生鮮食品や米の配送といった分野も、このウーバーイーツ的なアプリによるシェアリングサービスエコノミーがどんどん進出してくるでしょう。

例えていうならば、漫画サザエさん、の御用聞きの酒屋の三河屋さんが、酒やビールはもとより、郵便物からアマゾンの小包から牛乳、チャーハンやラーメンまでオールマイティで「宅配」するような世の中になるかもしれないのです。

宅配ですから、自分が全く初見の人が訪ねてくるのを、人は無意識に警戒します。

これは、人類が生まれてコミュニティを形成してきた二十万年という長い期間で醸成されてきた、正しい危機察知能力です。

しかし、いつものなじみの人が届けてくれるようになれば、その危険負担は、コミュニティにおける「よく知っている人」という信頼ポイントによって相殺され、いつしか信頼の方が危険負担を上回るところで、おそらく爆発的に広がるのではないかと思うわけです。

ちょうど、「お金」「通貨」というものが、その「してもらうことの価値」としての信頼を勝ち得た瞬間、世界中の人間社会に爆発的に広がったように。

おそらく、筆者がウーバーイーツ経由で注文した、いつもの定食屋で食べるうまい唐揚げ定食を、メルチャリに乗って届けてくれる人が現れるでしょう。

唐揚げ、一緒に食べませんか?

朝からご飯のことばかり考えております筆者からは以上です。

(2019年2月22日 金曜日)

▷▷次の記事は

シェアリングエコノミーの先駆者と言える自転車シェアが具体化してきたという話です